« クリスマス メニュー | トップページ | クリスマス デザート »

クリスマスのご飯(前菜・蟹クリームコロッケ・ローストチキン)

Dscn3562c

前菜 

 * スモークサーモンのマリネ ケイパー添え

   

 * レッドパプリカのマリネ

   

 * 3種類のテリーヌ (紀伊国屋製:ホタテ、サーモン、鴨) コンソメジュレ、

   ソース(マヨネーズ&ケチャップ)添え

我が家の定番 クリスマス当日が前日に紀伊国屋へ いそいそ と 買い物に出かけます。 今年は 自作しようと考えていましたが、間に合わなかったので、来年はチャレンジ(家族が揃わなくても)したいと考えています。

コンソメジュレは キュービックカットをしたかったのですが、柔らかすぎてしまいました。どうしても 柔らかいのが好きで 控えすぎてしまいます。  これも 多めに作ったのですが、夫が好きで それだけで食べてしまいました。

   

 * 葉野菜(フリルアイス・チャービル)

   

 Dscn3568c

 * タラバガニのクリームコロッケ (飯田深雪先生の初級の本から)チャービル・ルッコラ添え)

Dscn3572 夫の大好物で 毎年、どこかから頂いた(自分では購入せずに済んでいます)大切なタラバガニの缶詰を クリスマスの為に取り置きしていました。(涙)  結婚以来の我が家の定番です。 子どもたちはあまり 喜ばなかったのですが、今年は 目覚めた(笑)ようで とても好評でした。

   

   

スープ

 * オニオングラタンスープ (フランスパンとグリエールチーズのせ)

写真撮るのを忘れてしまいました。 こちらも我が家の定番です。 玉ねぎいっぱいの 濃厚なコンソメ味のスープです。(夫が 万が一 撮っていたら アップします)

   

メイン

 * スタッフド ローストチキン(バゲットとともに)

   Dscn3565c

盛りつけるようにと お皿を出しておいたのですが、体裁にはこだわらない我が家の家族。 早く食べたいので 食卓に出す前に切り分けてしまいました。

切り分けてしまうと、写真を撮るには上手に切れなくて(残骸のようになってしまいました)

お腹の中には 玉ねぎ、にんじん、セロリをいためたものが入ったマッシュポテトが入っています。

   

材料

  1. ブロイラーではない鶏 ・・・ 2kg弱 
  2. ジャガイモ ・・・ 大約4個
  3. にんじん・玉ねぎ・ゼロリの粗みじん ・・・ 適宜
  4. ローズマリー ・・・ 長さ10cmを2本分
  5. ベーリーフ(月桂樹の葉) ・・・ 1枚
  6. にんにく ・・・ 2片(1片はすりおろし、1片は半分にする)
  7. 塩・胡椒 ・・・ 適宜

   

作り方

  1. 食べる前日に 鶏の下処理をし、水分を拭き、表面と腹腔におろしたにんにくと塩・胡椒をすり込む。
  2. 玉ねぎ、にんじん、セロリを少々のサラダオイルで炒め、かるく塩・胡椒をする。
  3. オーブンを200℃にセット。
  4. マッシュポテト(牛乳もしくは生クリームで少しやわらかくする)に(2)を混ぜ、塩・j胡椒で味をととのえる。 鶏の腹腔に詰める。  穴の空いたところをしっかり閉じる(縫うのがいい)。(私は、楊枝で留めただけだったので、結構はみ出てきてしてしまいました。 失敗)
  5. 天板に 鶏を置き、枝からはずしたローズマリー・ベーリーフ、半分に切って芽を取ったにんにくをのせ オリーブオイル(もしくは サラダ油)を薄くまんべんなくぬる。
  6. オーブンを180℃におとして、 50~60分。  途中 鶏から出てきたら油をスプーンですくって肉にかけ、上下を返して約20分焼く。
  7. 玉ねぎのスライス や くず野菜を オーブンに入れ、 鶏とともに約30分焼く。竹串を一番お肉が厚いところに刺してみて 透明な汁がでてきたら焼きあがり。
  8. 一旦 鶏を取り出して、余分な油を取り除き、焼いた野菜と共にフードプロセッサーにかけ濾し、小鍋に入れて、火にかけ、赤ワインを加えて一煮立ちさせ・醤油・塩・胡椒などで味を調える。

  

作ってみて

叔母のように美味しく出来たかどうかは、叔母のを食べて見ないとなんとも言えませんが、 今回の反省点と意外だった事

  1. 塩・胡椒が少なかった。 (多すぎた時にはどうしようもないのでよかったかも)
  2. ポテトを詰めたら、穴をきっちり閉じる事。
  3. 皮が破れてしまったのはオイルの塗り方が少なかったからか???
  4. ポテトの中のセロリがとてもマッチしていた。
  5. 余ったチキンは丁寧に骨をはずし、翌日、マッシュポテト・グレイビーソースと共に焼いたフランスパンに挟んでたべると とても美味しかったです。

次回につづく

   

|

« クリスマス メニュー | トップページ | クリスマス デザート »

クリスマス・お客様をお迎え」カテゴリの記事

コメント

うぅわぁ~~

見てたらお腹がぎゅぅ・・・・っと

そうそう、クリスマスってこういうモンですよねぇ・・・

遠い記憶の彼方・・・・そんな時代あったかな~~

チキン食べたいな~

投稿: shin | 2007年12月27日 (木) 01時48分

チキンの丸焼きを囲み、とても豪華なクリスマスメニュー!お子様の笑顔が明らかに(笑)想像できます♪とっても素敵☆サラダもリースのような盛り付けでとても華やかです。たらば蟹のクリームコロッケ…クリーミーなソースにタラバ蟹の美味しさが詰っていることでしょうね(ほれぼれ)。

しかし…ご主人、ハードスケジュールですね…!お正月は家族でゆっくり過ごすことができることを切に願います…☆

投稿: kaz | 2007年12月27日 (木) 08時14分

shin様

どうも、記事が 時期を逸してしまいました。

香港で美味しいチキンを食べ慣れているshin様ですが、塩・胡椒のシンプルなお味付けもなかなかいいものですよ。

我が子たちが 家庭を持って(持てるか?)食卓の思いでが甦ってくるような時があるといいなぁと思います。

投稿: totto | 2007年12月27日 (木) 11時02分

kaz様

有り難うございます。
 
残念ながら お正月は中国では 旧正月でお祝いをしますので 帰国は2月なのですよ。 
夫も我が家で 起きていた(笑)のは 4時間ちょとというあわただしい時間でしたが。全員揃ってよかったです。

胃も疲れていたのでしょうが 喜んで食べてくれました。 その代わり、朝ご飯は いつもはパンですが、今回は純和風にしました。

投稿: totto | 2007年12月27日 (木) 11時09分

tottoさん、ご無沙汰です。
tottoさんのクリスマス素敵~♪
これこそ正統派クリスマスですよね。
見習わなくちゃ。
あぁ、tottoさんちの子供になりたい・・・。

投稿: manggisk | 2007年12月27日 (木) 21時50分

manggisk様

コメント有り難うございます。

正統派なんて とんでもない!!(^ ^;Δ

チキン(本当はターキー?)を丸まま焼いたのは2度目ですし・・・・


〉あぁ、tottoさんちの子供になりたい・・・。

 あぁ、それを子どもたちの前で聞かせてやりたい!!   絶対やだぁ~ と言われそう で怖いです。

投稿: totto | 2007年12月27日 (木) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/9581068

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスのご飯(前菜・蟹クリームコロッケ・ローストチキン):

« クリスマス メニュー | トップページ | クリスマス デザート »