« 大豆からのお豆腐 | トップページ | チャレンジ Ⅰ 副産物のスープ (とりはむ より) »

おからの洋風炒り煮

2009_05_27_008c  
 

昨日作ったお豆腐の 副産物 「おから」

どうやって1品作ろうか???

 

この おから 我が家のヤングたち いつも食べてくれません。

まぁ、年寄りだけで食べればいいか!

 

しかし、何か いつもと違う方法はないものかと、考えていた矢先、ブログ トンクッキングの ton様が 「洋風っぽいおから」 として、ベーコンと一緒に炒り煮をされていらっしゃいました。

そして、最初に 「 おからは 水でもみ洗いする 」 と教えてくれました。
 
 

先日作った「卯の花」 の時にも 検索すると 水洗いする方、しない方がいらっしゃるようで、いったいその効果は????
 
ton様に質問すると 即 お知り合いのpegu様 のブログの リンク を貼って、お返事をくださいました。

それによると、水洗いをすることで アクやエグミを取るとのことです。

そして、最初によーく 煎り付ける事が大事 だそうです。

 
され、味付けですが、オーソドックスな卯の花はそれで魅力的ですが、今回は ton様のアイディアを少しお借りして、ベーコンを入れて、甘みを抑えて、ブイヨン味で炒り煮してみることにしました。  ところどころ ton様がリンクを貼ってくださった pegu様の作り方のコツを参考に。
 


まず、帰宅した娘が お鍋を覗いて、
「これなら食べられそう」

そして、遅く帰ってきた息子
「これ、うまいよ。」

えー、今まで 娘はお残し、息子は嫌々食べていたのに・・・・。

‘おから特有のにおい’ がないようで、今回のは 二人ともペロリ。
なんだか良くわからないけど、良しとしましょう。

 

材料

  •  おから ・・・ 200g
  •  ベーコン(細切り) ・・・ 80g
  •  長ネギのみじん切り ・・・ 10cm
  •  干ししいたけ ・・・ 2枚
  •  ごぼう(スライスして細切り) ・・・ 8cm
  •  固形ブイヨン ・・・ 1個
  •  めんつゆ ・・・ 大匙

作り方

  1. 鍋に サラダオイルとベーコンを入れ、炒める。 さらに長ネギと干ししいたけを入れ、炒め、おからを投入し、よーく 煎り付ける。
  2. ひたひたくらいの水とブイヨンを入れ、蓋をしないで 混ぜながら煮る
  3. その間に小鍋にごま油を入れ、ごぼうを炒め、めんつゆを加え、少し濃い目に味をつける。
  4. ごぼう をおからに加えて、水気がなくなるまでかき混ぜながら煮る。

 
 

|

« 大豆からのお豆腐 | トップページ | チャレンジ Ⅰ 副産物のスープ (とりはむ より) »

副菜」カテゴリの記事

コメント

tottoさんにわたしのアイディアが採用してもらえるなんてすごく嬉しいです☆
感激です!
今日は1日ウキウキ気分でいれそうです。
ありがとうございます。

投稿: ton | 2009年5月28日 (木) 09時42分

私はおからも納豆もあの独特の匂いが好きですよ~^^
卯の花といえば、いつも同じ味付けになってしまうところ…
洋風な味付けだとスパゲティーやカレーの副菜にもgoodですね。

投稿: saji | 2009年5月28日 (木) 17時53分

こんにちは♪
大豆からお豆腐を作られたんですね。
素晴らしいです。美味しいですよね。
病み付きになりそうですが、手間隙考えると大変でそう年中は作れませんが・・・。
そして、おから!洋風味は子供達が喜びそうです。
我が子の場合、見た目も大切なのでベーコンなど入っているとすぐに箸が進んでくれそうです。
今度チャレンジしてみます。

しかし、tottoさんはお仕事から帰られてこのような手の込んだものを作るので素晴らしいです☆
私なんて、先ほど父が来て「お前の家のご飯はなんだこりゃ!?」と言われてしまいました。

投稿: あげママ | 2009年5月28日 (木) 19時29分

ton様
こんばんは♪

こちらこそ、素敵なアイディア有り難うございました。そして素敵なホームページもご紹介頂いて。

我が家のヤングに 思いがけず好評で ビックリしています。

投稿: totto | 2009年5月28日 (木) 20時25分

saji様

独特なにおい と言っても 私のおからは炒り方が足りなかったようで、ちょっと青臭かったのかもしれません。なにせ、うの花も大人になってから好きになったので、そんなに多くは食卓に上っていないのです。

ton様がご紹介くださったブログで少し上手になった気がします。

投稿: totto | 2009年5月28日 (木) 20時29分

こんにちは♪
おからを洋風でアレンジ、ベーコンの脂がおからに染みて美味しそうです。おからで卯の花の他、ドーナツやクッキーを作ったことがありますが、まだまだ私の中ではレパートリーが少ないもので…参考になります☆

投稿: kaz | 2009年5月28日 (木) 20時31分

あげママ様

こんばんは♪

いえいえ、毎日の仕事ではないですし、不規則なので、ちょうど今週は家の事をする時間がたっぷり取れたのです。 仕事の後はそそくさとお夕飯を作るので精一杯です。(^ ^;Δ

またまたベーコンを使ってしまいましたが、甘辛ではないブイヨン味もたまにはいいかもです。

投稿: totto | 2009年5月28日 (木) 20時34分

大豆からお豆腐もおいしそうでしたが、
このおからもきっとおいしいのでしょうね~❤

それにしても、おからを洗うなんて、びっくりです!
私もお料理のときはそう気にならないですが、
お菓子に使う時などに使える技ですね~。
ありがとうございます!!

投稿: pelota | 2009年5月28日 (木) 21時08分

kaz様
こんばんは♪

何をおっしゃいます。ドーナツやクッキーなどお菓子に広げていらっしゃるのは素晴しいです。
私は 上手に作る自信が無いので これでやっと2品めですぅ。

きっとkaz様のお作りになった美味しいお菓子を頂いたら、私もおからでお菓子作りに挑戦したくなるのだろうと思います。heart04

投稿: totto | 2009年5月28日 (木) 22時05分

pelota様

そうなんですよね。
洗うと、うまみも逃げてしまうようで戸惑っていましたが、いざやってみると これがうなずけるものでした。
きっと普通のうの花も コツに注意して作ると 美味しいと思います。 
私も知る事が出来て嬉しいです。happy01

投稿: totto | 2009年5月28日 (木) 22時08分

おからの匂い…私は好きですけど、ずっとだと
あきるかも。
皆さん、ベーコンを入れたりいろいろ工夫されるのが
すごいですね。

ところでうちの近くの豆腐屋さんのおから
で作るとあんまりおいしくないのですが
先日夫が買ってきたどこか地方のおいしい豆腐やさんのおからはすごく味が濃くておいしかったのです。

お豆腐の作り方とか違うんでしょうかねえ。


投稿: ようちゃん | 2009年5月29日 (金) 01時20分

tottoさま、こんばんは

おからを洗う、しっかり煎る・・・
手間をかけることによって美味しく仕上がるんですね~
いいこと聞きました。ありがとうございます!

投稿: moo | 2009年5月29日 (金) 01時34分

ようちゃん様

やっぱり お豆腐はおくが深いのだと思います。 美味しいお水とか、大豆の種類だとか、作り方とか・・・。

美味しいお豆腐屋さんのは それだけで食べたくなりますから。

既にギブです。(笑)

投稿: totto | 2009年5月29日 (金) 14時59分

moo様

又聞きですが、一手間ですねぇ。

そうそう、今回は薄皮も剥いていますので、ボソボソ感も少なかったです。

投稿: totto | 2009年5月29日 (金) 15時01分

遅くなってすみません(^-^;)
遊びに来てくださったんですね)))
洋風おからかぁ~)))
うっまそやなぁー・・・;.:*:・°
私はもっぱら和風がほとんどなんですよぉ;

うちでは遠い昔から・・・
おから、洗うんですよ(笑)

又寄らせてくださいね)))

投稿: こんにちわ(^m^*) | 2009年5月30日 (土) 19時33分

お、ヤングチームにウケるおからの登場ですか~。
作り方を読んでてヨダレが思わずじゅるっと・・・・

ヤングなおからはオールドチームにもウケたんでしょうか?

笑)

投稿: shin | 2009年5月30日 (土) 21時25分

pegu様

その節は有り難うございました。

お豆腐の揉み洗い、するべきかどうか悩んでいた事がありましたので、訳を知ってこれからそうさせて頂きます。 和食は私の苦手分野ですので、ブログを拝見して 少しは上手になりたいと思います。今後とも色々教えて頂きたいと存じます。そしてリンクを貼ってしまいました事、事後承諾で申し訳ありません。

投稿: totto | 2009年6月 3日 (水) 17時15分

shin様
オールドチームは普通に食べてくれました。

未だにヤングに受けた理由が分からないのですが、まあ、良しとしましょう。

投稿: totto | 2009年6月 3日 (水) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390960/29827173

この記事へのトラックバック一覧です: おからの洋風炒り煮:

« 大豆からのお豆腐 | トップページ | チャレンジ Ⅰ 副産物のスープ (とりはむ より) »