« クリスマスパーティー 2008 パートⅣ(クラシック ガトーショコラ・かぼちゃのキャラメルアイスクリーム) | トップページ | 新年早々・・・・ »

ロールケーキ(キルシュトルテ風)

Img_4361c

あけまして おめでとうございます。

年末に バタバタ 急に忙しくなってしまい、クリスマス料理から更新せず、ご心配頂いてしまいました。 私は元気です。

3ヶ月は続けようと思い 始めたブログも 2度目の新年を迎える事が出来ました。

温かいコメントにどんなに励まされたか分かりません。  

見てくださっている方、有り難うございます。 そして どうぞ 本年も宜しくお願い申し上げます。

 

さて、 昨年は ほんの少しのおせちを作り、写真を撮る余裕もなく 年が明け、

1日の夕方より 実家に1泊してきました。

毎年 実家では 両親、私の姉妹、その家族、が集まります。

私も いつも 何かしら作って持って行くのです。

 

今年は

手づくり蒟蒻のフライ について

 実は、以前 実家が手づくり蒟蒻を頂いていたので、「フライにすると美味しいから作ってあげる」 と言う私を断って、母が作ったところ 「不評だった」 そうです。

我が家では 揚げたら揚げただけなくなってしまうほど好きなのですが・・・・。

お友達に差し上げても お世辞半分でしょうが、結構喜んでもらえたのですが。

そこで、 リベンジのつもりで 作って行きました。

お蔭様で、全て無くなりました。 これなら美味しいという言葉をもらいました。

 

牡蠣のオイル漬けについて

お酒のおつまみにとても良く、多分父も好きだろうと持って行きました。

食事が始まって、しばらくした時に、出しておいた牡蠣を、

誰かが、「これは美味しいよ」 と言い始め、手が伸び始めたところで、

黙って食べていた父が 

「おい、それは 俺に持って来たものだから、残しておいてくれよ」 ですって。

 

ロールケーキ(キルシュトルテ風)

クリスマスに残ったサワーチェリーを使って 私の好きなキルシュトルテ を 持ち運ぶのに便利なようにロールケーキにしました。 これなら焼いた時に使った クッキングシートを巻いて、更にラップで包んで行けばOK。

 

材料 

  • 米粉 ・・・ 35g
  • ココアパウダー ・・・ 15g
  • 牛乳 ・・・ 90g
  • 無塩バター ・・・ 30g
  • 砂糖 ・・・ 80g
  • 全卵1個 + 卵黄3個分
  • 卵白 ・・・ 3個分
  • 生クリーム ・・・ 200ml
  • 砂糖 ・・・ 大匙2
  • サワーチェリー ・・・ 適宜
  • キルシュワッサー ・・・ 適宜
  • お好みで チョコレートを削ったもの ・・・ 適宜

スポンジ生地

  1. オーブンを200℃にセット。
  2. クッキングシートの四隅を折り、30cm×30cm×3cmの箱型にする
  3. フードプロセッサーに 米粉とココアパウダーをふるって 入れる。
  4. 小鍋に牛乳・・小さく切ったバターを入れ、バターが溶け、かるく沸騰したら、フードプロセッサーに一気に注ぎ、生地が水分となじむまで回す。
  5. 次に、卵黄+卵 を1個づつ入れ、その度に回し、生地がなめらかになるまで回す。
  6. 大きめのボールに塩一つまみ(記載外)を入れた卵白を泡立て、全体が泡立ち始めたら砂糖を加え、角がピンと立つしっかりしたメレンゲにする。
  7. 卵黄を入れた フードプロセッサー に泡立てた卵白の1/3量を入れ、さっと回す。
  8. 泡立てた卵白のボールに フードプロセッサーの生地を流し、泡を潰さないように均一になるまで混ぜる。
  9. 天板に敷いたシートの上に生地を流し、平らにする。
  10. オーブンを190℃に下げ、約15分~18分焼く。(上面にうっすらと焼き色が付くまで)串を刺して何も付いてこなければ焼きあがり。
  11. シートを付けたまま冷まし、乾燥しないように上からラップをかけ、冷蔵庫で冷やす。
  12. サワーチェリーは好みの甘さに煮て、水で溶いたコーンスターチでとろみを付ける。
  13. 生クリームに砂糖を加え、8分立てにする。
  14. 冷えた生地から紙をそっと剥がし、焼色が付いている方を上にして、泡立てた生クリームを塗り、サワーチェリーをのせ、クッキングシートを持って、簀巻きの要領で巻く。 クッキングシートで包んだ上から更にラップで被い、冷蔵庫で冷やす。
  15. 切り分けた後、お好みでチョコレートを削って飾る。 

   

|

« クリスマスパーティー 2008 パートⅣ(クラシック ガトーショコラ・かぼちゃのキャラメルアイスクリーム) | トップページ | 新年早々・・・・ »

コメント

あけましておめでとうございます!

今年も美味しい物沢山教えてくださ~い

投稿: Lee | 2009年1月 3日 (土) 11時08分

明けましておめでとうございます
旧年中はtottoさんにいつも暖かいコメントをいただきありがとうございました。また、tottoさんの食に対する姿勢やお友達に対する姿勢などいろいろなことを学ばせていただきました。
今年もよろしくお願いいたします。

キルシュトルテというのは、どういうクリームなのでしょうか?興味深々です。

お父様、牡蠣がお好きなんですね。確かtottoさんは末っ子でしたっけ?きっと末娘の作ってくれるお料理はとても美味しいのだと思いますよ♪
いつもお写真を拝見させていただいておりますが、美味しそうですものね。

投稿: あげママ | 2009年1月 3日 (土) 12時57分

tottoさん、あけましておめでとうございます♪
旧年中は大変お世話になりました
ありがとうございました。

お料理が好きでとても上手なtottoさんのブログ。今年も楽しみにしています!!

お父様の「それは俺の~」発言がかわいくって。
初笑いさせていただきました☆

投稿: marumi | 2009年1月 3日 (土) 17時31分

明けましておめでとうございます!昨年は美味しいレシピにとてもお世話になりましたm(_ _)m印刷して、台所で見ながら作っていました(^^)もう、盛りつけも、たぶんお味も全然違うと思うのですが、(;^_^A アセアセ・・・楽しませて頂きました♪今年もよろしくお願い致します!なんとかブログ復帰することが出来ました(^^;)

お正月らしい華やかで上品なスキンがお料理を一段と引き立てておいでのような・・ご実家に行かれていたのですか♪楽しい一時をご家族で過ごされたことと思われます!ほのぼのしたエピソードが楽しいです(^^)蒟蒻のフライですか!きっとコツがおありなんでしょうね!

ロールケーキもおいしそう!!丁寧な手作りなレシピ、、凄いな~って拝見しました!温かいお気持ちがたっぷり詰まっていそうですね(^_^)v

投稿: haru | 2009年1月 3日 (土) 19時20分

tottoさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

最近でもないけれど、フードプロセッサを手に入れた私。使いこなせなくて悩んでいたのですが、
tottoさんのこのレシピ見て、このように使えば言いのかーと、参考になりました。
tottoさんのレシピってフープロが上手に使われているんですよね。
これからも楽しみにしてます。
ところで、フープロでメレンゲ作るのは大変ですか?この間作ったらメレンゲの量がハンドミキサーで作るよりも固くならなかったんですよ。
それともフープロを回す時間がまだ足りない?
tottoさんをこれから質問攻めにして行くかもしれませんがヨロシクです。

投稿: manggisk | 2009年1月 3日 (土) 22時30分

Lee様

あけましておめでとうございます。

東京にいらっしゃる時があったらどうぞお声をかけてくださいね。
今年も昨年同様香港情報を教えてくださいますようにお願い致します。

投稿: totto | 2009年1月 3日 (土) 23時26分

あげママ様

あけましておめでとうございます。 こちらこそどんなにあげママ様のコメントで」励まされたか分かりません。今年も変らずお付き合いお願い致します。

私は末っ子と言う事もありますし、経済的には父にかないませんので、手づくりの物をお歳暮代わりに持って行っております。父も段々私が行く時には何か食べものがあるだろうと期待しているようなのです。もちろん母の作ったものが一番好きなのですが・・・・・。

キルシュトルテのクリームは 生クリームです。キルシュワッサーというさくらんぼのお酒を少しスポンジあるいは生クリームやサワーチェリーに入れます。 お子ちゃまが召し上がる場合にはほんの少しにしてください。

投稿: totto | 2009年1月 3日 (土) 23時30分

marumi様

あけましておめでとうございます。 
こちらこそ昨年同様お付き合いの程宜しくお願い致します。 なかなかダー様作のイタリアンは本格的過ぎて、真似出来ませんので、ただただ指をくわえて拝見し、幸せな気分を味わっております。

いくつになっても食に対する執着はあるようです。私も父に似たようです。(笑)

投稿: totto | 2009年1月 3日 (土) 23時33分

haru様

あけましておめでとうございます。
ブログ復帰、私もとても喜んでいる一人です。
今年も変らぬお付き合いの程お願い致します。

素敵なお写真、また拝見できるのかと思うと毎日更新されるのが楽しみです。

haru様が休止中、蒟蒻芋からの手づくり蒟蒻に夢中になり、フライが気に入ったのです、コツも何もただただ水分を少なくしてひたすら練るだけなんですよ。 市販にはない美味しさなので、嵌っています。

投稿: totto | 2009年1月 3日 (土) 23時42分

manggisuk様

あけましておめでとうございます。
偶然ですね。チョコレートロールケーキのスフレタイプをお作りでしたなんて。
この生地を作り始めると、他の生地とは一味違って、止められなくなりますよ。

おっしゃるとおり、どのフープロでも生クリームまでは泡立てられるものがあっても 卵白となると厳しいようです。確か、フープロの比較本を見た時にそう思いました。
そして、卵白の泡立ては他の水分や油分を嫌いますし、単独で泡立てるとなると、一度洗う事になるので、ここはやはり別のボールで立てた方が無難な気がします。

分からない事の方が多いと思いますが、一緒に覚えられますので、質問攻めは大歓迎です。お気軽にどうぞ。 

投稿: totto | 2009年1月 3日 (土) 23時54分

明けましておめでとうございます。
昨年はtottoさんのブログから沢山のレシピを参考にさせて頂いて
ホントに感謝感謝です♪

帰省されたご実家の様子…和やかな雰囲気が伝わってきますね
私も牡蠣のオイル漬け食べてみた~い
美味しいものはみんなを笑顔にします。
tottoさんのサブタイトルの意味をつくづく実感。
今年も宜しくお願い致しま~すm(_ _)m

投稿: saji | 2009年1月 4日 (日) 23時54分

saji 様

あけましておめでとうございます。
こちらこそ、いつも 凄いエネルギーに圧倒されて、私も頑張らなくっちゃって思わせて頂いております。

いやー、オリジナルは数少なく、ほとんど教えていただいたものなんですよー。(^ ^;Δ

まだまだ、作って見たいものがあるので、美味しかったらご紹介します。 だんだん自分の味になって行けば良いんですけどね。

投稿: totto | 2009年1月 6日 (火) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロールケーキ(キルシュトルテ風):

« クリスマスパーティー 2008 パートⅣ(クラシック ガトーショコラ・かぼちゃのキャラメルアイスクリーム) | トップページ | 新年早々・・・・ »