« りんごのキャラメリゼ タルト | トップページ | タルトタタン »

鰹のにんにく焼き

Dscn2709c

   

「鰹のお刺身」 がお好きな方には、最初に ごめんなさい を言っておきます。

  

娘と私は 赤身の「お刺身」 系 があまり 得意ではありません。 鰹のたたきでも、先端のよく焼けた部分を取り合って食べるほどです。 スーパーで、半値以下で 「鰹のたたき切り落とし」 なるものをみつけると、大喜びでゲットします。

そんな事を 先日遊びに来てくれたお友達 に話すと、「鰹のサク」 を買ってきて、ガーリックオイルで焼くといい  と教えてくれました。

「へぇー、鰹のサクをオイルで焼いちゃっていいの!?」

というわけで、、スーパーでサクを見つけたので、早速試してみる事に。

ご覧のとおり、かなり火を入れてあります。 ステーキで言うと、ミディアムレアとウェルダンの中間位でしょうか!? 真ん中がほんのりピンクというくらいです。

   

普段は 「たたき」になっているものを購入しますが、こちらの方が、さすがにお味がいいです。 ご飯のおかずにもなります。 娘も大喜びで、「鰹のたたき」より好きだそうです。  好きな焼き加減に、そしてフライパンで、出来るところもいいです。 

   

材料(4人分)Dscn2716c

  • 鰹のサク(お刺身用) ・・・ 1サク
  • 玉ねぎ ・・・ 1/2個
  • 大葉 ・・・ 5枚
  • にんにくのスライス ・・・ 大1片 分
  • サラダオイル ・・・ 大匙1
  • 塩 ・・・ 適宜
  • ごま油 ・・・ 大匙1
  • ぽん酢醤油 ・・・ 適宜

   

作り方

  1. 鰹のサクに 塩 をふってしばらくおく。(大事です)
  2. 玉ねぎは薄くスライスして、水にさらす。
  3. 大葉は細切り。
  4. フライパンにオイルを入れ、薄くスライスしたにんにくを弱火でカリカリになるように炒め、ペーパーの上で、油を切っておく。
  5. 残りの油で鰹を全面焼き(焼き加減はお好みで)取り出して、削ぎ切りにする。
  6. お皿に 鰹・玉ねぎ・大葉を盛りぽん酢醤油をかける。
  7. 後のフライパンでごま油を熱し、(6)のお皿に上からかける。
  8. カリカリのにんにくをちらす。

   

|

« りんごのキャラメリゼ タルト | トップページ | タルトタタン »

お惣菜」カテゴリの記事

コメント

いいですね。中学生の頃はよく鰹の土佐づくり作りました。サクに三本串さして~、バーナーで炙って~~。氷水へ・・・・

こうやって火を通しちゃうのもいいですね。マグロじゃないですけどヅケにしておいてから焼いてみても美味しそうかも・・・

投稿: shin | 2007年10月 6日 (土) 17時40分

shin様

中学生の頃から もう 串刺し などされていたのですか!?  私、その頃はインスタントラーメンくらいしか作っていなかったかも・・・・・。

私、今でも、金属の串3本持って、炙るの苦手なんです。 なるべく火をとおしたいので、熱くなってしまいますし(笑)。 その点、こちらはフライパンの上 楽チンです。

ヅケにして焼くと香ばしいですね、きっと。

投稿: totto | 2007年10月 6日 (土) 18時16分

うちの旦那こと大パパも鰹の刺し身が食べれないでいます。
サラダにしたりして食べているのですが...
(わたしの分はお刺し身で。)
これいいですね。
塩に漬けてがポイントでガーリックオイルで焼くんですね。
機会あるときに真似させていただきます。
いいこと聞いちゃったぁ~

投稿: ton | 2008年3月11日 (火) 09時18分

ton様

お塩をふって 少しおくと 水分が出ます。 それをクッキングペーパーなどで拭いてください。生臭みが出ませんので。

大パパさんとは ご主人の事でしたか!

投稿: totto | 2008年3月11日 (火) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/8212376

この記事へのトラックバック一覧です: 鰹のにんにく焼き:

» ごま油 [油系の調味料]
胡麻油(ごまあぶら)は食用油の一種で、揚げ油、炒め油として使用される他、中華料理などで仕上げに香り付けとして、加えられたりもします。 黒ごまを搾った赤銅色のものを黒絞り、白ごまを用いた淡黄色のものを白絞り(しらしぼり)と呼び、白絞りの方が高級品とされている。... [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 12時12分

« りんごのキャラメリゼ タルト | トップページ | タルトタタン »