« もち米シュウマイ ・ くわい(馬締)について | トップページ | クリスマス メニュー »

椎茸とひき肉の重ね蒸し と 包丁の事

Dscn3470c

   

こちらも 平野レミさん の本から 少し変更した ものです。

   

そろそろ 包丁が切れなくなってきました。 このような白髪葱の時は切れ味が悪いとてきめん にでるのですよね。

   

包丁研ぎ も へたに頼むと 全然切れなくて、只今 近所で上手なところを探し中。 

時々 バンで巡回している 機械研ぎ で失敗。 

手で研ぐという所に外注に出すという、昔からある金物屋さんに頼んだら、いまいち。

それでは 自分でやって見ようと、 砥石を水で濡らして やってみましたが、もっとひどく切れなくなってしまう。

   

仕方がないので、実家の近くで、「すばらしい切れ味になって戻ってくる 研ぎ屋さん」 にお願いしています。  時間がかかるので、 年に1回 5本くらいまとめて出し、その間 実家の包丁を失敬しています。

ぴんぴん の切れ味の 包丁。 考えると 血が逆流しちゃいます。 

必ず、1度は 指の 同じ場所を切ってしまうのです。 気を付けてはいるのですが・・・・。

   

   

   

Dscn3466c そして、椎茸の軸がたくさん出たので、いつもは捨ててしまうのですが、今回は縦に薄くスライスして、バターで炒め、汁の素で味を付けただけですが、ちょっとした福菜やお弁当にいいかもしれません。

今まで、捨てていて、もったいない事をしました。

結構そういう事があるので、ごみを出さないためにも少し考えようかなぁと思っています。

|

« もち米シュウマイ ・ くわい(馬締)について | トップページ | クリスマス メニュー »

お惣菜」カテゴリの記事

食日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひき肉と椎茸の重ね蒸しは椎茸からも旨味が滲み出てとっても美味しそうです!青梗菜の飾り方がとってもお上手!!

包丁、私も、切れなくなってきています(汗)。切るところが鋼で、背はステンレスという使い易いものなのに、上手く研げないです(涙)。。購入時に1週間に一度は研いでくださいねと言われましたものの、実際には1ヶ月に1回程度…。一度、私も購入したお店で研いでもらおうと思います。

投稿: kaz | 2007年12月24日 (月) 13時06分

KINGの砥石で手前から向こうへ向かって一方通行で研ぐ・・・

包丁とぐの好きです。笑)

砥石なんかなくてもお皿の底で十分砥げるんですけどね・・・

投稿: shin | 2007年12月24日 (月) 20時28分

kaz様

今日はご家族でクリスマスディナーをされていることでしょう。  ブログが楽しみです。

包丁は色々試してみました。ゾーリンゲンやヘンケルも。 でもやっぱり鋼の包丁がよく切れますね。「包丁砥ぎ」も 何種類も使ってみてはみたもののいまいち。 やっぱり、上手なプロにお願いするのがいいという結論です。 

投稿: totto | 2007年12月24日 (月) 21時55分

shin様

もし、次回「香港行き」があったら 包丁持参します。次の日仕上げでお願いしますね~。(笑)

お金を出しても 切れ味が良くならない(ちょっとしか)って どういう事だと思います??
同じ包丁でも 砥ぐ人によっては 背筋が寒くなるほど切れるようになるのに・・・・。

私には 無理っす。

投稿: totto | 2007年12月24日 (月) 22時02分

続 shin様 へ

そういえば、魯山人は 道路で包丁を砥いでいたのをドラマで見たような気が・・・・・。

shin様も やっぱり ただものでは ありません!

投稿: totto | 2007年12月24日 (月) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/9456055

この記事へのトラックバック一覧です: 椎茸とひき肉の重ね蒸し と 包丁の事:

« もち米シュウマイ ・ くわい(馬締)について | トップページ | クリスマス メニュー »