« 欖菜食べ比べ と  タプナード風 | トップページ | 鯵のムニエル アンチョビソース »

ふわふわスウィートポテト

Dscn2578c

香港から帰って来て、チョットの間ご飯を作らなかったら、すっかりサボり癖がついてしまって、掲載できる写真がない!

こちら、作ったのは、だいぶ前になってしまいましたが、大好きなスウィートポテトです。

むか~し、スウィートポテトを作っていて、卵黄だけを使うレシピが多く、余った卵白を どう使おうか考えるのが嫌で、一緒に焼いてしまったら、私好みのやわらかい スウィートポテトが 出来上がりました。  

普通のスウィートポテトは 喉つまり するというか、お口の水分を全部取られてしまう ような感じ!? ですが、こちらは、もう少し軽い口当たりです。

裏ごしもしませんし、思ったらすぐ出来、材料一つ一つアバウトの量で大丈夫。 お惣菜ケーキ です。

アルミフォイルカップの6号でたくさん焼いて、しっかりジップロックをして冷凍すると、いつでも好きな時に食べられます。

   

シリコンのカヌレ型を買って、使わないでしまってあったので、これに入れて焼いてみました。  本当にオーブンで溶けないのか心配してしまいました。

上部のくぼみに生クリームをおきたかったのですが、くぼみがかわいいので、のせないで写真を撮りました。

   

   

材料(アルミカップ大約20個分)

      (ぴったりの必要はまったくなく、目安です)Dscn2557c

  • サツマイモ ・・・300g(皮を剥いて正味)
  • バター ・・・ 30g
  • 卵 ・・・ 2個
  • 砂糖 ・・・ 50g
  • 生クリーム ・・・ 120cc
  • バニラエッセンス ・・・ 少々
  • ラム酒 ・・・ 少々
  • 飾り用生クリーム ・・・ 80ml

作り方

  1. オーブンを180℃に設定。
  2. 卵を卵黄と卵白に分ける。
  3. 鍋に、輪切りにしたサツマイモを入れ、水をひたひたに注ぎ 塩少々を入れてやわらかくなるまで茹でる。
  4. 大きめのボールに卵白と砂糖を入れ、ピンと角が立つまで泡立てる。
  5. フードプロセッサーにバターと茹でたサツマイモを入れ、なめらかになるまでまわす。 次に、卵黄・生クリームを入れてさらにまわす。 バニラエッセンス・ラム酒を加える。
  6. 泡立てた卵白を片側に寄せ、サツマイモの生地を空いている所に入れ、泡を潰さないように混ぜていく。
  7. お好みの大きさの器に入れて、180℃約25分 表面に焼き色が付くまで焼く。
  8. 冷めたら、乾燥しないようにラップや保存容器に入れ、冷蔵庫に入れる。
  9. 食べごろは1晩経ってから。 ホイップクリームを添えてどうぞ。

 * 冷凍した場合はアルミフォイルをはがして、レンジで20秒くらいかけ、ほんのり温かくして召し上がってください。

|

« 欖菜食べ比べ と  タプナード風 | トップページ | 鯵のムニエル アンチョビソース »

お菓子」カテゴリの記事

秋の味」カテゴリの記事

コメント

tottoさん、こんにちは♪
素敵なスイートポテトのケーキです。
カヌレ型を使われるところもまた魅力を感じます~☆
卵白…余りますよね!
その卵白がこうしてふわふわの活躍を担ってくれるなんて、
とても良いアイディアだと思います。
レシピが簡単なので、またまた嬉しいです☆

投稿: kaz | 2007年12月11日 (火) 09時00分

コレ 食べたいでっす!!
スイートポテトは好きなんですけど、tottoさんが仰るように、モソモソして喉つまります!!だから牛乳必須です

いいな~

今度はこれお願いします。笑)

投稿: shin | 2007年12月11日 (火) 13時47分

kaz様

シリコン型、ほしくて買ったのはいいのですが、なかなか出番が無くて、やっと使えました。

このレシピ、お芋が少ないと、とっても柔らかく出来ます。 スフレ型で焼いてスプーンですくって食べてもまた美味しいですよ。

投稿: totto | 2007年12月11日 (火) 15時24分

shin様

あははは・・・。

shin様は お口が肥えていらっしゃるから怖いです。

この度、思った事は、つくづくジャンクフードに慣れ親しんだ 舌 だということです。

投稿: totto | 2007年12月11日 (火) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/8045125

この記事へのトラックバック一覧です: ふわふわスウィートポテト:

« 欖菜食べ比べ と  タプナード風 | トップページ | 鯵のムニエル アンチョビソース »