« ジャガイモの鮭包み焼 もろみ醤油ソース | トップページ | ミルクティーロールケーキ プラリネクリーム »

たまには皮から作ります 水餃子・焼き餃子

Img_1202a Img_120a1

   

   

   

   

   

 

   

焼くのと食べるのに一生懸命で 写真を撮る事を忘れていて、一応作りました写真になってしまいました。 く(;´ー`)

明日は 臨時でお仕事がお休み♪

なんだか、ご飯を作るのに余裕が出てしまいました。そして、予定していた献立を明日に回して、今日は 皮から餃子を作る事に。 

お肉は豚バラがあるので、フードプロセッサーでミンチにして、白菜、長ネギO.K.。

でも、ニラがない! まあ、ニラ無しでも大丈夫でしょう。 その代わり瓶詰めのザーサイが残っている。 味を確かめて、多分お腹は壊さない!   

   

餃子っていうと、私の子どもの頃は 母が皮から作っていた事があります。

両親はそれぞれ、昔中国(今の瀋陽)にいた事があり、母の作る餃子は本格的な中国の餃子の味です。 それは、独身の頃、両親と同窓生の昔の住まいを尋ねる旅に同行し、餃子を食べて思ったことです。

私の育った北海道では、冬は石炭とか、薪で炊くストーブも使っていました。 そのストーブの上に網をのせて、おもちを焼いたり、お湯を湧かしたり・・・・。

母が餃子の皮を作る傍らで、生地を少しもらっては、ストーブで焼いて食べたという記憶があります。

その母も それ以後は皮の手作りなどしていていなかったように思います。

   

私の子どもの幼稚園時代に、中国出身のお母様がいらして、餃子の皮の作り方を教えて頂き、何度か作ったことがありました。 その時には1回に100個近く作ったので、何回かでもうギブアップ。

そのレシピは熱湯を入れて粉を捏ねるというものでしたが、今回は、お水で捏ねる方法を試してみました。 そして、幾分食欲の減った子どもたちに、夫の分がいらなくなって・・・。

足りなかったら、ご飯があるので、大丈夫。

   

   

材料(48枚分)

 餃子の皮

  • 強力粉 ・・・ 200g
  • 薄力粉 ・・・ 100g
  • 塩 ・・・ 小匙1/2
  • 水 ・・・ 150ml + 少々

 餃子の具(すみません分量は適当です)

  • 豚のバラ肉 ・ 白菜 ・ 長ネギ ・ ザーサイ ・ (にら)
  • 生姜汁 ・ 卵 ・ ナツメッグ ・ ごま油 ・塩・胡椒・醤油
  • にんにくは入れません。(中国東北地方では 入れないのが普通らしいです)

   

作り方

  1. Img_1197a フードプロセッサーに粉とお塩・水(150ml)を入れ、一まとまりになるまでまわす。
  2. ラップに包んで、30分ねかす。
  3. その間に具を作る。 白菜は大きなみじん切りにして、水気をさっと絞る。長ネギ、ザーサイ、(ニラ)もみじん切り。 バラ肉ミンチに。
  4. ボールに具の材料を全て入れ、手で粘りが出るまでよく捏ねる。 少量を小皿に取り、電子レンジにかけ味をみる。
  5. 皮の生地を直径2cmくらいの棒状に伸ばし、4等分してから、それぞれ12等分する。(48個の生地が出来る)
  6. 麺棒で直径8cmくらいの円に伸ばす。
  7. Img_1200a 具を包み、好みで茹でるか、焼く。  
  8. 茹でる場合 : 沸騰したお湯に中華スープの素を小匙2入れ、生餃子を入れ、浮き上がってきたら出来上がり。
  9. 焼く場合 : 熱くしたホットプレートにサラダオイルを入れ、餃子を並べ、底面がきつね色になるまで焼き、カップ1/2強の水を入れ、蓋をする。水分が蒸発したら蓋を開ける。 ホットプレートを使用すると底面がカリカリの美味しい餃子が簡単に焼け、いつまでも熱いまま食べられるのでおすすめです。

   

* 今回 強力粉を多く使いましたが、焼餃子でのカリカリ具合がとてもよく、また、どうしても市販の生地より厚みが出てしまいますが、あまり気になる事もなく、茹で、焼、両方とも美味しく出来ました。

   

   

   

   

|

« ジャガイモの鮭包み焼 もろみ醤油ソース | トップページ | ミルクティーロールケーキ プラリネクリーム »

お惣菜」カテゴリの記事

パン・スナック・他」カテゴリの記事

コメント

皮から手作りですか~、すごいな~。ウチも餃子よく作りますけど、さすがに皮は無理で・・・・

tottoさんのこの餃子、蒸しても美味しそうですね~。
焼餃子、水餃子もいいですけど、こちらに来てからは蒸したのも好きです。

餃子は大陸では本当のポピュラーな料理でとにかくなんでも包んで食べちゃえ的な部分あります、以前北京に行った時には、にんじんの入った餃子があったんですけど、薄皮の中身がほんのりオレンジ色でとっても綺麗でした、、、白菜だけじゃなくて木耳が入ったり、ほうれん草だったり、羊肉を使ってあったりととにかく多種多様でした。

餃子の中ににんにくが入ってないというより、中国の東北地方(山東省や黒龍江省)なんかでは生のニンニクが付け合せみたいな感じで出てきて、そのままガリガリ食べてる人、結構多いです。だからか分かりませんけど特に餃子に入れる必要も無いんでしょね・・・・

投稿: shin | 2008年4月15日 (火) 02時14分

美味しそうですね~。
私も餃子はよく作りますが、
皮からってことはないですね(汗)
コレを見て、
「あぁ~そっか!皮からっていう手作りも
              あるんだなぁ~!」
って思いました^^
何かの番組で皮を作るとき熱湯でこねると
行ってたことがありましたが・・・
お水でも大丈夫なんですね~!!

投稿: rai-xx | 2008年4月15日 (火) 02時29分

芸術的なひだですねえ!すっごく綺麗!
昔母の友人に中国人の大学教授がいて、餃子だけは僕ほうが奥さんよりうまいんですよ~と作ってくれたことがあります。水餃子で、いり卵が入るんです。ほどよく水分を吸ってコクがでるからって…おもしろいですよね。tottoさんのはナツメグが入るんですね。アクセントになりますか?おいしそう…
うちでも、なぜか餃子だけは夫が作ってくれますが、さすがに皮までリクエストしたら、土曜日に作り出して、日曜日の夕飯に間に合うか…くらいになりそうですcoldsweats01

投稿: ようちゃん | 2008年4月15日 (火) 02時58分

さすがです~!totto様
皮からなんて!
うちの実家も餃子は100個以上コースですが、皮からではないですね。
ほ~っ、美味しそう。beer持参で・・・(笑)

家庭それぞれの味があって、それぞれのこだわりがあっていいですよね~。それぞれに美味しそうな顔が並んでる!

投稿: moo | 2008年4月15日 (火) 07時08分

豚肉とザーサイのコンビがとても好きなので、次回餃子を作るときに参考にさせて頂きます♪それに…少しレンジで加熱して味を見るところ、密かに私と同じで嬉しいです~!!皮から作る餃子は私も市販のものより厚くなってしまいますが、モッチリ感が市販では味わえない手作りの醍醐味ですね。

そうそう、↑前回の「もろみ醤油」なのですが、私(徳島or四国地方?)の地域では「もろみ味噌」として売られています。こちら関西での金山寺味噌のようなもので、亡祖父が好んで食していました♪

投稿: kaz | 2008年4月15日 (火) 09時52分

tottoさん、こんにちは。
皮から手作りの餃子!美味しいんですよね。
私も以前は作ったのですが、やはり手間がかかるので皮を買ってしまうことがほとんどです。
とはいっても、我が家は餃子は夫が作るので私は洗いもの担当ですがcoldsweats01

中国直伝の餃子!美味しいんでしょうね。
普通の皮に比べて、満腹度も高いんですよね。

投稿: あげママ | 2008年4月15日 (火) 10時02分

shin様

蒸し餃子ですか! 焼、茹で、揚げ餃子しかした事がなかったので。 蒸し餃子も魅力的ですね。

48個なら(分割し易い数なんです)、そんなに時間もかからず出来ますよ。

大陸の餃子、私は北京、大連、瀋陽、上海に大昔に行ったきりですが、当時(笑)は茹で餃子、それもノーマルのものしかでて来ませんでした。(お食事込みだったからでしょうね) そして、そこで会った中国の方が、しきりに、「日本ではにんにくを入れるが、中国ではいれません。」とおっしゃっていたのが印象的です。 生のにんにくは見ませんでしたねぇ。

新宿に大陸という餃子屋さんがありますが、そこは瀋陽に暮らした父世代が懐かしい味だとご贔屓にしているのですが、はじめて食べた時には「母の味だ」と思いました。

投稿: totto | 2008年4月15日 (火) 17時09分

rai-xx様

私が中国の方に教わったのは、薄力粉とお塩に熱湯を入れるもの。 今回は強力粉が2/3です。 原理は分からないのですが、その辺の所が違うんでしょうね。

rai-xx様の所は何個作るのでしょうね? お子ちゃまが小さいうちなら足りるかも・・・・。

お好みですが、市販とは違う食感です。

投稿: totto | 2008年4月15日 (火) 17時15分

ようちゃん様

おーちゃん様が餃子を作って下さるのですか? うらやまし~い。

餃子にも、入り卵を入れるんですね。春巻きに入れると言う話は聞いた事ありますが。
ナツメグはアクセントというよりは豚のにおい消しくらいです。 時々隠し味にお味噌入れたりしますよ。

皮を一つ一つ麺棒で丸くするのですが、本場の方は短い麺棒を使いほんとに上手に丸くされますが、私は、普通の大きい麺棒で、いびつな丸になってしまいます。

投稿: totto | 2008年4月15日 (火) 17時20分

moo様

やっぱりmoo家(ご実家)は食欲旺盛なご家族でいらしたんですね。 さすがに100個以上丸くするのは、疲れます。兄弟、家族でわいわい作るのなら別ですが・・。

最近では、餃子の底だけでなく、上面も焼くのが我が家の流行りで、ならば棒餃子にすればいいかなぁとも思うのです。 そうだ、今度棒餃子にしてみよおっと。(笑)

投稿: totto | 2008年4月15日 (火) 17時26分

kaz様

kaz様も皮からお作りになるのですか! もしかして毎回?  配合や作り方、是非紹介お願いいたします。

ザーサイはずいぶん古いもので、シュウマイに入れた残りを忘れていたものです。そんなに違和感なかったと思います。

金山時味噌のような・・・ということは、もろみの粒が残っているのかしら? 今回のもろみ醤油はもう少しお醤油に近いですね。

投稿: totto | 2008年4月15日 (火) 17時31分

あげママ様

え~、あげママ様の所もご主人様がお作りになるんですか?  いいなぁ。

我が家はその代わり、お料理だけは手伝ってくれる娘がいるので、時間がない時には結構助かっています。

中国の味といっても、多分 普通のにんにく入れないバージョンで、普通の味だと思うのですが・・・(^ ^;Δ

確かに、皮が厚いだけあって、食べすぎ→満腹→肥満まっしぐらですね。 

投稿: totto | 2008年4月15日 (火) 17時38分

皮から作るってすごいですね。
一度だけ、知人の家で作ったことがありますが
大変そうであれっきりです。
時間あるときにやってみたいです☆

投稿: ton | 2008年4月16日 (水) 14時28分

ton様

是非 次の日がお休みの時(笑)に試してみて下さい。 この分量くらいなら 「はぁ~、大変」と言う事もなく、さほど時間もかからずできますよ。

投稿: totto | 2008年4月16日 (水) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/20032188

この記事へのトラックバック一覧です: たまには皮から作ります 水餃子・焼き餃子:

« ジャガイモの鮭包み焼 もろみ醤油ソース | トップページ | ミルクティーロールケーキ プラリネクリーム »