« 悪戦苦闘 こんにゃく作り パートⅡ(水酸化カルシウム編) | トップページ | 簡単 大根とベーコンのスープ »

チキンとマッシュポテトのオーブン焼

Img_3635c

私が、こんにゃく芋の凝固剤で悪戦苦闘している中、ブログ「ロミロミママのLeaLea日記」のあげママ様は もうクリスマスのローストチキンをデモで作っていらっしゃいました。

 

そういえば、去年作った マッシュポテトを詰めたローストチキン美味しかったなぁ。

あげママ様は マッシュルームを入れていらしたけど、これはグッドアイディアで頂き♪

 

Img_3629c そんな事を考えていたら、食べたくなってしまいました。

でも、1羽をするのは時間もかかり、多少お味が違っても簡単にする方法はないかしらと考えて作ったのがこちら。

オーブンでチキンをローストすると、脂がたくさん出ます。それがみんなポテトに滲みてしまうと困るので、最初にフライパンで焼いて、ある程度脂を落としました。

 

もうお分かりの事と思いますが、 我が家で一番喜んだのは?

はい いもねえちゃん でございます。

「わぁ、私の好きなものばかりだ!」\(*^▽^*)/

 

Img_3638c 材料(4人分)

  • 鶏のもも肉 ・・・ 2枚
  • ジャガイモ ・・・ 中4個
  • 固形スープの素 ・・・ 1個
  • バター ・・・ 大匙1
  • マッシュルーム ・・・ 1パック
  • 玉ねぎ ・・・ 小1/4個
  • 生クリーム ・・・ 50ml
  • 溶けるチーズ ・・・適宜 ← なくても
  • ローズマリーの葉 ・・・ 適宜
  • 塩・胡椒 
  • にんにくのすりおろし ・・・ 1片分

作り方

  1. キャセロールにクッキングペーパーを敷く。
  2. ジャガイモは皮を剥いて 1cmの厚さに輪切りにし、固形スープの素1個を入れた水から茹で、柔らかくなったら、お湯を切り、マッシュする。(丁寧にするにはうら漉す)
  3. 鶏もも肉は厚みを揃えて、余分な脂を除き、塩・胡椒し、皮目じゃない方ににんにくをすり込んでおく。
  4. テフロン加工のフライパンに鶏の皮目を下にして入れ、きれいな焼色が付いたら、反対にし、さっと焼き取り出す。
  5. 後のフライパンで 出た脂をキッチンペーパーで拭き、バターで玉ねぎを炒めしなっとなったらマッシュルームを炒め、塩・胡椒して 生クリームを入れ(温める為)、マッシュポテトに加える。
  6. キャセロールに(5)のマッシュポテトを敷き、平らにしてから、焼いたチキンを皮目の方を上にして置き、(好みのチーズをのせ)、ローズマリーの葉をちらす。 250度のオーブンで約20分(チーズが溶けるまで)焼く。

|

« 悪戦苦闘 こんにゃく作り パートⅡ(水酸化カルシウム編) | トップページ | 簡単 大根とベーコンのスープ »

お惣菜」カテゴリの記事

コメント

tottoさんの所でtottoさんのお気持ちによって作られてルールに関しては何か言うとか、そう言う気持ちはないですよsweat01

shinの所ではわざわざ敬称つけるのめんどくさいだろうな、とか、その位の気で言ってますので…(^^;

いも、おいしーですよねー。チーズとの組み合わせ、本当に好きなんですー(>ω<)

投稿: SHIN | 2008年11月13日 (木) 06時35分

X'masのお料理、きちんとデモなさっている方がいらっしゃるのですね~(尊敬)
レシピを簡単にしたというtottoさんのチキンとマッシュポテトのオーブン焼きもそのままX'masのメインになりそうnotes
娘さんに負けず劣らずイモねえちゃんの私としては、デモならずも作ってみたくなりましたhappy02

投稿: saji | 2008年11月13日 (木) 16時09分

こんばんは。
こんにゃくって大変ですね。
こんにゃくとお赤飯は、叔母がつくってもってくれるので自分では、作ったことがないですね。

叔母が元気なうちに、作り方を教えてもらっておきましょう!!

手作りこんにゃくは、本当においしいですよね。

投稿: yayoi | 2008年11月13日 (木) 18時39分

tottoさん、こんばんは☆
ブログご紹介ありがとうございます♪

こちらのチキン美味しそうです。このままクリスマスにいただけますね。
しかし、クリスマスといわなくても作りたいレシピです。チキンとお芋、きのこ、そしてチーズの相性はどうしてこんなにいいのでしょうか。

今日は生協からクリスマスとお正月時期の注文書が届きました。今年のお正月にtottoさんが作られていた鮭のマリネと豚ロースの叉焼を今年は絶対に作ろう!と思い注文しちゃいました。

投稿: あげママ | 2008年11月13日 (木) 21時28分

SHIN様
もちろん分かってますって!wink

SHIN様もお芋好きですか! そこに、丁寧にマッシュして生クリームが加わると高級レストランのように一味変わりますよ。


投稿: totto | 2008年11月13日 (木) 23時12分

saji様

やはり1羽を使う事で、お味がギューっと凝縮されるのでしょうが、後で捌くのも、面倒なので、どうしてもお仕事から帰って作るとなると、もも肉の方が使い勝手がいいですよね。
セロリを入れたり、にんじんを入れたり、いろんな材料を使えますね。

実は、なにを隠そう、娘は 芋母ちゃんの子なのですよね。似ちゃいました。(笑)

投稿: totto | 2008年11月13日 (木) 23時19分

yayoi様

叔母様から教えていただくのが一番ですね。昔ながらの作り方を受け継ぐのはとても貴重なことで、羨ましいです。
私は、母からも義母からも昔ながらの何かを教わった事ありませんもの。

私の子供時代にあった物で 今では廃れ行く物になっているのがたくさん有ります。
本当になくなってしまっていいのだろうか?と思う事が多々有ります。

投稿: totto | 2008年11月13日 (木) 23時25分

あげママ様

あげママ様のブログを拝見して、クリスマスを待てず、とうとうマッシュルーム入りを作ってしまいました。
マッシュルームのお味がポテトにいい具合に入り、入れた方が断然美味しいですね。 有り難うございました。
同じような物を作っても、人それぞれですので、とても参考になり、さらに美味しく作れるようになるので、嬉しいかぎりです。

鮭のマリネは よーく揚げた方がお魚の臭みも無くいいかもしれません。私の大好物ですので、是非 作ってみて下さい。

投稿: totto | 2008年11月13日 (木) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/25272844

この記事へのトラックバック一覧です: チキンとマッシュポテトのオーブン焼:

« 悪戦苦闘 こんにゃく作り パートⅡ(水酸化カルシウム編) | トップページ | 簡単 大根とベーコンのスープ »