« ブログ始めました | トップページ | 春の味 蕗のシーチキン煮 »

春の味 筍のちらし寿司

Dscn0620a

春の味といえば真っ先に竹の子。 毎年4月になると店先に並ぶのを今か今かと楽しみにしています。 生竹の子は、ぬかを入れて茹でるのって結構めんどうですよね。一晩茹でた汁で寝かせて、使えるのは翌日。 だけど、これは買ってきたその日に、ご飯を炊いている間に、出来てしまうとても嬉しいレシピです。 薄切りにした生の竹の子を油で炒める事でえぐみが消えます。 生竹の子の時期は短いので これでもか というほど食卓にのぼります。

材料(米4合分)                   Dscn0630a_4

  • 米    4

  • 生竹の子 正味400g

  • 油揚げ   2枚

  • 卵      2個

  • 寿司飯用合わせ酢

  • だし汁    120ml

  • 醤油

  • 砂糖

  • みりん

作り方

  1. 米を洗ったら、少々の酒と昆布を入れて、固めに炊く。
  2. フライパンで、塩少々を入れた卵を溶き、薄焼き卵を作る。
  3. そのフライパンで、サラダ油大匙3杯強を入れ、竹の子を油がまんべんなく行き渡るように炒め、だし汁120mlと醤油・みりん・酒・砂糖・塩・酢(小匙1/2)で甘辛く煮る。 煮汁が少なくなったら、湯どうしして、細かく切った油揚げを加え、汁がなくなるまで煮る。
  4. 炊き上がったご飯を酢飯にして、煮た竹の子を加え、混ぜ、金糸卵をのせる。
  5. お好みで、新生姜の漬物を薄切りにして添える。 

* ちらし寿司は、各家庭で好みの甘さがあるので、分量は記載しませんでした。

|

« ブログ始めました | トップページ | 春の味 蕗のシーチキン煮 »

ご飯」カテゴリの記事

春の味」カテゴリの記事

コメント

んで、すっごく綺麗に撮れてる写真にいきなりヨダレです。笑)日本の味だ~~

投稿: shin | 2007年4月20日 (金) 10時54分

shin様
キャー、びっくりです。今入れたばかりで、それもレイアウトが思っていたのと違っていろいろやり直している最中でした。
コメント非常に有難く、また、嬉しいです。
この年齢になるまで写真を撮ったことがほとんどなかったので、お恥ずかしい写真です。アドバイスお願いします。
香港の味もアップする予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: totto | 2007年4月20日 (金) 11時17分

はじめまして!
突然の書き込み、失礼いたします。
駆け出しですが
フードコーディネータしてます、ゆかり
といいます。
竹の子寿司、素敵ですね。
いつも、炊いたり下処理がめんどうだな〜と思い、
なかなか生竹の子に手がでないのですが、
これなら簡単にできそうです!

また、お邪魔させていただきますshine

投稿: ゆかり | 2009年3月31日 (火) 22時28分

ゆかり様

あらあら、随分前まで来ていただきまして有り難うございます。 失礼致しました。はじめましてが先でしたね。

ブログ見せていただきました。 何でも出来ちゃうスーパーウーマンさんですね。 なんだか、私などの拙いブログにお越し頂いて申し訳ない気が致しますが、何かのご縁と思ってこれからお付き合いの程どうぞ宜しくお願い致します。

竹の子を剥いて、薄くスライスというのが結構面倒なのですが、それでも買って来てすぐ使えるのが楽ちんですよ。

投稿: totto | 2009年4月 1日 (水) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/6105589

この記事へのトラックバック一覧です: 春の味 筍のちらし寿司:

« ブログ始めました | トップページ | 春の味 蕗のシーチキン煮 »