« ペンネ ゴルゴンゾーラチーズソース | トップページ | 自家製ツナ?鶏バージョン »

平野レミさんの上海蒸し (香港思い出し料理Ⅲ)

Dscn3292c

   

こちらは、 「上海蒸し」 といって、

平野レミさん の 「平野レミのうまいもの教室」(NHK出版) からの1品です。

我が家の 定番になって、久しいものです。  

   

これは、レミさんが 上海(?)で覚えた味を再現された との事でしたが、

Dscn4103c 時々、  shin 様のブログ「HongKongCafe」 に 出てくる 咸魚肉餅(はむゆぅよっべん という) お料理に 似ている気がしていたのです。

そして、先日訪れた香港で、ついに 本物を口にする機会に恵まれました。 (写真右)

本物(笑)は 真ん中に ちょっと癖のある 咸魚(はむゆぅ)という 魚の塩漬けがのっていました。

お味はと言うと、 あら、咸魚を取ると、すごく似たお味。 レミさんは こちらを アレンジ なさったのだと ほとんど確信に変わりました。

豚バラ、生タラ、エバミルク、長ネギ など を 混ぜて、蒸してあります。

   

材料と作り方は レミさんのご本をお読みください。

上にかかっている緑のものは、ドライのシャンツァイです。 子どもたちはこれなら大丈夫なのですが(むしろ あった方が喜ぶ)、生のシャンツァイは苦手で・・・・。 

このシャンツァイ、 好き嫌いが分かれるところですね。 家族では私だけです、好きなのは。 (´∩`。)

|

« ペンネ ゴルゴンゾーラチーズソース | トップページ | 自家製ツナ?鶏バージョン »

お惣菜」カテゴリの記事

香港の味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
こちらのお料理、上海のご旅行記から気になっていました☆
材料…豚バラ、生タラ、…エバミルクも使用されるのですね!どんなお味になるのでしょう!tottoさんのTOP画像を拝見すると、とってもとっても美味しそうなので、まずは平野レミさんの本を探してみようと思います☆

投稿: kaz | 2008年6月19日 (木) 08時46分

kaz様

おはようございます。
平野レミさんのレシピなので、載せられないのが残念ですが、全然くせがなく、どなたでも食べ易い、お勧めお料理です。 一緒に蒸すものを考えると、もっときれいになると思います。 是非なさってみてください。

投稿: totto | 2008年6月19日 (木) 09時20分

tottoさんのは美しすぎるなぁ~。

ポイントは手打。(笑)、荒々しく、ワイルドに、親の仇とばかりに包丁で・・・・・

肉餅がベースで、あとはナニが入るかってだけなんで・・・咸魚じゃなくても、ミンチの中に刻んだイカとか、馬蹄とかでも美味しいんですよ~。

投稿: shin | 2008年6月19日 (木) 12時15分

これは美味しそうですね♪
レミさんのレシピって簡単だと
料理苦手な友達が言ってた事がありました(笑)
色々な種類が入っていて、バランスも
取れそうなお料理。
我が家に必要なお料理かも・・・。

投稿: rai-xx | 2008年6月19日 (木) 12時58分

こんにちは!平野レミさんのレシピ本、実家の母が何冊か持っていて、私もよくみていました。レミさんは、テレビで拝見しているととっても明るい方ですよね。
シャンツァイ、私も好きですよ!!生もドライも好きです。主人はたぶん駄目だと思います。あの風味と香りがなんとも好きです。
エバミルクも入っているのですね!tottoさんのお写真見ていると、お腹すいてきました!お肉から出ているスープ、のみたいです。

投稿: yuki | 2008年6月19日 (木) 16時19分

shin様

確かに、いやー、いつも痛い所を突いてくる。(笑)

包丁で叩くのですよね。 最近は、もっぱら、フードプロセッサーでガーなのです。 お肉もお魚も直接俎板で叩くの、抵抗あって。

中身、なるほど、イカや馬蹄ね。有り難うございますー。

投稿: totto | 2008年6月19日 (木) 17時03分

rai-xx様

前にも書いたかもしれませんが(おばさんはすぐ同じ事を言うので)、レミさんの本でも、この本だけは特別好きなんです。大当たり。

rai-xx様家はバランスしっかりとれてますよー。

投稿: totto | 2008年6月19日 (木) 17時05分

yuki様

平野レミさん、確かに明るい、明るすぎる(笑)。

我が家では、お醤油をかけて、スープも一緒にいただきますー。

投稿: totto | 2008年6月19日 (木) 17時10分

これ、私も作ったことありますー。たまーに作ります。 平野さんのレシピは簡単だけど、割と材料が多いんで、なかなか作れないんですよね。

ドライの香菜があるんですね。知らなかった。香りがマイルドなのかしら??私バジルは生大好きなのに乾燥がだめだったりします。

投稿: ようちゃん | 2008年6月19日 (木) 20時49分

ようちゃん様

同じ本お持ちなんですよねー。

そうかー、乾燥ものがダメな方もいらっしゃるのですね。
シャンツァイは、ようちゃん様にはマイルド過ぎかも。 子供達にはちょうどいいんですぅ。

投稿: totto | 2008年6月19日 (木) 22時26分

昔同棲してた彼女が別れ際に言いました
 あんたは私のうちに来たことがないって(笑)

 いつもコメント感謝してます

 なかなか遊びに行けませんが許してください。
 自己チューではなく余裕がない?

投稿: ベルダイ | 2008年6月19日 (木) 23時09分

ベルダイシェフ様

あっはっはっ。

そんないい時代があったのですか~!

こっそり、静かに(笑)見守ってますよ~。

投稿: totto | 2008年6月19日 (木) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/9153594

この記事へのトラックバック一覧です: 平野レミさんの上海蒸し (香港思い出し料理Ⅲ):

« ペンネ ゴルゴンゾーラチーズソース | トップページ | 自家製ツナ?鶏バージョン »