« クリスマスパーティー 2008 パートⅡ(前菜2種 自家製ホタテのテリーヌ・スモークサーモンのマリネ) | トップページ | クリスマスパーティー 2008 パートⅣ(クラシック ガトーショコラ・かぼちゃのキャラメルアイスクリーム) »

クリスマスパーティー 2008 パートⅢ(オニオングラタンスープ・ローストチキン)

Img_4299c_2

こちらは、毎年クリスマスは同じスープ(バカの一つ覚えとも言う)、オニオングラタンスープです。

Img_4241a_2  

本当なら よーく炒めて、玉ねぎのスライスが鰹の削り節のようになるまでにするのですが、かなり手前で止めてしまいました。 

 

テフロン加工のフライパンはこれをすると、いっぺんで傷んでしまいます。 今回使ったのも 古いフライパンではあるのですが・・・・。

 

Img_4289a 玉ねぎ・にんじん・セロリ・ベーリーフを一緒に入れて作ったスープストックに炒めた玉ねぎを加え、塩・胡椒で少し薄め(チーズの塩分とオーブンで焼いて水分が少し蒸発するのを考えて)の味付けにして、

薄く切ったフランスパンをトースターで焼いて、のせ、その上から おろしたグリエールチーズをふりかけて、オーブンでチーズが溶けてこんがりと良い色になるまで焼きます。

 

 

さて、 メインのローストチキンです。

Img_4280c

丸ごとチキンの中の詰め物には 色々ありますが、去年叔母から教わった マッシュポテトサラダを入れるのが気に入りましたので、今年もこちら。

 

Img_4235c そして、去年は 楊枝で簡単に留めただけでしたので、中に詰めたポテトが熱で吹き出てきて、ちょっと失敗。

今年は チキン針とたこ糸で しっかり縫いました。(かなりグロくてごめんなさい)

そして、皮が焼いている途中で破けないように、しっかりサラダオイルを塗りました。

 

では

Img_4233a 材料

  • ブロイラーではない鶏 ・・・ 2kg弱
  • 塩・胡椒
  • にんにくのすりおろし ・・・ 2片

 詰め物(マッシュポテトサラダ)

  • ジャガイモ ・・・ 大4個(約400g)
  • 固形ブイヨン ・・・ 1個
  • バター ・・・ 大匙1
  • 塩・胡椒 ・・・ 少々
  • 生クリーム(又は牛乳) ・・・ 大匙2~3
  • 玉ねぎのみじん切り ・・・ 中1/2個分
  • セロリの粗みじん ・・・ 玉ねぎと同じくらい
  • にんじんのみじん切り ・・・ 少々
  • ローズマリー ・・・ 長さ10cmを2本分
  • ベーリーフ(月桂樹の葉) ・・・ 1枚

 Img_4250a グレービーソース

  • 鶏を焼いた時に出る汁
  • 赤ワイン ・・・ カップ1/2
  • 醤油 ・・・ 大匙2~3
  • 塩・胡椒

   

作り方

  1. 食べる前日に 鶏の下処理をし、水分を拭き、表面と腹腔におろしたにんにくと塩・胡椒をすり込む。(塩は少し強めに)
  2. 玉ねぎ、にんじん、セロリを少々のサラダオイルで炒め、かるく塩・胡椒をする。
  3. オーブンを200℃にセット。
  4. ジャガイモは皮を剥いて、1cmくらいの輪切りにし、さっと水にさらし、ざるにあける。 鍋にジャガイモとひたひたの水を入れて、ブイヨンを加えて、柔らかくなるまで煮る。 ザルでお湯を切り、再び先ほどの鍋に入れ、水分を飛ばし、バターを加えてマッシュする。 生クリームを加え、好みの固さにする。
  5. (2)の炒めた野菜を混ぜ、塩・j胡椒で味をととのえる。 
  6. 鶏の腹腔に詰める。  穴の空いたところをしっかり縫い、たこ糸などで形を整える。
  7. 天板に 鶏を置き、枝からはずしたローズマリー・ベーリーフをのせ オリーブオイル(もしくは サラダ油)をまんべんなく塗る。
  8. オーブンを180℃におとして、 50~60分。  途中 鶏から出てきたら油をスプーンですくって肉にかけ、上下を返して約20分焼く。
  9. 途中 玉ねぎのスライス や くず野菜を オーブンに入れ、 鶏とともに約30分焼く。竹串を一番お肉が厚いところに刺してみて 透明な汁がでてきたら焼きあがり。
  10. 一旦 鶏を取り出して、余分な油を取り除き、焼いた野菜と共にフードプロセッサーにかけ濾し、小鍋に入れて、火にかけ、赤ワインを加えて一煮立ちさせ・醤油・塩・胡椒などで味を調える。
  11. たこ糸を取り除き、お肉とポテトをお皿に取り分ける。

|

« クリスマスパーティー 2008 パートⅡ(前菜2種 自家製ホタテのテリーヌ・スモークサーモンのマリネ) | トップページ | クリスマスパーティー 2008 パートⅣ(クラシック ガトーショコラ・かぼちゃのキャラメルアイスクリーム) »

クリスマス・お客様をお迎え」カテゴリの記事

コメント

オニオングラタンスープ、この玉ねぎを炒める手間隙をかけるところが大変なんですよね~
でも、ここで差が出るというか、美味しくなるというか。。。
こんなに大変なのにーtottoさん、えらすぎる~
でも。お陰できっととても美味しくできたでしょうね!
サーモンのテリーヌもとっても美味しそうでした。
色味も綺麗で映えますね☆お店みたいー♪

投稿: marumi | 2008年12月26日 (金) 00時22分

marumi 様

お早いコメント有り難うございます。 

玉ねぎに炒め方、まだ足りないのは分かっているんですがー・・・手抜きです。bleah

サーモンのテリーヌは フレンチのシェフの書かれたレシピです。・・・が、何せ素人が作ったもので、味の差が歴然なのはしょうがないなぁ。

投稿: totto | 2008年12月26日 (金) 00時30分

おお~っ、素晴らしい~
手間をかけたXmas料理、毎年お子さん達も楽しみにしているんでしょうね~

tottoさまのレシピ、私が手を抜きそうなところにコメントがあって、痒いところに手が届いてるので「私も作れるかも」と思わせるところが、さすがですね~

投稿: moo | 2008年12月26日 (金) 03時22分

おいしそう!ポテトサラダ、すっぱいの想像していました…。

クリーミイなポテトと、赤ワイン系ソースって
すんごくおいしいですよね
うちはイブ、ローストビーフだったんですが、
ポテトグラタンと赤ワインソースでいただきました。
実は、安売りの丸鶏をゲットしたので(夜スーパーにいったら、2800円→500円でした!!)今日はうちもローストチキンです。

投稿: ようちゃん | 2008年12月26日 (金) 15時03分

こんにちは♪
クリスマスパーティ、過去記事からずらりと拝見させて頂きました!とぉっても素敵です。美味しそうですし、どれもtottoさんの愛情を感じます(涙)。オニオングラタンスープの「削り節」という表現、妙に説得感あふれていて納得です~!飴色まで炒めた玉ねぎはまた格別のごちそうですね。それにこの美味しそうなチキン、絶妙の焼き加減です☆マッシュポテトを中に詰めること。勉強になります…!!

投稿: kaz | 2008年12月26日 (金) 18時04分

tottoさん、こんにちは♪
オニオングラタンスープはこうやって作るのね!と、とても勉強になりました。
これはきっとご家族に大人気のスープなのでしょうね。

チキン、美味しそうな色ですね。お腹の中の中身もとても参考になりんました。
私も今回ポテトをマッシュして入れたのですが、ポテトはチキンととても相性が良いと思います。次の日に残骸(言い方が悪くてすみません)を煮込んでカレーにしても、中の具もカレーとの相性が良く、味も更に良くなるので。
来年はこちらの中身でチャレンジしてみようと思います。

投稿: あげママ | 2008年12月26日 (金) 22時36分

tottoさん
こんばんは、shingoです。ご無沙汰です。
何か我が家よりも美味しそうな・・・うちはチキン一発勝負ですから・・(笑)
今年はサーブしたところを撮ってみましたので覗いてください。

投稿: shingo | 2008年12月26日 (金) 22時42分

moo様

あはは、手を抜きそうな所、私も抜いてますねぇ。
X'mas 誰かが家に帰って来る間は作ろうと思いますが、毎年、今年が最後かなぁと思いながら作っています。

投稿: totto | 2008年12月27日 (土) 09時17分

ようちゃん様

サラダって名前付けちゃったのですものネ。 すみません。 マッシュポテトってしておけばいいかなぁ? 隠し味程度にマヨネーズを入れるって事もありなもので・・・・。

ようちゃん様はさすがに手早いのでw(゚0゚)wです。ローストビーフも捨て難いのです。あ~ディジョンのマスタードを付けて頂きたいわぁ。それを伺ったら、来年はローストビーフでもという気になりました。(笑)

ローストチキンのアップ、楽しみにしています。heart04

投稿: totto | 2008年12月27日 (土) 09時52分

kaz様

kaz様にそんなにお褒め頂き、嬉しいやら、恐縮です。

削り節、分かっていただけましたか! あの状態からスープに入れると戻るというのが不思議ですよね。

我が家、何せ、芋ねえちゃんがおりますもので(笑)。詰め物によっては好き嫌いがありますが、こちらなら 絶対なのです。

投稿: totto | 2008年12月27日 (土) 09時56分

あげママ様

オニオンスープは とにかくテフロン加工のフライパンが傷むのが難点なんです。使い古しを使います。

残骸(笑)、あげママ様カレーに全部お使いでしたか! 私は 他の用途にも使いましたので、マッシュポテトの詰めものは、カレー以外で残骸を使うのには不向きかなぁと思いました。

投稿: totto | 2008年12月27日 (土) 10時00分

shingo様(ちゃん)笑

お久し振り~。
ブログ 再開したのですねぇ。早く教えてくれれば良かったのに。

やっぱりブログのお友達って大切ですよね。私も、細々と続いているのはその方達のおかげです。

今年も叔母様のチキンを作らせて頂きましたよ~。(針もしっかり購入しましたし) まだまだ、熟練の域に達するには時間がかかりますが、(達するかどうかも・・・)1年に1度は作りたいですね。

投稿: totto | 2008年12月27日 (土) 10時05分

うわぁ、、、すごい~~。

オニグラとローチキ。
クリスマスフルコース・・・

すごいなぁ。

投稿: shin | 2008年12月30日 (火) 04時50分

玉ねぎを丁寧に炒めたオニオングラタンスープ。
この飴色玉ねぎを見ているだけで甘い香りがしてきそう…
オニオングラタンスープは我家の夫も大好物なので、
フランスパンを買ってくると決まって催促されますが、
器が今ひとつしっくりこないんですbearing
tottoさんのお宅の様にステキな器で頂くと、
きっと美味しさも一際ですね♪

投稿: saji | 2008年12月31日 (水) 00時17分

shin様

オニグラ・・・ なんだか お釜に入っていて、ツノが横から見えていて、グラグラ煮え立ったスープを想像しちゃいますねぇ。

どうも ファット、ファットなメニューになってしまいましたー。

投稿: totto | 2009年1月 3日 (土) 00時07分

saji様

この器、ココット皿の一番小さいの。
始めは近所の食器屋さんで見つけたのですが、一つ、二つ、割ってしまって、ネットで注文したんですよー。
色々食べる時には 普通のスープ皿はそれだけでお腹一杯になっちゃいますものね。

投稿: totto | 2009年1月 3日 (土) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/26496269

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスパーティー 2008 パートⅢ(オニオングラタンスープ・ローストチキン):

« クリスマスパーティー 2008 パートⅡ(前菜2種 自家製ホタテのテリーヌ・スモークサーモンのマリネ) | トップページ | クリスマスパーティー 2008 パートⅣ(クラシック ガトーショコラ・かぼちゃのキャラメルアイスクリーム) »