« 和風ポトフ | トップページ | ババロア キャラメル味 »

鮭のチラシ寿司 梅風味

Dscn1636a

   

「博多うまだし」を使ったレシピの最後です。

「博多うまだし」のお料理アドバイスに、「袋を破って、中身を取り出し、チャーハンなどに使う」 というものがありました。

  

通常、酢飯を作るときには、炊飯器に酒と昆布を入れて、ご飯を炊いていますが、今回は酒だけにして、合わせ酢を作るときに、一緒に「うまだし」を入れて見たらどうかしらと・・・・。

   

材料(4人~5人分)Dscn1620a

  • 米 ・・・ 2.5合
  • 酒 ・・・ 大匙2
  • 鮭 ・・・ 2切れ
  • 博多うまだし ・・・ 1/2パック
  • すし酢 ・・・ 大匙2
  • 練り梅 ・・・ 小匙2
  • ちりめんジャコ ・・・ 大匙2
  • 大葉 ・・・ 4枚
  • スプラウト ・・・ 少々
  • いり胡麻 ・・・ 小匙2

作り方

  1. お米は酒を加え、固めに炊く。
  2. 鮭を焼き、骨と皮を取り除き、ほぐしておく。(パサつくようなら、酒少々をふる)
  3. 大葉は細く切っておく。
  4. 器(小ボールでも)に、うまだし・すし酢・練り梅を入れ、よく混ぜる。
  5. ご飯が炊けたら、すし桶に入れ、団扇であおぎながら、合わせ酢を加え、お米を潰さないように混ぜ、ジャコ・大葉・いり胡麻を加え混ぜる。
  6. お皿に盛りつけ、ほぐした鮭とスプラウトを散らす。

   * 博多うまだしの残りはお吸い物やきゅうりの塩もみに混ぜ

            ます。

   

レシピブログの、“「博多うまだし」レシピ”に参加中♪
■http://www.recipe-blog.jp/special/2007/06/50_1.html

|

« 和風ポトフ | トップページ | ババロア キャラメル味 »

ご飯」カテゴリの記事

コメント

なにがうらやましいってこういうのが、、一番羨ましいんです、、、

いいなぁ。

お腹へってきました・・・・

投稿: shin | 2007年7月 5日 (木) 11時07分

このような、なんでもない物だったら、香港にいても出来そうですよね。
もしかして、おしゃけ 手に入らないとか ですか?

投稿: totto | 2007年7月 5日 (木) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/6961405

この記事へのトラックバック一覧です: 鮭のチラシ寿司 梅風味:

» インターネットビジネスはまだ稼げます! [インターネットビジネス実践会]
あなたも流行の情報起業をしてみませんか?初期投資ゼロ!副業可能!たくさんの主婦、サラリーマン、学生が不労所得を獲得しています。月収10万程度ならほんとうに誰もが簡単に実現可能です。今ならA4サイズ30枚のレポートを無料進呈中!... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 11時19分

» 酢飯は酸性水と相性が良いの???? [水のある生活]
とある「噂」を耳にしました#63731;「酢飯は酸性水で炊くとおいしいよ!!!!!」酸性と酸性だから相性がいいのかな?そんな話を耳にしたら実験したくなるじゃないですか(^^ゞ ということで、早速トライしてみたのです(笑)酸性水は調理に使ってもなんら問題はない#63911;(http://mizu-kenkou.seesaa.net/article/45214520.html)ということだし、還元水とはどう違うのか0(^^)0ワクワク#63890;...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 17時05分

» 子供と遊べるおたる水族館は北海道の小樽市です 小樽は寿司も旨いですよ [北海道札幌から始まり全道の観光地、観光名所、市町村の情報紹介]
子供が必ず喜びます おたる水族館、大人もたまに息抜きはどうですかおたる水族館(おたるすいぞくかん)は、株式会社小樽水族館公社が北海道小樽市祝津3-303で運営する水族館です。豊富な種類の魚介類を展示している本館、イルカ・オタリアのショーが楽しめるイルカスタジアム、アザラシなどが飼育されている海獣公園で構成されています。営業期間は通常3月(以前は4月)から11月まですが、小樽雪あかりの路・さっぽろ雪まつりと連動した冬季営業も行っています。主な飼育生物は、ネズミイルカ、アゴヒゲア...... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 09時34分

« 和風ポトフ | トップページ | ババロア キャラメル味 »