« 理研のノンオイルスーパードレッシング 青じそで 菜花と海老のおひたし | トップページ | 蕪のオーブン焼 »

お餅入り油揚げのふくめ煮

2009_02_12_013

私にしては、久し振りにブログを更新できた気がします。

その間、心配してくださった方、申し訳ありませんでした。そして有り難うございます。

 

さて、お正月から残っているお餅が冷凍庫にありませんか?

 

こちらは、稲荷揚げにお餅と 何種類かの材料を入れて、お醤油味のお出汁で煮たものです。 

今日は、こちらをメインにするつもりでしたので、家にある、豚の薄切り肉やお豆腐、蕪を加えてお鍋風にしてみました。

 

何故か、我が娘 お餅が嫌いなのです。 どうして????

あんこ=お餅  なのか、 唯一食べるのは お餅のバター醤油チーズ焼。(笑)

こちらも お餅を除いて食べます。weep  まあ、好きに食べなさい。 

 

冷蔵庫整理も兼ねて、もしよろしかったら作ってみてください。

 

2009_02_12_019

2009_02_12_010c 材料(4人分)

  • 稲荷揚げ ・・・ 4枚
  • お餅 ・・・ 2~4個
  • 削り節 ・・・ 2パック
  • 舞茸 ・・・ 1/4パック(お好みのきのこ)
  • カイワレ大根 ・・・ 1/2パック
  • 醤油 ・・・ 適宜
  • 麺つゆ ・・・ 適宜
  • お好みで 豆腐、豚の薄切り肉、蕪など

作り方

  1. 削り節にお醤油をかけ混ぜておく。
  2. カイワレ大根、舞茸は食べ易い大きさにする。お餅は1個を2等分~4等分にする。(お餅の大きさにより、稲荷揚げに余裕を持って入れられるくらいの大きさ)
  3. 稲荷揚げは さっと湯通しし、半分に切り、口を開け、その中にお餅、舞茸、削り節、カイワレ大根を入れ、口を楊枝で止める。
  4. 豆腐、蕪、豚肉 など、お好みの大きさにする。
  5. 鍋に水と麺つゆを入れ、煮立ったら、豚肉、を加えアクを取る。 稲荷揚げを入れ、さっと煮たら、豆腐、さらに蕪を加え、好みの固さになるまで煮る。

 

 

|

« 理研のノンオイルスーパードレッシング 青じそで 菜花と海老のおひたし | トップページ | 蕪のオーブン焼 »

お惣菜」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
今まで、コメントはせずにこっそり伺っておりました。
いつもおいしそうなお料理と、丁寧で暖かな日常の日記を楽しみにしていたファンです。

おあげとお餅・・しっかりうちにもお餅が残っておりますので、
(そして冷蔵庫を開けるたびに気になっていた)
早速作りたいと思います。

・・・
若輩者の私がおこがましいですが、
小さい文字の文章、とても心に響きました。
tottoさん、潔くてすてきだなぁと。

春にならない冬はないです。

なんだかとりとめがなくて申し訳ありません。

えっと、これからも楽しみにしています♪
でも、がんばりすぎず、マイペースでいらしてくださいね。

突然すみませんでした^^;

投稿: pelota | 2009年2月26日 (木) 12時51分

こんにちは。
こちらでは、お久しぶりです。
tottoさん。
人生に無駄な事は何一つありませんよ。
必ず、何処かでプラスとなって返ってきます。
今は気づかなくても・・・。
前向きに歩いて行きましょう!

tottoさんのお料理は、優しさが沢山詰まってて大好きです(*゚ー゚*)

投稿: タバスコ | 2009年2月26日 (木) 13時38分

あ~~~~~

これもう少し早く見たかった・・・

独shin生活エンジョイ中のshinが、まず最初に手を付けたのが・・・切り餅。

さてどうしよう。と考えたトコでなにも思い浮かばず。

なんてこたぁないオーブンで焼いただけ。

しかもしかも、ぷく~~っとふくれて中から出てきたお餅は網にくっついちゃうし、、

その網は取り外しできないし。

おまけにおまけに・・・・シリカゲルの小さな袋がお餅の裏にぴたっとくっついたまま焼いちゃったのもあって、、、

なんだかビニールが溶けた跡が・・・

あ~~もう~~。

泣ける~~。

投稿: shin | 2009年2月26日 (木) 15時30分

美味しそうです~heart01

私も自分や兄の受験の時の事を懐かしく思い出しました。
今では良い思い出ですよ(笑)

投稿: Lee | 2009年2月26日 (木) 21時35分

お餅が入った巾着大好きです。お出汁がしみて
とろとろでたまらないですー!自分で作るなんて
おもいもしなかったですけど作ってみようかな。

(ところで tottoさん、情けなくないですよ!!お子さんのことで落ち込んだりするところも、素敵だなあと思います。私もいつかtottoさんのようなお母さんになれたらいいなあと思います!ま、いつになるかわかりませんが…。coldsweats01

投稿: ようちゃん | 2009年2月26日 (木) 21時59分

我家でもお正月にはお餅をつくのに…
夫の親戚へ挨拶回りで各家でついたお餅をお土産に持たされてsweat01
最近では餅ワッフルにしたりと工夫していますが、
なかなか減らないんですよね~
このメニューgoodです。
早速お友達を呼んで餅鍋パーティでもやろうかしら~。
tottoさんのお料理を拝見すると、
いつも「そっかぁflair」←のような心持ちになります。
お料理で人をこんな気持ちに出来るって素敵なことhappy02
tottoさんの気持ちも早くflairになりますように!

投稿: saji | 2009年2月26日 (木) 23時41分

totto様、こんばんは。
ワタシも浪人経験者。それも自分に甘くて、次の年はレベルを落としちゃった口です。
でも、今はそれでよかったと思っています。
経験も人生の一部です。
お母様が自分に真剣に向き合ってくれてる・・・いいお母様ですね。

投稿: moo | 2009年2月27日 (金) 00時47分

こんにちは♪
お餅が立派な主菜になりましたね…!もち巾着はするものの、他の具材と一緒に合わせて煮込まれるところがとても良いアイディアだと思います。お餅、我が家は反対に皆お餅大好きで(汗)正月早々になくなりました☆
子を思う母の気持ちがとっても伝わってきました。
今回の経験を通じて、努力してきたことが自分自身の人生の土台となっていくことを時間の経過とともに感じて頂ければと思います。tottoさんのお料理でお子様もお母様の愛情をさりげなく感じ取っていることでしょう!私も娘が受験に向かう際には、tottoさんのような母親でありたいと思います。

投稿: kaz | 2009年2月27日 (金) 10時05分

pelota 様

お優しいお言葉有り難うございます。そして、ご覧頂いていたなんて、とても嬉しいです。

そうですよね、春は来ますよね♪

perota様のブログを拝見して、とても品のあるお料理の数々に驚き、またお酒にお詳しい様で、自分のブログが恥ずかしくなってしまいますが、どうぞこれからもお付き合いくださいますようにお願い致します。

投稿: totto | 2009年2月27日 (金) 13時05分

タバスコ様

。゚(゚´Д`゚)゚。あ~ん

私はダメ母ですねぇ。 もっと大変なタバスコ様に励まされてしまいましたよ~。

前向きに、前向きに。

投稿: totto | 2009年2月27日 (金) 13時15分

shin様

独shin生活でしたか! ねずみに引かれませんでしたか?

お餅って、小包装を切らなければ長持ちしますものねぇ。 私なんて、(自慢じゃありませんが)一昨年のひな祭りのお餅を最近食べましたよ。(とうに期限切れですが、何でもなかったですもん )(;´▽`A``

ここの所で shin様のお鍋出てましたが、それに加えてもよかったですねぇ。
お出汁で煮て、ぽん酢で頂いてもいいですもの。残念!

投稿: totto | 2009年2月27日 (金) 13時24分

Lee様

過ぎてみれば、良い思い出になった・・・・そうなるように、まだゴールじゃないんです。過渡期なんですよね。これからどう生きるか この経験を糧にしてもらいたいと願うばかりです。

投稿: totto | 2009年2月27日 (金) 13時27分

ようちゃん様

とんでもないですよー。 年だけ取っても大人になれない、いつもオロオロ、じたばたしているダメ母なんです。 母は強くなくちゃ ですね。

そうかー、巾着って言えばいいのですね。お料理の題名思い付かなくて困っちゃいましたよ。(笑)

投稿: totto | 2009年2月27日 (金) 13時32分

saji様

それはそれは 贅沢なお悩みで こちらとしては 羨ましいですねぇ。 ご家庭で搗かれたお餅は 水分が少なくて さぞ美味しいことでしょう。


いつも「そっかぁ」・・・・そのように言っていただけて、とても嬉しいです。 自分ではいつも変り栄えしないお料理で、こんなの見ていただいて申し訳ないかしらと日頃思っていますので。 温かい励ましのお言葉有り難うございました。crying

投稿: totto | 2009年2月27日 (金) 13時40分

moo様

有り難うございます。
きっと、苦い経験をしただけ人の心の痛みが分かる人になってくれるのじゃないかと、
くじけないで、 moo様のように 「良い経験だった」と言える日が来る事を信じています。

私も そろそろ ベソベソ、グジグジしている ダメ母から脱出しなくちゃです。happy01

投稿: totto | 2009年2月27日 (金) 13時46分

kaz様

お揚げの中に kaz様でしたら、もっと素敵なアイディアが出てきそうですね。

私は、ダメ母の見本のようなものです。 いつもどーんと構えて 何があっても大丈夫と言ってやれる位の母になりたいなぁ。

投稿: totto | 2009年2月27日 (金) 13時52分

こんばんは。お餅、、実は苦手な私です。あんこ餅を一つ食べるくらいでしょうか。。。
しかし、娘には、お餅でピザとか作らない??なんて言われちゃってます。あ、、おつまみに
お餅料理がいいみたいで、、考える様にとのお達しでしたから。
久しぶりのブログ、、、お餅繋がりで嬉しいなっと、、、メモメモしております。蕪が無い時はお大根でもいいかしらって、、沢山の戴いたお大根を眺めつつです。(*^_^*)
美味しい物を戴くと元気が出そうです。

投稿: sankanjinママ | 2009年2月28日 (土) 00時34分

sankanjinママ様

蕪でもお大根でも お野菜お鍋に入れるなら何でも大丈夫です。
もし、お大根がたくさんあって、お餅をお使いになるのなら、 揚げ餅(素揚げ)で、揚げだし豆腐のようにして召し上がっても美味しいですよ。摩り下ろした生姜を加えても。 まるで居酒屋ですけど。

投稿: totto | 2009年2月28日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/28372368

この記事へのトラックバック一覧です: お餅入り油揚げのふくめ煮:

« 理研のノンオイルスーパードレッシング 青じそで 菜花と海老のおひたし | トップページ | 蕪のオーブン焼 »