« ツナパイ | トップページ | ホタテのサラダ »

えびすり身のパン揚げ(蝦仁多士)

Dscn2478c

   

こちらは、 「えびすり身のパン揚げ」 です。

   

私が、小学生の低学年の時に、母が1度だけ 作ってくれたものです。 美味しかったので、作ってと何度も頼んだのですが、面倒だったのでしょうね。  それ以来口にする事はなかったです。

最近、何かで、香港でも「えびすり身のパン揚げ」を出す所が少なくなった という記事を読んで、 思い出し、何十年も前の母が使ったお料理本を出してきて、「この分量は少し減らそう」 などと考えて、作ってみました。

   

切った断面を撮ればよかったのですが、揚げているうちから無くなっていき、危険を感じたので、あえなく断念。

   

お客様がいらした時など、お酒のおつまみにいいと思います。 子どものサンドイッチパーティーにも。

   

材料(サンドイッチ用パン4~5枚分)

  • えび ・・・ 100g(殻を取って)
  • 白身魚 ・・・ 80g
  • 豚の背脂 ・・・ 50g
  • 長ネギの白い部分 ・・・ 10cm

  • 生姜汁 ・・・ 1片分
  • 酒 ・・・ 小匙2
  • 塩 ・・・ 小匙2/3
  • 砂糖 ・・・ 小匙1
  • 胡椒 ・・・ 少々
  • 卵白 ・・・ 大匙1
  • 片栗粉 ・・・ 小匙2弱

  • サンドイッチ用食パン ・・・ 4枚~5枚

作り方

  1. えびは殻をむき、背ワタをとったら、ボールに入れて、水(5g)と片栗粉(10g)を入れ、揉んで汚れを落とし、水洗いする。 (これは、HongKongCafeのshin様が教えてくださいました) このひと手間で全然違うことが判明。 水気をよく切る。
  2. フードプロセッサーに えびとパン以外の材料を入れ、細かくなるまでかけてから、えびを入れ、好みの大きさ(少し粒が残るくらいが好きですが)にする。
  3. パンを好みの形に切り、えびのすり身を塗る。
  4. 油でカリッとなるまで、中火で、徐々に温度を上げて、揚げる。 (油の温度が低いと油っぽくなり、高すぎると火が通らないうちに焦げてしまう)

  ・ パンのふちまで すり身を塗らないと、ちぢんでしまいます。

|

« ツナパイ | トップページ | ホタテのサラダ »

パン・スナック・他」カテゴリの記事

コメント

これを見た時に、あ~たぶんshinのトコにもある~って思って自分のトコ探したんですけど、、

見当たらなかった、、、、

おいしいですよね~

補足ですけど、、トーストは多士です~、、、

tottoさん、吐司これは、、ちょっと字ヅラが・・・吐く・・吐って・・・・笑)

投稿: shin | 2007年10月20日 (土) 02時37分

shin様

ヤダー。 。・゚・(´∀`*)゚・・。 アハハハハハ

どうも、変だと思ったんですよね。 「吐く」 って。

だけど、母からもらってきた 1969年度版の主婦の友社から出ている本には 確かにそう書いてあるのです。 広東語・中国語とも知らない私は、へんだなぁ??? と思ってもそのまま受け入れるしかないんですよね。 教えてくださって有難うございました。

投稿: totto | 2007年10月20日 (土) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えびすり身のパン揚げ(蝦仁多士):

« ツナパイ | トップページ | ホタテのサラダ »