« お友達のお宅にお呼ばれ ご馳走様でした~♪ | トップページ | 「なんでもマヨ料理」こくうまでエビとささ身のパテ »

山形名物 芋煮

Img_3193c

お友達から教わった、山形の季節料理 「芋煮」 です。

早速、私も作ってみました。

 

山形の 馬見ヶ崎河川敷で行われる 大鍋の芋煮は 毎年ニュースになりますので、私も知っておりました。

お友達は 何年間か 山形にいらして、毎年、この季節何回となく 芋煮のお鍋を囲み、これがないと冬が来ないほどだったそうです。

Img_3188c 材料(4人分)

  • 牛肉 ・・・ 320g
  • 里芋 ・・・ 8個
  • 玉こんにゃく ・・・ 12個
  • 舞茸 ・・・ 1パック
  • 長ネギ ・・・ 1本
  • 小ねぎ ・・・ 少々
  • 麺つゆ、酒

作り方

  1. 里芋は皮を剥き食べ易い大きさにし、さっと水から茹で、ぬめりを落とす。
  2. こんにゃくも下茹でする。
  3. 鍋に里芋と水を入れ、火にかけ、沸騰したら、牛肉、玉こんにゃく、麺つゆ、酒を入れ、落とし蓋をして煮る。 里芋が柔らかくなったら、長ネギと舞茸を入れて、更に煮る。

|

« お友達のお宅にお呼ばれ ご馳走様でした~♪ | トップページ | 「なんでもマヨ料理」こくうまでエビとささ身のパテ »

お惣菜」カテゴリの記事

秋の味」カテゴリの記事

コメント

tottoさん、こんにちは。
芋煮、牛肉を入れるんですね。私の母の作る肉じゃがのジャガイモが里芋になったような感じ。
でも、里芋に牛肉やきのこたちのお味がしみて美味しそうですね♪
もう里芋の時期なんですね。
私は里芋料理が下手で、更にレパートリーが少ないので皆さんのブログで今年こそは勉強しなくては!と思っております。
よろしくお願いいたします。

投稿: あげママ | 2008年10月12日 (日) 18時22分

仙台の芋煮は味噌味で豚肉です。
こちらも美味しいですよ。
単なる「里芋が入ったトン汁」ですが・・・

投稿: Lee | 2008年10月12日 (日) 19時48分

里芋、年取ってから好きになりました。
揚げて塩つけて食べたり、クリームシチューにも
いれちゃっています。
こちらは、ほかほかとっても温まりそうです。
茸からもいいお出汁が出るんでしょうね!
こういうお料理は人に作ってもらったのを食べたいです~。なんとなく。(笑)

投稿: ようちゃん | 2008年10月12日 (日) 21時40分

あげママ様

肉じゃがほど甘くはしないのです。(と言っても我が家の肉じゃがはあまり甘くありませんが)

そういえば、娘が兄にお夕飯は肉じゃがの里芋版だと説明していました。(笑)

きっとあげママ様のお父様の畑から美味しい里芋が採れる事でしょう。いいなぁ。

投稿: totto | 2008年10月12日 (日) 22時03分

Lee様

仙台はお味噌ですか!

お友達によると、山形でも お味噌味のとお醤油味のとがあるとの事でした。
我が家、トン汁は 里芋が定番です。ということは、いつも仙台の芋煮をしていたわけですね。(笑)

投稿: totto | 2008年10月12日 (日) 22時06分

ようちゃん様

ふーむ。 他人の作ったものってどうして美味しいのでしょうね。

私、ほっかほっかご飯で作る お塩を付けただけのおにぎり、いい年の今でも 母にむすんで貰う事あります。 これが美味しい気がするんですよねー。

投稿: totto | 2008年10月12日 (日) 22時09分

んがぁ~~~。

なんか・・・・・

もう、、

写真すっげ~上手~~~。

のぉぉぉぉ~

tottoさんデジ一でしたっけ?

投稿: shin | 2008年10月13日 (月) 02時10分

shin様

過分なお褒めのお言葉 (^ ^;Δ

デジーですが、どっちで撮ってもあんまり変らないんですよねぇ、これが。

投稿: totto | 2008年10月13日 (月) 19時34分

美味しそうですね。
山形の米沢にずいぶん前に出張に行ったときに
米沢牛の入った芋煮をご馳走になり感激したことを思い出しました。
早速作ってみたいと思います。

投稿: naka | 2008年10月13日 (月) 20時08分

こんばんは^^
まさしく「芋煮」ですね~♪
見るからに味がしみしみで美味しそうhappy02
山形芋煮のルーツは、毎年京都からやって来る行商人が薄口醤油で煮た芋を食べていたのを真似た。というものらしいです。
東北人にとっては色の薄い醤油はなじみがなかったので、醤油を水で薄めた醤油汁になったとか…。
東北の芋煮文化が京都発祥だなんて思ってもみませんでした
w(◎o◎)wワォッ

投稿: saji | 2008年10月13日 (月) 20時22分

naka様

こんばんわー。

米沢にも出張でいらしたのですかー。すっごーい。

我が家の子供たちは肉じゃがの里芋バージョンと言っております。

何せ、本場ものを食べた事がないもので、山形にいらしたお友達の芋煮に近いお味なので大丈夫だとは思いますが・・・・。

投稿: totto | 2008年10月13日 (月) 21時01分

saiji様

そうなのですか!

いやー、お勉強させて頂きました。 有り難うございます。
saji様は仙台ですので、味噌味なのでしょうか?

投稿: totto | 2008年10月13日 (月) 21時03分

美味しそうですね。(*^_^*)
そう言えば昨日、里芋がお安いんでした。
私里芋を触ると手が痒くなるのであんまり作らないんですよね。でも、、好き。
だからちょこっとゆがいてから皮を剥くんですが、里芋は豚汁に入れるくらいかしら?
今度、挑戦してみます。(*^_^*)あ、夕べまいたけ御飯作りましたよ。。。みょうががなかったから、針しょうがを最後に混ぜ込んで頂きました。美味ですね。御飯にはお塩を入れて炊きまして。具にたまたまごぼうもあったので入れてみました。有り難うございます。

投稿: sankanjinママ | 2008年10月13日 (月) 22時10分

sankanjinママ様

私も痒くなりまーす。paper お芋によるのかもしれませんが、洗っても洗っても痒くて大変な時があります。 なるべく柔らかい所に付かないように気を付けて触っています。

我が家は里芋とジャガイモが大好き。どっちかが出ている事が多いです。

舞茸ご飯、作ってくださって有り難うございます。 牛蒡を入れると味が更によくなりますよね。この美味しさがまだ子供には分からないようで、我が家は入れられません。(涙)

投稿: totto | 2008年10月14日 (火) 00時39分

こんにちは。

山形は、次男が4年住んでいましたので、いも煮会のことは、よく聞きました。お店ですべての物を貸し出してくれるそうです。

レシピはなんでも鍋に入れれば良いと言っていました。笑

私は、その時期には行くことがありませんでした。次男から聞いて、もどきを作ったことがあります。
今度はこのレシプを参考にさせていただいて作ります。

投稿: yayoi | 2008年10月14日 (火) 14時47分

おはようございます!
山形の芋煮、お夕飯に作ってみました。

里芋にお味がいまいち、しみていませんでしたが私的にはGOOD!

たくさん作ったので、当然残るから一晩おけば味がしみるから・・・と思っていたら
お夕飯で完食となりました。

その日のお夕飯は舞茸ご飯と芋煮。
すべて魔法の台所からレシピいただきました!
感謝です。

投稿: naka | 2008年10月21日 (火) 10時12分

naka様

お作り頂き有り難うございます。

完食でしたか! 次の日はお味がしみていただしょうね。 次回はもう少し多くお作りください。(笑)

投稿: totto | 2008年10月21日 (火) 14時13分

totoさん

はじめまして。こんばんは。うっちといます。
先日に山形で芋煮を食べてきたのですが美味しかったです。

これをブログで書こうとしていい写真がないか探していたところ、totoさんのブログに辿りつきました。

差し支えなければ、写真を使わせてもらってもよろしいでしょうか??

※名前リンク先が私のブログです。ご検討をお願いします。。。

投稿: うっち | 2010年4月 7日 (水) 21時00分

うっち様

はじめまして!
わざわざのお断りのコメント有難うございます。
覗かせていただきましたら、リンクまで貼ってくださって。
こんな写真でよろしければ貼って頂いてもかまいませんが、何を隠そう本物の芋煮は見たことも、食べたこともありませんので、芋煮の紹介写真にはふさわしくないのではないかと思いますが・・・・・。sweat01

投稿: totto | 2010年4月 9日 (金) 10時59分

tottoさん

いえいえ、お店で食べた芋煮に一番近いイメージがtottoさんの写真でした。

ご了承ありがとうございます。それでは写真を使わせて頂きます!

※先の投稿で、名前を間違ってましたね。失礼しました。。。

投稿: うっち | 2010年4月 9日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/24403016

この記事へのトラックバック一覧です: 山形名物 芋煮:

« お友達のお宅にお呼ばれ ご馳走様でした~♪ | トップページ | 「なんでもマヨ料理」こくうまでエビとささ身のパテ »