« もやしと油揚げの炒め物 | トップページ | <旬魚> いかめし »

〈旬果物〉 桃のシャーベット

 Dscn1772a   

今年もやって来ました、桃の時期が。

   

桃といえば、我が家では  「ももシャー」 です。

 「そのまま食べる?」  「ももシャーにする?」

「ももシャー」    全員一致。

   

結婚してから、甘い物を食べるようになった夫ですが、自分から、「桃の時期だね。ももシャーはまだかな!?」 とリクエストするほど 「ももシャー」 が 大好き。 でも、残念な事に桃の時期はすごく短くて、次回の帰国予定日には作ってあげられないでしょうね。

パパ、ごめんなさいね。  みんなでパパの分までいただきま~す。

  :*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

   

中国では、漢文に 「桃李不言下自成蹊」(桃李もの言わざれども下おのづから蹊を成す) というものがあるそうなので、てっきり桃は よく食べられているのか と思いきや(、場所によるのでしょうが) そうでもなさそうですね。

   

これを作るために、まずしなくちゃいけないのが、冷凍庫の整理。

なんとか、アイスクリーマー(桃シャーのために購入したようなものです)のスペースを確保するために、入っている食品を減らさなければなりません。  結構たまっているのです。 トホホ。

 

・・・・・で、こちらの 「ももシャー」 ですが、いつもはお手ごろ価格が大好きな私ですが、果物屋さんで よく熟した、傷のない、おいし~い 桃を 2個 だけ、手に入れます。  だいたい果物屋さんのお兄さんは 「シャーベットにする」 と言うと、 「もったいな~い!」 と必ず言います。  でも、ほんとに美味しいんです。  もちろん、はずれの あまり 食べて美味しくない桃を、シャーベットにしても、ずっと美味しくなるのは保障しますが・・・・・・・・・・。

   

キャー、冷凍庫整理しようと思っていた矢先に、たくさんの美味しい桃を頂いてしまいました。

今回は、冷凍庫の整理どころじゃないです。 早く作らないと、食べごろを逸してしまいます。美味しいうちに、アイスクリーマーで作るのは諦めて、手動で頑張ることにしました。

   

材料Dscn1787a

  • 完熟の桃 ・・・ 中2個
  • 砂糖 ・・・ 100~120g
  • 水 ・・・ 160ml
  • レモン汁 ・・・ 1.5個分
  • ラム酒 ・・・ 大匙1
  • 卵白 ・・・ 1個分

作り方

  1. 鍋に、砂糖と水を入れ、火にかけ、煮立たせ、シロップを作る。火からおろして冷やしておく。
  2. 桃は皮を湯むきし、フードプロセッサーにレモン汁とともに入れ、ジュースにしてから(桃の甘さを見てください)、裏ごしし、(1)のシロップと混ぜる。 
  3. 蓋付きのステンレスもしくは樹脂製の入れ物に入れ、冷凍庫へ。 やや固まってきたら、泡だて器でよく混ぜる。 それを何回か繰り返す。
  4. ボールに卵白を入れ、角がピンと立つまで固くあわ立てる。
  5. (3)に混ぜ込む。 シャリシャリときめが粗いようなら、まだやわらかいうちにフードプロセッサーに2回に分けてかけると、よりきめ細かなシャーベットになる。(我が家のような、氷に対応していない ただのスピードカッターでも、やわらかければ大丈夫です)溶けないうちに、すぐに元の容器に入れ、冷凍庫へ。
  6. お好みの固さになったら召し上がれ。 

  *  一晩たたない、スプーンで 「かるくすくえる位の固さ」 が美味

        しいと思います。

  * 私のレシピノートには「ソルベ・ オー・ペーシュ」と書いてあり、

        それを見た娘は「うちのデザートじゃないみたいな名前だね」と

        高級そうな名前を見て、ちょっと喜んでいました。やっぱり、我

    が家には 「ももシャー」 が似合っているのかも・・。

   

すごくきれいな、ピンク色。  し・あ・わ・せ・色。 みんなのお顔が ほころぶ ほころぶ。

(今回は、着色料は使っていないのに、こんなきれいなピンク色になりました。 桃によってはほんのりピンクになるかも。 それもまたきれいな色です。)

      

*  下の方の写真、気に入らないので、変更しました。2007.7.14

レシピブログ『わたしの旬レシピ・7月』
http://www.recipe-blog.jp/special/2007/07/20077.html

|

« もやしと油揚げの炒め物 | トップページ | <旬魚> いかめし »

冷たいデザート」カテゴリの記事

夏の味」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ。”ももシャー”
戦隊ヒーローの名前みたい・・・・

中国でも香港でも桃は食べますけど、あんまり美味しくないですね、なんだか食感がプラムみたいで歯ごたえのある桃が多いんです、、、、

日本の果物ってやっぱり美味しいですよねぇ~。

いいなぁ、うらやましいです。

投稿: shin | 2007年7月12日 (木) 10時30分

shin様

は、は、は、くだもの戦隊ですか・・・。

やっぱり今の時期だけの、生桃から作るシャーベットは特別美味しく感じます。なんちゃって、食べられないのに、ごめんなさい。

中国の桃 やっぱりそうなんですかぁ~。

お尻のところが赤くてとんがっている桃のイメージがすごく強くて。もっと北に行くと美味しいのでしょうかしら?
私、そのまま食べるなら 歯ごたえのある(笑)桃も好きですよ。

いいなぁ。香港。日本では美味しいマンゴーやライチ食べられません。

投稿: totto | 2007年7月12日 (木) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/7042723

この記事へのトラックバック一覧です: 〈旬果物〉 桃のシャーベット:

« もやしと油揚げの炒め物 | トップページ | <旬魚> いかめし »