« 小籠包 | トップページ | おいなりさん »

天国に召された方々

Img_2974c

 

Img_2979c

 

どうも お料理が作れません。

 

悲しい事がたくさん。

 

こちらは天使のはしごの逆???

まだ 天国に召されるには早すぎます。

 

返してー。

|

« 小籠包 | トップページ | おいなりさん »

食日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

残念なことがあったんでしょうか。
ご不幸があったんでしょうか。

>>悲しいことがたくさん。

それでも残った人たちは前に向かってあがいていかないと、、、、

天国に召された方々に怒られちゃいます。

頑張ってください。

上手いこといえなくてごめんなさい。

投稿: shin | 2008年9月22日 (月) 01時05分

悲しいことがあったんですね。

この世界の役割が終わっても、また近くに役割を変えて生まれ変わるとか・・・

元気になってくださいね。

投稿: moo | 2008年9月22日 (月) 07時11分

祖母が突然亡くなったとき、私も悲しいのに、それを吐き出す間もなく、毎日忙しくて、廃人状態の母のことも心配でつらかった。

でももうどうしようもないんですよね。
ただ時がたって傷が癒されるのを待つだけ。

誰かを失うと、今回りにいる人たちと知り合って
一緒に過ごせている時間って奇跡みたいなものだなと思います。いろんな人と人生を共にしている、今を、毎日を大切に生きていこうと思いました。(実践できていないけれど…)
tottoさんもきっとそのうち元気になれます。
しばらくはそのまま無理をしないで心を休ませてあげてくださいね。
t

投稿: ようちゃん | 2008年9月22日 (月) 13時49分

tottoさん
一言 頑張らなくってもいいの!!

お料理作りたくなければ、作らなくってもいいの!!

いっぱい天に召された方のこと思ってあげてください。

投稿: yayoi | 2008年9月22日 (月) 18時30分

お辛いことですね。
悲しみの中にあってはどんな言葉も響かない気がします。
涙を流せるだけ流して、悲しみの懐にどっぷり浸かるのがいいのかもしれないと思います。
いつか涙も枯れ果てた時には天を向いて歩くのだと思います。
光りこぼれるこの写真がこゝろに入って来る時に。

投稿: sankanjinママ | 2008年9月22日 (月) 18時51分

shin様

ご心配かけちゃってごめんなさい。

そう、残された人は あがきながら生きていかなくちゃいけないのですよね。 
それが、見ていて辛くて・・・。

ちょっと 鬱入ってます。 でも もうすぐ治ります。

投稿: totto | 2008年9月22日 (月) 21時33分

moo様

ご心配をおかけしてごめんなさい。

ちょっと 根暗で怠惰な私が全面に出てしまいました。(^ ^;Δ

大丈夫です。もうすぐ復活します。

投稿: totto | 2008年9月22日 (月) 21時36分

yayoi様

お言葉 有り難うございます。

頑張っている人にかける言葉ですが、私は頑張りがいつも足りない 怠惰な人間なので。(^ ^;Δ

ちょっと 条件が重なって、落ち込んでしまいましたが、大丈夫です。

投稿: totto | 2008年9月22日 (月) 21時38分

sankanjinママ様

ご心配おかけしてごめんなさい。

ちょっと、お布団かぶって 何もしたくない 鬱に入ってしまったようです。
でも 大丈夫です。もうすぐ治ります。

投稿: totto | 2008年9月22日 (月) 21時48分

ようちゃん様

コメントの順番が違って、そして とても心配して頂いて ごめんなさい。

大変な時期があったのですね。
今は、お母様もお出かけ出来るくらいに快復されてなによりです。

この年になると、同年代の方で 色々ご病気だとか、ご不幸だとか があって、ここの所続いてしまったのです。 身内ではないけれど、身内の方のご心情を思うとたまらなくて。


いい年をしてみっともないのですが、そして、うまく言えないのですが、
今まで ずっと誰かに依存して生きてきた私が、家というものを 夫不在の中、また一人でみなくちゃならないのかと、ちょっと夫が長く帰国して戻ってしまうと感じるんです。
いると結構面倒なんですけどね。

ちょっと 鬱の気があるのかなぁ。 どうしようもなくてお布団かぶって何もしたくなくなっちゃうのです。

でも、ようちゃん様 のように 温かいコメントいただくと 一人じゃないなって 思えてきて、心がほわっっとしてきます。
有り難うございます。
長くなってしまってごめんなさい。

投稿: totto | 2008年9月22日 (月) 22時15分

tottoさまが復活するのを待ってますので
ゆっくり心と身体を休めてください。

お布団かぶっちゃっていいんです。
休みなさいってサインですから・・・

投稿: Lee | 2008年9月23日 (火) 00時38分

Lee様

ご心配かけてごめんなさい。

これ以上ぐうたらしたら どうしましょう ってくらいぐうたらしています。

あっけないほど すぐ復活 出来る気がしてきました。

投稿: totto | 2008年9月23日 (火) 00時45分

tottoさん、おはようございます。
別れは辛いですよね。
そして絶対に慣れることができない。
解決できるものは時間しかないのでしょうか?

投稿: あげママ | 2008年9月23日 (火) 07時00分

tottoさん、今は無理はなさらず、気持ちが落ち着

くまで、ゆっくりなさって下さい。

素敵なお料理と素敵なお写真、tottoさんが

復活されるのをお待ちしております。

投稿: yuki | 2008年9月23日 (火) 15時08分

今晩は!透明感のあるなんて美しい夕焼けなんだ、、天国があるならばこの光芒の中にあるんだろうな~って思われました・・

なんと言ったらよいのか、お心の中を思うと、言葉が見つかりません・・悲しいときや、何もしたくないときは、そのままでおいでなのが一番かと・・うまくいえないのですが、傷ついて哀しんでいる、頑張ってきたご自分の心をそっと抱きしめてあげて下さい・・・

投稿: haruー155 | 2008年9月23日 (火) 20時08分

あげママ様

なんだか、私より ご遺族の方々のほうが 強くしっかりしていらっしゃるので、私は自分が情けないです。

私は無宗教ですが、 「神様は その人が耐えられるだけの試練しか与えない」 という言葉は うなづけます。

投稿: totto | 2008年9月23日 (火) 21時31分

yuki様

私は いい年をして 恥ずかしいです。 落ち込んでしまうと 暗ーく 立ち直るのに しばらくかかル事に。
世の中には もっとたくさんの苦しみや辛い事に立ち向かっている方がいらっしゃるのに。

投稿: totto | 2008年9月23日 (火) 21時35分

haru様

お言葉有り難うございます。
落ち込んでいる事をさらけ出して 頑張りの足りない私はお恥ずかしい限りです。

そんなつもりでブログに出すつもりはなかったのですが、この写真をアップしようとしたら 光が下から放射していて、これが天国と繋がっているのなら ご遺族の方達に戻してあげて・・・という気持ちが湧きあがってきてしまったのです。

投稿: totto | 2008年9月23日 (火) 21時42分

こんにちは、ご心配おかけしました!
ようやく落ち着いた生活に戻りつつあります。。
tottoさんのお写真↑、天国への渡り道、娘もこの光に導かれて逝ったのかと思うと、とても、ほっとさせてくれるものを感じます。ありがとうございます。tottoさんのお辛いお気持ちを察すると胸が痛くなりますが、どうぞ、今はただゆっくりと心身をお休めくださいますように…☆

投稿: kaz | 2008年9月24日 (水) 06時16分

kaz様

kaz様から 励まして頂くなんて・・・・。
kaz様のお悲しみに比べたら私のは何ほどの事でしょう。 とても、とても。
実は、この写真をアップしようとした時に、どうしてもkaz様のお嬢様の事が思い出されて、最後の言葉になってしまいました。
kaz様、ご家族の皆様のお心の中に何時でもいらっしゃいます。光となって温かく照らしてくださる事でしょう。

ブログだけのお付き合いのkaz様、そして、私よりもとてもお若いのに、生きる姿勢が素晴しいです。お知り会いになれてよかったです。

kaz様、ご家族の皆様 お身体お大事になさってください。


投稿: totto | 2008年9月24日 (水) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/23892198

この記事へのトラックバック一覧です: 天国に召された方々:

« 小籠包 | トップページ | おいなりさん »