« 肉味噌のレタス包み | トップページ | ナスの冷し鉢 »

かぼちゃの焼かないプリン

Dscn1718a

   

こちらは、かぼちゃのプリンです。 プリンと言っても焼かずに作ります。 でもちょっと生クリームが多すぎましたね。

こちらを作る前には、オーブンで焼くかぼちゃプリンを作っていました。 もっとなめらかなかぼちゃプリンが食べたいなあと思って ゼラチン を入れて作ってみたら、以外に簡単で、こちらの方が私好みの味なので作る回数も多いです。 

こればかり作っていると、娘から「たまには かぼちゃの焼く方のプリン も作ってよ」 と言われます。

   

以前、職場に持って行った時、普段あまりおやつを食べないし、乳製品のおやつは苦手という無口な男性職員が、にこにこしながら、「これはすごく美味しいですね。 おうちで出来るんですね」って、初めて 「食べたおやつ」にコメントしてくれたんです。 すごくびっくりして、また、これなら「美味しい」と食べてくれるんだ と うれしくなりました。 

材料はそんなに正確じゃなくて大丈夫です。 かぼちゃの甘さにもよりますので、お砂糖は少なめに入れて、足りなかったら後から足してもいいです。

   

材料Dscn1733a

  • ゼラチン ・・・ 8g~10g
  • 水 ・・・ 40cc
  • かぼちゃ ・・・ 正味200~250g
  • 卵 ・・・ 1個
  • 牛乳 ・・・ 300ml
  • 生クリーム ・・・ 200ml
  • 砂糖 ・・・ 80g~100g
  • バニラエッセンス ・・・ 少々
  • ラム酒 ・・・ 大匙1

  • 砂糖 ・・・ 80g
  • 水 ・・・ 50g

作り方

  1. ゼラチンは冷水にふりいれ、15分以上ふやかす。
  2. かぼちゃは厚さ1.5cmくらいに切り、竹串がすっと通るまで茹で(または、水にくぐらせラップしてレンジでも)フードプロセッサーか裏ごしをする。
  3. (2)をしている間に、厚手の鍋に、牛乳と生クリームを入れ、沸騰直前まであたためる。濡れ布巾を下に当てたボールに卵を割りいれ、砂糖を加え白っぽくなるまで泡だて器で混ぜ、温めた牛乳を徐々に かき混ぜながら 加える。 漉してから、再び火にかけ、絶えずかき混ぜながら、ぷくっと泡が出るまで(沸騰前)火をとおす。
  4. (3)に(2)のかぼちゃを混ぜ、電子レンジで約20秒かけて溶かしたゼラチンを加え、さらに、バニラエッセンス、ラム酒を加える。
  5. ボールの下に氷水をあて、とろみが付くまでゴムベラでゆっくり底の方から混ぜ、好みの型に流し、固める。
  6. 厚手の小鍋に砂糖と小匙1の水(記載外)を入れ火にかけ、砂糖が溶け、狐色になってきたら火を弱め、好みの色になったらすぐ火を止める。(止めるのが遅いと、真っ黒になって、苦くなるので注意) 水を加え(飛び散るので、やけどに注意)再び火にかけ、塊がないようによく溶かす。 火を止め、冷ます。
  7. 固まったプリンに添えてだす。 好みで生クリームを砂糖を加えず、ホイップしてともに添える。

   女神の料理レシピURL:http://www.cooking-megami.com/

|

« 肉味噌のレタス包み | トップページ | ナスの冷し鉢 »

冷たいデザート」カテゴリの記事

コメント

あ~かぼちゃプリン大好きなんす。

以前、タイ料理を食べた時に、カボチャをくりぬいた器にカボチャのプリンが入っていて美味でした。あれはドコのお店だったかなぁ、、、

カボチャのアイスクリームも好き。

投稿: shin | 2007年7月24日 (火) 18時26分

はい、我が家の子供たちも、かぼちゃの煮物は食べないのに、お菓子(タルト、アイスクリーム、焼きプリンなど)にすると大が付くくらい好きです。

下の写真はshin様のような曲芸は出来ないので、娘に持たせて撮りました。

投稿: totto | 2007年7月24日 (火) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/7157991

この記事へのトラックバック一覧です: かぼちゃの焼かないプリン:

« 肉味噌のレタス包み | トップページ | ナスの冷し鉢 »