« こしあぶら と みょうが の てんぷら | トップページ | ピータン豆腐 »

うなぎの山椒醤油だれ

もうひとつ、待ちに待っていたものがあります。   それは  これ。

Dscn1080a 山椒の実です。

去年の話です。 お仕事先の先輩、ピオーネ様から、生の山椒の実を使って、 「おいしい うなぎのタレを作り、付け焼きにする」 という話を伺ってから、ずっと作ってみたいと思い、これが出るのを待っていたのです。

  

本当に、私ったら食い地が張っていて、お恥ずかしい限りですが、誰かから、おいしいと聞くと、試さずにはいられないんです。

そして、今日、スーパーで、なんと山椒の実ちゃんが私を呼んでいるではありませんか!

ええー、今日はちょっと忙しいんだけど・・・・、「まあ いっか 」 と そそくさと帰宅し、ピオーネ様に確認の電話。

彼女は、ご親切に、電話を切った後、すぐ、遠方のお義母様にわざわざ 分量の確認をして、私にまた、伝えてくださいました。  (嫁に伝わる伝統の味なのでしょう。 素敵ですね。)本当にいつもお世話をおかけいたします。

   

Dscn1085a

   

そして、出来上がったのが、これです。  うーん、写真の撮り方が上手くなくて、おいしそうに見えないですね。

でも、 甘味をおさえて、山椒の香りとちょっとピリッとした味でとても美味しいです。

今まで食べていたのが、「こってりうなぎ」 とすると、こちらは「さっぱりうなぎ」 私、いっぺんで大好きになりました。  

山椒の実は冷凍できるそうなので、 うなぎの白焼き さえ、手に入れればまた、出来そうです。

新しい味に出会えて幸せ。  ピオーネ様 有難うございました。 彼女の許可をとって、ブログに掲載させていただきました。(ピオーネ様、写真上手く撮れなくて、美味しさが伝わらないかも・・・。 ごめんなさい)

   

材料

  • うなぎの白焼き(もちろん生でも) ・・・ 4人分

  • 生の山椒の実 ・・・ 山盛り大匙1
  • 醤油 ・・・ 大匙3
  • みりん ・・・ 大匙2弱

    

作り方

  1. すり鉢に、山椒の実を入れ、すりつぶして、香りを出す。醤油・みりんを加え、混ぜる。
  2. うなぎの白焼きに、刷毛で塗って、魚焼き器であぶる。 また塗って、あぶる・・を3~4回繰り返す。(生だったら、上下を返して) 焦げないように気をつけてください。

   

* 余った、タレはうなぎのご飯にかけてください。

|

« こしあぶら と みょうが の てんぷら | トップページ | ピータン豆腐 »

お惣菜」カテゴリの記事

コメント

うなぎ。普通に食べてましたね。なんせ実家が浜松なもんで・・・・白焼を岩塩で食べたり、酒蒸しにしたり、、さばいた時点でいっぺん蒸して、柔らかくしてから蒲焼にするんですけど、その蒸した時点でもう充分って感じです。

投稿: shin | 2007年5月24日 (木) 16時34分

美味しいうなぎは素材の味そのものが出るように、岩塩をほんの少しとかでいいのでしょうね。
私は うなぎ=泥臭い とつい最近まで思っていて、あまり好きなものではなかったのです。 それが、とある和食屋さんで、皮の薄い身の締まったうなぎを食べて以来、食べられるようになったという、うなぎに関しては新参者です。 美味しいうなぎをご存知のshin様はうらやましいです。

投稿: totto | 2007年5月25日 (金) 00時02分

う~ん、美味しそう。
思い出しますねー。あの山椒の実のぴりっとした感覚。私の家族は、毎年、岡山へ帰省したとき、父が獲った天然うなぎを、母が山椒のたれで焼いてくれたのをいただきます。あの香りは、私たち家族にとって、とっても大切な夏の思い出です。totto様が気に入ってくれて嬉しいです。我が家の子供たちは、お店のこってりしたうなぎより、こちらの方が好きかなぁ。
レシピを載せてくださってありがとう。母の家庭料理が、立派なお料理になったように思います。

投稿: ピオーネ | 2007年5月31日 (木) 18時17分

ピオーネ様
せっかく美味しいもの教えてくださったのに、美味しそうに撮れなくてごめんなさいね。
ものすごく美味しいと思います。 私も、普通の蒲焼よりこちらの方が好きです。
レシピがひとつ増えて嬉しいです。
ありがとうございました。

投稿: totto | 2007年5月31日 (木) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/6505260

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎの山椒醤油だれ:

« こしあぶら と みょうが の てんぷら | トップページ | ピータン豆腐 »