« 料理三昧の午後 | トップページ | フィナンシェ »

ホタテのクレープ

Img_1727c  

こちら、ベルダイシェフ様 お勧めの 三谷青吾氏 著 「基本をきわめるフランス料理」柴田書店 より 「ほたて貝のクレープ」 を 目指して 作った品 です。

   

見た瞬間、「うわぁっ これは 食べたい! もー、作るっきゃない」 と一目ぼれ。

  

さっそく、図書館で予約をし、ようやく手に入った本。

こちらの本、読者は誰を対象にしているのか? と思えるほど フランス料理用語が多用されていて、まったく知識のない私としては???? という事が多々あり。 料理用語索引 ならびに 解説 が 欲しい くらいでした。

また、お野菜でも 「どこで手に入れたらいいの?」 という、あちらではメジャーでよく聞くお野菜(たとえば、エシャロット とか ポアロー)もあり、 また、食材費用も考慮して、今回は 代用 と 省略 で 作った 当のシェフ様が ご覧になったら がっがりされてしまうかも しれないお料理となりました。

   

気持ちは 「三谷氏の ホタテ貝のクレープを 作って見たい!」 と 触発されて、作った、tottoの技量それなりの お料理 と言う事 で ご覧の皆様 ご理解ください。

   

そして、 肝心のお味ですが、  子供の言葉を借りると

「 超ー おいしい!」

こちらの 「ソース」 は 「ヴァン・ブラン」 という、白ワインとノワイリー(ベルモット)を使ったものです。 余ったソースは たまたま作っていた ライ麦食パンを軽くトーストして、舐めるように浸して食べました。

代用、省略で こんなに美味しいのですから、本物は さぞや と思います。

   

ただ、 こちらの「分量」は4人前となっておりましたので、 4人に作りましたが、前菜にしては 量が多かったように思います。 半分の量で充分でした。 残りは翌日、私がメイン料理として お昼に すっかり 頂きました。

   

   

著作権のある物ですので、分量等 載せられませんが、

Img_1735c 材料を 省略、あるいは 代用したものだけ

 代用

  • エシャロット → 玉ねぎ 
  • ポアロー → 長ネギ 
  • ホタテ貝 → 冷凍 お刺身用 
  • フュメドポアソン(魚の出汁) → 市販の粉末

 省略

  • ホタテ貝のひも → 省略

 加えたもの

  • ソースに ナツメグ少々
  • こくみトマトの角切り
  • ディル

 ・ 本物は1枚ですが、私は、3枚を重ねました。 断面の写真は 息子のお食事を中断させて、 撮らせてもらったものです。 食べかけで 失礼します。

ご興味ある方は 三谷氏の ご本(↑) を ご覧ください。

ベルダイシェフ様 ご紹介有り難うございました。

|

« 料理三昧の午後 | トップページ | フィナンシェ »

前菜」カテゴリの記事

コメント

ホタテのクレープと言うから、
ホタテを甘くしちゃうのかしら?
と思ったらこのようなお料理だったのですね!
なるほど・・・。
息子さんお上品な食べ方なさるのですね!!
それとおひとつ聞きたい事があるのですが
tottoさんはカメラはデジタルカメラですか?
私カメラが古くなってきたので・・・
買い替えを考えているのですが・・・
どこのメーカーを使っているのでしょう?

投稿: rai-xx | 2008年5月20日 (火) 01時16分


「 超ー おいしい!」

超のあとに・・・・”-”がついてるっ!!

自動販売機の”つめた~い”の”~”みたいな・・・強調文字。

よっぽど美味しかったんだろうな~・・・

いいなぁ~・・・・

”超ー ”おいしいかぁ~・・・・

あぁ~。

投稿: shin | 2008年5月20日 (火) 03時00分

こちらは、クレープと言っても、以前作ったジャガイモのガレットみたいな生地です。
省略とか、代用でしたが、ソースが良いお味で、他の白身魚とか、えびにもよさそうです。 

カメラは一般的なデジカメですよ。 カメラがグレードアップした分だけ写真が上手になる人ばかりではないと言う事を身を持って体験しました~。

もっと上手に撮っている方に、アドバイスをお求めください。私など話になりませんよー。
 

投稿: totto | 2008年5月20日 (火) 11時07分

shin様

味覚はあくまで3者3様です(笑)。 よく姉にtottoの凄く美味しいは 大げさなんだから とよく言われます。

凄く美味しかったと思うのですけど~~。

投稿: totto | 2008年5月20日 (火) 11時11分

晩御飯にいきなりこのような素晴らしいお料理が出てきて、お子様もさぞかし驚かれたことでしょう…!とっても美味しそうですし、見た目から既に惚れています(笑)☆ホタテのエキスがぎゅっと詰ってそうですね。日本にあるお野菜で美味しく代用されること、家庭料理においてとても大事だと思います!!

投稿: kaz | 2008年5月20日 (火) 13時59分

とっても美味しそうですね。しかも、本格的フレンチで凄いです!レストランで出てくるような一品ですね。ホタテを使われているというのがいいですね~~。私ホタテ大好きなんです!
TOTTOさんは盛りつけ方も繊細で、とってもお上手ですね。いつも勉強させていただいてます!
申し遅れましたが、TOTTOさんのブログを私のブログのお気に入りブックマークに登録させていただきました。すいません!これからもよろしくお願いします。

投稿: yuki | 2008年5月20日 (火) 17時47分

tottoさん、こんばんは。
とてもとてもとても美味しそうなお料理です。
私はそんなに専門用語の本を読んでも材料が手に入らない=作れない。よって作らない!
となってしまうこと間違いなし!
ですが、tottoさんの紹介してくださったレシピならどうにか作れそうです。

私も実は持ってるんです。専門用語&プロ食材オンパレードの本。
一体これは誰のために出された本なんだろう???
きっと同業者用かな?
なんて思ったことがあります。

投稿: あげママ | 2008年5月20日 (火) 21時33分

kaz様

kaz様のように、見た目もきれいに作りたいと思いますものの、なかなかどうして・・・。

ちょっと プチ フレンチレストラン気分(めったな事では連れて行けませんので)のつもりでした。(笑)

生のホタテでひも付きなら なおの事 良かったです。お値段とご相談の上、ぜひこちらはお作りになる事をお勧めいたします。

投稿: totto | 2008年5月20日 (火) 22時03分

お褒め頂いてm恥かしいかぎりです。 こちらはほとんど本と一緒なのです。
トマトはありませんでしたが、味のアクセントにもなって、加えて正解だったかなぁと思っています。

こんなブログで申し訳ないようですが、有り難いお申し出感謝します。また、yuki様のブログもこちらのお気に入りに入れさせてくださいね。

投稿: totto | 2008年5月20日 (火) 22時07分

あげママ様

そうですよね。 私は 専門用語一杯だと気後れしちゃうのです。

今回は その間に ベルダイシェフ様という とても分かり易く説明してくださる シェフがいらしたので、作ってみようと思いました。 

私が作ったものは、私の知識と腕で 作る事の出来たお料理なので、ご了承ください。きっとあげママ様ならもっと美味しく出来るはずですよ。

難しい事はないので、是非このソースはお試しください。

投稿: totto | 2008年5月20日 (火) 22時12分

トットさん こんばんわ
 お邪魔しま~す
とても美味しゅう出来たそうでなにより何より☆
 
 三谷さんの本 難しかったですか?
確かにかなり専門的な表現も多かったような気がします。
 今回のソースヴァンブランはトットさん溺愛中の
クッサンにも使えるんだよ~
 あとアメリケーヌソースで2色にすれば
本職お手上げですから!!

投稿: ベルダイ | 2008年5月20日 (火) 23時56分

ベルダイシェフ様

ご訪問有り難うございました。 そして、美味しいお料理の紹介有り難うございます。

三谷シェフの本は 難しかったです。(用語も材料も)
クッサン、いつか 必ず作りますとも! もちろん また もどき になると思いますが。(^ ^;Δ

そして、本物はどんなお味なのか ベルダイシェフ様の所に伺えるといいなあと思っております。

投稿: totto | 2008年5月21日 (水) 00時09分

うわー。おいしそーー!
私も作ってみたいなー。

難しそうだけどおいしそうなお料理の本って魅力的ですよね。ミステリーみたいで。どんな味だろうってわくわくします。

おいしい!って一緒に食べてくれる家族がいるのも
いいですねえ。
いや、うちにもいるんですが、
平日は、深夜帰宅なんで和食、というか、納豆とか味噌汁みたいな素食ばっかり希望されるんです。
疲れているから仕方ないんでしょうけど。

今度友達を呼んで一緒に作って食べようかな~

投稿: ようちゃん | 2008年5月21日 (水) 11時31分

家庭の食卓に、こんな本格的ななお料理が並ぶなんて、素敵ですね!
息子さんの「超ーおいしい!!」の気持ち、よ~くわかります。(笑)
難しいレシピもさらっとアレンジして作り上げてしまうtottoさん、スゴイです!
私もいただいてみたいな~。

投稿: Madame K | 2008年5月21日 (水) 20時27分

ようちゃん様

ようちゃん様は フランス語のお料理用語も食材も何でもござれなので、こちらの本はなんなくクリアです。 お好みかどうかは別として。

おーちゃん様のお気持ちは良く分かります。胃が疲れてしまうのですよね。

こちらのお料理、お勧めです。 もし、そちらの図書館(著者には申し訳ないですが)にあるようならご覧になってみてください。

ガトーショコラも載っていたのですが、卵黄と薄力粉を入れたチョコレートを82度まで上げるなど、怖くてギブしちゃいました。 私がやったら 絶対 ボロボロになってしまいますモン。 (チョコレートの温度を上げるのは 無理だ~ )

投稿: totto | 2008年5月21日 (水) 23時00分

Madame K 様

さらっとなんて、とんでもない。

材料がないよー。 こんなお出汁はとれないよー。 と悲鳴をあげながら、それでも食べたい気持ちが勝って、 つもり 料理が出来上がりました。 (^ ^;Δ

ソース・ヴァン・ブラン は アレンジが効きそうですので、また、「つもりソース」を 作りたいと思っています。

投稿: totto | 2008年5月21日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタテのクレープ:

« 料理三昧の午後 | トップページ | フィナンシェ »