« 香港旅行 (Ⅱ) | トップページ | 鶏もも肉の欖菜焼き »

香港旅行 (Ⅲ)

さて、いよいよ福臨門へ。

shin様 ご夫妻 と 初めまして のご対面。

shin様ったら、うそばっかり ちっとも太ってないのです。 私が1年間ブログのコメントいただいたり、彼のブログを拝見したりで 培った〈笑)イメージとは違って、未だにお目にかかったのが、本物〈笑)のshin様なのか 信じられないでおります。 実物良すぎです。

とにかく、始めてお目にかかったとは思えないくらい shin様だけでなく、お嫁ちゃまとも 気安くお話させていただきました。(それって 私がずうずうしいだけ???)

お帰りは あこがれていた 常連さんが通る 裏通路(裏福)から退場。 やったー!

(この間のお料理写真はshin様のブログhttp://hongkongcafe.jugem.jp/?eid=689をご覧ください)

そして、ホンハムにある 「楊枝甘露」 のお店を教えていただくはずが、夜 一緒にお付き合いくださる との事。  嬉しく・有難い お言葉 に甘えて。

   

それまでの間に、 shin様から情報を得て 夫と 九龍城へ 「欖菜」 を買いに。

夫としきりに、九龍城があるうちに見たかったね と話していましたが、跡地は綺麗な公園になっているばかり。  ガイドブックにあった昔からの「漢方薬」屋さんを尋ねると、 天秤で重さを量っていたので、うれしかったです。

  

Dscn3346cjpg_2

そして、待ち合わせの時間。 またまたご迷惑。 お付き合いいただいて、子どもたちが楽しみにしている パン(菠蘿飽 と 鶏尾包)を購入。 凱施餅店(グランビルロード)

菠蘿飽は今まで食べたのとちょっと違い 上のトッピングは卵の黄身(!?)を使ったややしっとりめです。

Dscn3343c 鶏尾包は 噛むとジャリジャリして、 大きく噛むのがためらわれます。 このジャリジャリはココナッツでもありますが、グラニュー糖のジャリジャリが大きいと思われます。 バターは一口目はしょっぱいと感じるくらい結構塩気のあるものでした。  菠蘿飽は 楽道の 栄華茶餐廳 が 好きです。  さて、鶏尾包があったら食べ比べてみたいものです。   

      

ここで、shin様 から ご提案 ホンハム街市 両合 でお夕食を!  

一度 北角街市の「東寳小館」に行くも あまりの順番待ち に恐れをなして、ギブしたので、願ってもないお誘い。

嬉しい事に、お料理上手な香港の方 エミさん(shin様ブログにしばし登場)も ご一緒くださるとは・・・。

街市のお店はお嫁ちゃまが 「汚いですよ。足が滑りますよ。」 とお気遣いくださいましたが、ぜ~んぜん平気。  活気があって これぞ香港っていう感じで 楽しかったです。 

エミさんが 水槽(生きた、シャコだの海老だの貝だのがいる)の所で、あれも、これもと注文してくれました。   

(食べた物は またまた shin様ブログ http://hongkongcafe.jugem.jp/?eid=690 を)

   

もうお腹が一杯なんですが、 「楊枝甘露」 は はずせません!

   

・・・・・おっと、忘れちゃならない その前に お土産買わなくちゃ

R0018100sa_2

ホンハム街市の すぐ お隣の 焼き肉屋さん(!?)新栄發 叉焼とかチキンのテリヤキみたいなのがいっぱいぶら下がっているお店。(写真は 夫 提供)

ここの 叉焼が安くて美味しいんだそうな。 そして焼肉(塩味の豚の皮まで付いている皮パリ、中はジューシー)も合わせて買い 日本に持って帰る お土産に。(エミさん しきりに 傷まないか 心配してくれました)

(shin様ブログに ここの叉焼 載っていたのですが、たくさんありすぎて、見つけられませんでした)

↑ ・・・と書いたら、ご親切にもトラックバックしてくださいました。( いやー、おんぶに抱っことはこの事???)

でも、 すぐ飛びたい方はこちらを http://hongkongcafe.jugem.jp/?eid=485  

  

   

とうとう 念願の  ホンハム 芝麻緑豆 の「楊枝甘露」

(お写真は shin様の こちら http://hongkongcafe.jugem.jp/?eid=691 )

ヒャー  なんて 美味しいの !?

ホンハムまで来た甲斐がありました。

今まで、満記甜品の「楊枝甘露」が 一番と思っていましたが、 今回の2つを比べるとこっちの方がはるかに 味に深みがあります(といっても別にこってりしているわけではありません)。

欲を言えば、満記甜品の「楊枝甘露」の中に入っている タピオカと同じサイズのゼリーが入っていたら 最高です。

美味しかったです  :*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

楽しかったです     ァ'`,、'`,、'`ヾ(,,-∀-,,)シ ,、'`,、'`,、

   

   

この場を借りて  shin様 ご夫妻  エミさん  お世話になりました。 そして、食意地ばかり張った わがままな おばさんに お付き合いくださいまして 本当に有り難うございました。  

また、お写真はほとんど shin様ブログにお任せしてしまいました。

<(_ _)>  <(_ _)>  <(_ _)>  <(_ _)>  <(_ _)>  <(_ _)>  <(_ _)>

|

« 香港旅行 (Ⅱ) | トップページ | 鶏もも肉の欖菜焼き »

食への執念」カテゴリの記事

食日記・つぶやき」カテゴリの記事

香港の味」カテゴリの記事

コメント

夕べはTBまでで精一杯でした・・・笑)

凱施餅店のはそうそう一瞬しょっぱいですね、あの塩分が甘さを異様に引き立ててるといいますか・・・

ちなみに、九龍城豪華餅店の鶏尾包も美味しいんですけどね・・・(って書いたらまたいくでしょ?)らんちょいついでに是非行ってみてください、エッグタルトも美味ですよ。笑)

投稿: shin | 2007年12月 6日 (木) 12時47分

香港、tottoさんのブログを通じてとっても身近な街に思えてきました~!私の知らない色んな食材、これらの味がとても気になります。shin様のチャーシューの記事にも飛んでみましたら、なんと(!)想像以上の照りのある美味しそうな画像☆皆さんおススメされる理由がよく分かります。それにしてもtottoさん、すごく行動派で(!)特に↓Ⅱの場面でソースを探されるお姿など、それはもうとても頼もしいものです!中国語もお分かりになるのでしょうか、tottoさんと香港をご一緒させて頂きたいものです…☆

投稿: kaz | 2007年12月 6日 (木) 17時25分

shin様
夕べは一生懸命叉焼の画像探してくださったんですね。 本当にお世話かけます。 変なおばさんと知り合って、ご迷惑とは思いますが(“ちっ!”っといわれているかもしれません)今後ともお願いします。

豪華餅店 そうそう 九龍城でしたね。 はい、らんちょい ついでに寄ると思います。(笑)

投稿: totto | 2007年12月 6日 (木) 19時44分

kaz様

私が香港を好きになったのも、多くの方とのご縁です。ただ、行って観光しただけでは、こんなに楽しくなかったと思います。

自慢じゃありませんが、中国語はからきし、英語もほとんどジェスチャーです。 食材(だけ)を探すという事に関して、執念があるようです。(他の事に向けられなかった。)(゚´Д`゚)  でもそのおかげでいろいろな方とめぐり合えたので、ラッキーです。

shin様の お写真はとても美味しそうに撮れていますので、一緒に楽しみましょう!  いつか、ご一緒できると楽しいですね。

投稿: totto | 2007年12月 6日 (木) 19時52分

パインアップルパン(波*飽)真ん中の漢字の入力方は教えてください。香港でいろいろパンがありますが、私といてはこれは一番好きです。上のパリパリ部分はそのまま食べるではなく、手で一枚一枚外して食べます。今は、毎回帰るときに同じように食べます。まだ子供です。HA!HA!
 このパンの形はTSIM SHA TSUI にあるSPACE MESMUM の外見は似てると思いませんか。

香港の焼肉と*焼は(入力分かりません)とても気に入ります。毎回帰るときにママはいつも買ってくれました。香港らしい味です。写真を見ると、すぐ全部食べたくなります。大変だ!PLEASE HELP ME。

投稿: pegasasu | 2007年12月10日 (月) 10時59分

pegasasu様

広東語の漢字は難しいですね。 よく書けると思って感心してしまいます。

菠蘿飽の 「蘿」 は パソコンの下のIMEパッドの手書きで書くとでてきますよ。
「叉焼」 は ちゃーしゅー と入れると漢字に変換されます。
私は、いちいち手書きを使うのが面倒なので、ネットで漢字を探して、辞書登録をします。 それにしても面倒です。 はぁ。

pegasasu様のお母様は 叉焼と焼肉はお作りにならないのですか?  

SPACE MUSEUM に似てる!? あははは・・・・。建築家も菠蘿飽好きだったりして???

投稿: totto | 2007年12月10日 (月) 21時00分

教えていただき、ありがとうございました。

焼肉は家庭で作れないと思います。大きい焜炉を使わなければならないし、長時間がかかりますからです。

叉焼のはできるかもしれないと思いますが、やはり買ったほうが便利だし、味は保証だし、安いし、香港は専業主婦の数はほぼ少ないから、面倒なことは一切しないと思います。

プロではなければ、難しいと思います。

投稿: pegasau | 2007年12月11日 (火) 10時55分

pegasasu様

そうなんですね。 

でも、お母様のお料理、美味しいって聞きますよ!

投稿: totto | 2007年12月11日 (火) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/9268879

この記事へのトラックバック一覧です: 香港旅行 (Ⅲ):

» 叉焼。 [HongKongCafe]
ハイ。そうそう、、、そこのあなた、、叉焼好きのあなた。 そう、あなたです、、あなた。 ここの叉焼。美味いですよ。マジ。 福臨門?、、、いえいえ、、そんな高級な叉焼と比べてもらっちゃぁ、困ります。 広東焼味?、、、いやいや、、そんなローカルで観光客相手にぼったくりかましちゃうようなお店の叉焼と比べてもらっちゃぁ困ります。 じゃぁ、、どこなんだよ〜〜って? それはね、、、 ホンハム!! shinがよく行く街市の隣、、、って言うか、対面にある... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 01時26分

« 香港旅行 (Ⅱ) | トップページ | 鶏もも肉の欖菜焼き »