« 梅ゼリー | トップページ | お好み焼き・チヂミ風 »

楊枝甘露(よんじーがむろ)

Dscn1339a

   

楊枝甘露(よんじーがむろ): マンゴー・タピオカ・ココナッツミルク・グレープフルーツが入っている、香港ではポピュラーなデザートです。

   

香港のデザートのなかで一番好きなものは、数あるデザート屋さんの「楊枝甘露」のうち、「満記甜品」というお店の「楊枝甘露」です。

日本では、マンゴープリンならたくさんの種類がどこででも手に入りますが、この楊枝甘露は横浜の中華街でも見かけることが出来ませんでした。

なんとか日常食べたいと思い、いろいろ試行錯誤しながら作っています。 もう細かい味は思い出せませんし、マンゴーを使ったデザートは季節ものなので、去年出ていたのに、今年は見つからないという材料もあるので、子供たちと ああだこうだ 言いながら 毎回、こんなもんでしょうと食べています。

   

「満記甜品」のは、果凍という ゼリー のようなものがタピオカと同じ形状で入っています。 それが、またプチプチしていておいしいのですが、まだ探し当てていません。いつもは、その代わりに、ナタデココを使っています。

Dscn1319a_1 ところが、

知り合いの香港の方が つい最近 缶詰のお店 を開店しました。

行ってみると台湾製の 「愛玉果凍」 というものを発見。  「 愛玉子:おうぎょうち」かなと思って購入。

開けてみると、缶のままの形の こりこり した ゼリーとも寒天ともつかぬ味。 これは楊子甘露に入れるといいかもと、試してみることに。

      

材料Dscn1328a (8人分くらい:あくまで目安です)

  • ココナッツミルク ・・・ 1缶
  • マンゴージュース ・・・ 200ml
  • マンゴーヨーグルト ・・・ 1個
  • マンゴー(冷凍) ・・・ 150g
  • タピオカ(小) ・・・ 30g
  • グレープフルーツ(白) ・・・ 1個
  • 王愛果凍(またはナタデココ:1袋) ・・・ 1/2 

作り方

  1. Dscn1334a_1 タピオカをたっぷりのお湯で約15分茹でる。
  2. 冷凍マンゴーは3cm×1cmくらいの大きさに切って再び冷凍庫へ。(食べるときに半解凍くらいがいい)
  3. グレープフルーツは皮を剥いて、小さくほぐしておく。
  4. 愛玉果凍はグレープフルーツくらいの大きさに切る。
  5. ボールにすべての材料を入れ、混ぜる。 好みの味に調節する。

* もちろん、生のマンゴー・ジュースの代わりに、マンゴーピュレにするなど、手に入る材料でいろいろお試しください。

   

今日は、めったにないことなんですが、お夕飯の準備でこのデザートも一緒に作っているところに、息子と娘も居合わせました。 そうすると呼ばなくても お味見 をしに来ます。  スプーンを何本も使うのはいやなので、「あーん とお口開けて、入れてあげるから」 というと、ほとんど私と同じくらいの背丈の娘とずっと大きい息子が 二人して 大きなお口を あーん と開けているではないですか! 思わずその光景を見て、笑ってしまいました。

   

缶詰のお店:コンパクトでかわいいお店です。さすが香港の方なので、アジアの缶詰で面白いものがたくさんあります。 お近くの方 ぜひ いらしてください。

http://cannedshop.web.fc2.com/

|

« 梅ゼリー | トップページ | お好み焼き・チヂミ風 »

冷たいデザート」カテゴリの記事

缶詰を使った料理」カテゴリの記事

香港の味」カテゴリの記事

コメント

むふ。
楊子甘露は、HongHumの”芝麻緑豆”に限ります。笑)

投稿: shin | 2007年6月14日 (木) 18時03分

それは聞き捨てなりません。
なんと、満記より美味しいところがあるのですか!?

また 宿題お願いしたいんですが・・・・。
「芝麻緑豆」にいらっしゃる事があったら、楊子甘露の写真ぜひアップしてください。
お代をお支払いできませんので、 shin様が頼んでくださらなくても、どなたかが召し上がっているのを、「ごめんなさい」して下さっても・・・・とうい訳にはいきませんよね。 \(_ _ )

投稿: totto | 2007年6月14日 (木) 21時35分

ってワケで行って来ましたよ。


shin、実は”満記”のは食べた事ないんですよ。

今から行ってみよかしら?

投稿: shin | 2007年6月18日 (月) 12時33分


はい、是非に。 チムに2箇所あります。

満記のは 色から察すると、ココナッツミルクの味がもう少し強いかもしれません。

そういえば、最近 香港ナビ さん で 楊子甘露の食べ比べの特集をしていて、満記が一番になっていました。 万人向けするのかしら???? 残念ながら、shin様おすすめの「芝麻緑豆」は場所柄か載っていませんでした。

早速、宿題して下さったのですね。なんとお礼申し上げていいやら。 

投稿: totto | 2007年6月18日 (月) 17時38分

自宅から歩いて10分という好条件でしたので・・・・・・・笑)

ポメロが無ければざぼんを使用するのも一手でございます。

投稿: shin | 2007年6月18日 (月) 18時12分

ざぼん ・・・・ も あまり見かけないんですよね。  多分時期がすごく短いのではないかと・・。

なるべく注意して、見たらすぐゲットしてみます。

かさねがさね、有難うございます。

投稿: totto | 2007年6月18日 (月) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/6231622

この記事へのトラックバック一覧です: 楊枝甘露(よんじーがむろ):

» よんじーがむろ。 [HongKongCafe]
ここにもよく遊びに来てくれる、tottoさんのBlog:魔法の台所で楊子甘露の作り方を紹介されていたんですけど、ここでまたshinが偉そうに、”楊子甘露は芝麻緑豆だなぁ〜”なんて事を書いたもんだから、、、、 ”じゃぁ、食べてレポートして下さい!”と・・・・・ てなワケで、、行ってきました。 芝麻緑豆。の楊子甘露。 運ばれてきた瞬間にふわっと香る南国果物系特有の甘い香り、はじけるようなプチプチした食感のポメロは柑橘系でさっぱりしていて、歯ごたえも楽しくて美味。ゴロっとカットされ... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 12時29分

« 梅ゼリー | トップページ | お好み焼き・チヂミ風 »