« いくら丼 | トップページ | 生栗から作る栗のクリームでマロンシャンテリー »

生栗から作る栗のクリームで栗のタルト

 Dscn2537c   

先日に続き、栗が続きます。

季節物ですので、もう少しお付き合いください。

先日はほとんどお料理に使い、娘にはマロンシャンテリーじゃないとがっかりされたので、栗のクリームを作り、モンブラン風のタルトにしてみました。  いろいろな工程がありますが、ながら(お夕飯をつくりながら とか お洗濯をしながら・・・・など)なのであまり大変ではありません。  これを、さあ 作ろうと 一気にすると うーんと疲れてしまいますが。(タルトが面倒な方は次回の マロンシャンテリー をご覧ください。 栗のクリームを作れば後は簡単です)

 

私は、お菓子を作るのはとても好きなのですが、デコレーションをするのが、とても苦手です。 絞り出し袋を使わなくてすむ、焼きっぱなしのお菓子や、 どーんと大きく作ってしまえるものがいいのです。

また、ジャムやフルーツがたくさん飾ってあるのも、好まないので、今回も本来なら、栗の甘露煮や渋皮煮、マロングラッセ等を飾り、小ぶりにかわいく作るのでしょうが、家族みんな無くてもいい派なので、見た目より、好み重視にし、例によって どーんと 大きく作りました。

 

こちらのタルト生地、フードプロセッサーで作りますが、サクサクでとても気に入っています。焼くまで最低2時間、ベストは一晩寝かせた方がいいので、すぐ作ろう が出来ないのが、難点です。

それなので、タルト生地は 1回に 2枚分作り、1枚は冷凍し、次の出番に待っててもらうことにしています。

 

子どもたちの反応は

見かけより ずっと美味しかったようで、一気に半分無くなってしまいました。

 

材料Dscn2538c (21cm タルト型)

タルト生地(2枚分)

  • 薄力粉 ・・・ 200g
  • バター ・・・ 100g
  • 粉砂糖 ・・・ 80g
  • 卵黄 ・・・ 1個分

アーモンドクリーム生地

  • アーモンドプードル ・・・ 60g
  • 薄力粉 ・・・ 20g
  • バター ・・・ 80g
  • 砂糖 ・・・ 80g
  • 卵 ・・・ 80g  *半端な量です

栗のクリーム 

  • 茹でて皮を剥いた栗 ・・・ 300g
  • 牛乳 ・・・ 300ml
  • バター ・・・ 45g
  • きび砂糖(無ければ砂糖) ・・・ 50g
  • バニラエッセンス・ラム酒・栗のエッセンス(あれば) ・・・ 各少々

生クリーム ・・・ 200ml

トッピング用チョコレート ・・・ 適宜(なくても)

作り方

* タルト生地を作る。

  1. バターをやわらかくして、フードプロセッサーに入れ、粉砂糖を入れ 回し、卵黄を加え さらに 回し、まったりとしてきたら、薄力粉を加え、だいたいまとまったら 取り出し、ジップロックの大に入れて、その大きさにのばして しっかり口を閉じ冷蔵庫で出来れば1晩おく。

* 栗のクリームを作る

  1. お鍋に栗と牛乳を入れ、沸騰しそうになったら弱火にし、適当に潰し、水分をしっかり吸収するまで煮込む。(焦がさないように、また水分が多いとやわらかくなりすぎるので注意)
  2. フードプロセッサーに バター・きび砂糖を入れ、煮た栗を入れ、なめらかになるまでかける。
  3. バニラエッセンス・ラム酒・栗のエッセンスを加え、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。  
  4. 充分冷えたら、絞り出し袋にモンブラン用口金を付け、クリームを入れる。 細めのコップかなにかに立てて、冷蔵庫でスタンバイ。

* 生地を型に敷く

  1. タルト型にバターを塗る。  オーブンを170℃に設定。
  2. 前日に作ったタルト生地の半分を型の大きさにのばし、敷く。
  3. 縁からはみ出た部分はナイフで切り落とし、底に敷くか、次回に回す。

* アーモンドクリームを作る

  1. バターをやわらかくして、フードプロセッサーに入れ クリーム状にして、砂糖を加え回し さらに卵を2回に分けて入れ回す。
  2. そこに 薄力粉・アーモンドパウダーを入れ、均一になるまで回す。

* 焼く

  1. 生地にアーモンドクリームを流し、170℃ 45分 焼く。途中焦げそうならホイルをかぶせる。 
  2. 焼けたら取り出し、冷めたら冷蔵庫で冷やす。

* デコレーション

  1. 生クリームを泡立てる。(お好みでお砂糖を加えてもよい)
  2. チョコレートを削る。(皮むき器で)
  3. 冷えたタルトに生クリームを塗り、栗のクリームを絞り出し(マロンシャンテリーもお作りになるのなら、全部使わないで1/4くらい取っておいてください)、お好みで 上から削ったチョコレートなどを飾る。

 

* 今回の反省

   型にバターを塗り忘れて、生地がくっついた事。

   マロンクリームが少しゆるかった事。

* アーモンドクリームで使った卵の量は半端で、残った全卵は 次回 マロンシャンテリーで使います。

|

« いくら丼 | トップページ | 生栗から作る栗のクリームでマロンシャンテリー »

お菓子」カテゴリの記事

秋の味」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ~タルト。好きなんですよ、あのサクサク感。神戸のねMotherMoonCafeってとこのレアチーズケーキとか、同じく神戸のダニエルって言うとこの季節のフルーツのタルトだとか、、

やっぱり決め手はタルト生地、いかにサクサクでありながら、微妙にしっとりさせるか?これでタルトって決まってきますよね~。

見た目よりも量!!
大賛成です。笑)

投稿: shin | 2007年9月24日 (月) 15時34分

 〉いかにサクサクでありながら、微妙にしっとりさ  せるか?

shin様 分かっていらっしゃる。  そうなんですよね。 「このチーズのフィリング」にはちょっとしっとりめがいいとか・・・。


 〉見た目よりも量!!
 〉大賛成です。笑)

悩みはこれなんですよ! 年とともにみーんなお肉になっちゃう。 かといって、子どもに多く食べられるのも悔しいし(笑)

投稿: totto | 2007年9月24日 (月) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/7996884

この記事へのトラックバック一覧です: 生栗から作る栗のクリームで栗のタルト:

» フードプロセッサーとは、ついて [フードプロセッサーは調理器具の必須アイテム]
フードプロセッサーとは、ついている刃をモーターで回転させることで食材を切り刻む調理器具です。中に入れた食材を、粗いみじん切りからペースト状にまで細かくすることができるもので、デパートの実演コーナーやTVの通販番組などでもみなさん目にしたことがあると思いますが、大変便利な調理器具として主婦層に大人気のアイテムです。毎日の献立はもちろん、パンつくりやケーキ作り、ジュースや赤ちゃんの離乳食などにも幅広く使われています。"機能性が高さや安全性、使いやすさなど、消費者のニーズにこたえて...... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 22時35分

» 甘酸っぱい紅玉のタルト~特産品プレゼント [特産品プレゼント@情報バンク]
 こんにちは特産品プレゼント@情報バンクのよせこです。本日は甘酸っぱい紅玉のタルトをご紹介します!ケーキを切る時はナイフを熱してから切るとスパッと切れるそうです!勉強なります~!季節限定!地元信州 佐久穂町産甘酸っぱい紅玉のタルト プレゼン...... [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 14時45分

« いくら丼 | トップページ | 生栗から作る栗のクリームでマロンシャンテリー »