« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

おこげ

Img_7812ad

何度か 作っていたんです、「おこげ」。

平野レミさんのレシピなどで・・・・。

 

でも おこげ自体が上手く出来なくて、もっぱら 市販のおこげ(オーブントースターで焼くだけのもの)を使っていたのです。

今回も 家に材料があったので、「おこげ」を買いに行ったのですが、見つからず。

困ったなぁ。

そしたら、運良く、テレビで 冷凍したご飯を使っておこげを作っているのを放送していました。

 

Img_7818ad どれどれ、と、ご飯をラップに薄く広げて、冷凍する事約2時間。

カチカチになったのを パリパリと割って、高温の油で揚げてみました。

すると、固すぎない、美味しい「おこげ」に。

もちろん 五目餡をかけた時の 「ジュー」 という音と共に。heart04

 

 

 

公園に咲いていた 「リンドウ」 です。

お花屋さんで見る 「リンドウ」 は切花用に茎が長いのですが、こちらは丈が短くて、へー、と思いました。

2009_10_01_014a

| | コメント (24) | トラックバック (0)

新蕎麦を食べてきました~  (一喜)

Img_7849ad

書いている今でも おなか一杯ですー。

 

職場の方から、一押しのお蕎麦屋さんを教えて頂きました。

早速 お友達を誘って、行ってみました。

 

場所は 住宅街の中で、知る人ぞ知る というような所にありました。

Img_7850ad コース料理のようなものはないのですが、お蕎麦は 二八蕎麦と十割蕎麦が選べます。

私は 本日のおすすめ 「帆立の天ざる蕎麦」

友人は 「天ざる蕎麦(えび)」で、 お蕎麦は 写真でお色が分かるでしょうか?

二八と十割を半々でお願いしました。

新蕎麦って、香りがいいのですねぇ。 お蕎麦も奥が深いと今日実感。

どちらのお蕎麦もコシが強く美味しかったのですが、やっぱり十割蕎麦が好きだわぁ~。

帆立も大きいのが3つも。(写真では比べるものがなくて ちと わからないですね。(^ ^;Δ) そして、エリンギ、紫いも の天ぷらが出てきました。

 

お蕎麦って 少な~い って何時も思うのです。 今回も お蕎麦の量は、やっぱり多くなか!と思いましたが、食べてみたらボリュームが凄くて、お腹がいっぱいです。

来月は 以前に行った 「ほしの」 に 行ってきます。 どのくらい違うものなんでしょう? 今から楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年もまた こんにゃくのフライ

Img_7843ad

もう直ぐ11月ですねぇ。

ちょっと前まで半袖を着ていたのに、今ではもうセーターを着ています。

もう少し、薄い長袖の時期が長くあればいいのに。

 

そろそろ、下仁田で、コンニャク芋の注文が始まります。

早速予約注文を入れたのですが、

な、なんと、その前に、

蒟蒻芋が手に入ったのです。

 

仕事先で、蒟蒻の話になって、

「自家製こんにゃくのフライが美味しいんです。」と言いましたら、 

「家の畑にあったなぁ」 と 持ってきて下さったのです。lovely

 

明日の出勤時に持って行きますので、

昨晩、こんにゃく にして、

今晩はたくさん フライを作ったのでした。

下味を付けたこんにゃくをフライにして、ぽん酢醤油でいただきます。

 

もちろん、我が家で真っ先に頂きましたー。

みんな、笑顔です。happy01

ご馳走様でした。delicious

 

作り方は こちら

| | コメント (20) | トラックバック (0)

紅玉林檎のケーキ、クルミ入り

Img_7819ad

こちら、私の大好きな紅玉で作る林檎のケーキ。

シナモンとバターがたっぷり入った、しっとりしたバターケーキのようなスポンジです。

 

先日、ブログ「釣きち親父とポケッと女房」のポケッと女房様が作っていらした「林檎のケーキ」の中に、くるみ が入っていて、美味しそうでしたので、早速、今回はクルミ入りに。

 

もうすぐ 中間テストが始まる娘、翌日はお友達と近所の学習室へ行く事に。

娘 : 「お昼はお外で食べようかな?」

私 : 「お友達と家で食べたら?」

娘 : 「かあさんなら 言うと思った。 友達に聞いてみる。」

  

この「かあさんなら・・・。」

“私なら お外で食べるのはもったいないので 家で食べなさい と言う”  という意味のようです。(要するに、私はケチ???)

 

翌日、一旦お昼を食べに戻った娘達、

たらこパスタにサラダ、そしてこちらのケーキと紅茶。

娘は 林檎のケーキが気に入らない。

彼女は、「タルトタタンが食べたいなぁ、アップルクランブルでもいいなぁ。 林檎のケーキはちょっと食べればいいんだよね。」

・・・と半分私に食べ残しを寄越す。

お友達 : 「あ~、もったいない」

私 : 「ん? よかったら おかわりあるよ。 どのくらい食べられる?」

お友達 : 「今と同じ位お願いします。」

まぁ、なんて可愛いんでしょう。娘の代わりにたくさん食べてくれました。delicious

 

因みに、娘、文句を言いつつ、朝昼晩と毎回少しづつは食べているんですよね。

 

Img_7826ad 材料(21cm丸型)

  • 紅玉 ・・・ 2個
  • レモン汁 ・・・ 大匙1
  • 薄力粉 ・・・ 170g
  • シナモン ・・・ 大匙1
  • バター ・・・ 100g
  • 卵(L) ・・・ 3個
  • 甜菜糖 ・・・ 180g
  • クルミ ・・・ 30g
  • バニラエッセンス ・・・ 少々

作り方

  1. バターを器に入れ、ラップをかけ電子レンジ様子を見ながら溶かす。
  2. クルミをアルミホイルの上にのせ、オーブントースターでカリッと焼く。
  3. 型にバター(記載外)を塗り、強力粉をはたく。 出来れば底にパラフィン紙を敷く。
  4. りんごは芯と皮を除き、いちょう切り。レモン汁を混ぜる。
  5. オーブンを180℃に設定。
  6. 薄力粉とシナモンをあわせてふるっておく。
  7. 大きめのボールに卵を割りいれ、砂糖を加え、泡だて器で白っぽくもったりして、リボンがかけるくらいまで泡立てる。バニラエッセンスも加える。
  8. 泡立てた卵に粉をふるいながら入れ、泡を潰さないように混ぜ、りんご、バター、クルミの順に加え、その都度混ぜる。
  9. りんごを並べた型に流す。
  10. オーブンで約40分、竹串についてこなくなるまで焼く。

*  一日置いた方が味がなじんで美味しいようです。

  

 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

豚ロース肉のトマトクリームソース煮、唐辛子

2009_10_01_018ajpg

夫が数日熱があったものですから、お夕飯はお鍋ばかり。

食欲がなくて食べられなくても、最後にお雑炊にすれば、少しは食べられますし、栄養が凝縮されている気がしますので・・・。

 

そこで、快復した後は 娘の喜びそうな、

こちらのブログでも登場しましたが、「豚ロース肉のトマトクリームソース煮」

マッシュポテト添え。

 

こちら、お弁当に入れたり、

ソースとマッシュポテトを混ぜてサンドイッチにして朝食にも食べられます。

 

作り方は こちら

 

 

2009_09_09_002a_2  少し前の事ですが、お野菜屋さんで枝付きの唐辛子を見つけました。

去年 お友達が 家庭菜園で出来た唐辛子を干して下さったのですが、1年経っても赤々としていてとっても良かったので、私も作ってみる事にしました。

2009_09_09_066a_2 ザルはないので、いつもの干物用の干し網で。

あれ?

売っているたかの爪、緑の部分はなかったわ!

そうか、これを取り除いて、干した方が良かったのかも。

 

だから なかなか乾燥しなかったのかなぁ。

まぁ、出来たからいいとしましょう。

 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

白菜と豚肉の重ね鍋

Img_7720a

今、新型インフルエンザが大流行です。

近所の小学校も1週間の学校閉鎖中ですが皆様はいかがお過ごしですか?

 

そんな中、夫が先日出張から帰って来て、具合が悪いと言い出しました。

段々熱も上がってきて、38度に。

いつも熱に弱い夫は37度でもヒーヒーなのに、インフルエンザだったらどうしよう!

電話をして、近所の医院に行った所、インフルではないとのことでひとまず安心。

それから、熱が上がったり、下がったり。

今は快方に向かい、会社にも出勤しています。

 

熱がある時、出そうな時、風邪をひきそうな時、必ず作るのが、こちら。

  1. 白菜と豚肉を重ねて、食べ易い大きさに切って、
  2. お鍋にぎゅうぎゅうに詰めて、
  3. すりおろした大蒜、生姜を入れて、
  4. お酒をたっぷり、後はお水をひたひた位入れて、
  5. お好みでウェイパーをほんの少し。
  6. お肉が煮えたら出来上がり。
  7. 器によそって、お醤油を付けて頂きます。 

 

今日のお花は 公園に咲いていた可愛い白い小さなお花。(でも有毒だそうです)

イヌホオズキ(犬酸漿)ナス科

イヌと付くのは 役に立たないとか、本物より劣るという意味だそうな・・・・。

2009_10_01_040a

| | コメント (21) | トラックバック (0)

ふわんふわんな ご飯入り食パン

021ad

何年ぶりでしょう! 食パンを焼くなんて。

どうも 性格が大雑把な私にはパン作りは苦手。

 

それが、どうして??

先日 初めて こちらのブログにコメント下さった kirara様 。

ブログに遊びに行かせて頂いたら、ライス食パンというのを焼いていらっしゃいました。

え?? ご飯を入れちゃうの?

最近、食パンで好きなのが、○戸屋の 「国産小麦と米粉の食パン」
米粉ではなくご飯はどんなお味なのかしら?
・・と思ったら、面倒くささも何処へやら。

早速 レシピを検索すると、
クックパッドに ゆきらいんさんの「しっとり絹どけライスパン」がありました。
あらら~、なんだかいい感じ。材料もちょうど我が家にあります。

 

024ad ご飯を柔らかくしてお粉に混ぜるのですが、
水分量がいまいち分からない私は、
もう少し、もう少しと水分(牛乳)を入れすぎでしまったようです。
出来上がった生地は今までに無いゆる~い生地。
大丈夫かしら??と思いながらも、型に入れて、焼くこと35分。
ふわんふわんなパンの出来上がり~。 ご飯の粒が残っているはずなのに、食べていて、ぜんぜん分かりません。

いやぁ~、これまでにない 柔らかさ。
米粉で作ったのと比べて、もちもち感はありませんが、私にしては上出来の食パンでした。

昨日焼いたのに、今日はもう1切れしかありません。
早速、今もまた 焼いています。

| | コメント (19) | トラックバック (1)

メカジキのエスカベーシュ

Img_7597ad

こちらは 以前アップした 「インボルティーニ」の変形バージョン。

オリジナルではなく、こちらもイタリアンレストラン(ワインの立ち飲みが出来る所)で出てきたものの再現です。

 

「メカジキのインボルティーニ」だったのが、似た様な材料で 「メカジキのエスカベーシュ」になっていたり、参考になるような事がたくさんあって楽しいんです。

もちろん、気に入ったおつまみは 

「何が入っているのか おしえて~ 」、

「作ってみたけど、イマイチだったのよー、何が悪かったのかなぁ」なんて

味のヒントなど聞き出してしまっております。嫌な客かなぁ?bleah

 

Img_7593ad 材料と作り方(簡単に)

  1. メカジキ ・・・ 切り身を更に棒状に切り、塩をした後水気を拭き、胡椒と強力粉をまぶす。
  2. 玉ねぎ ・・・ 薄くスライス。
  3. レーズン ・・・ 熱湯に入れ、柔らかくする。
  4. フライパンにオリーブオイルを入れ、メカジキを両面色良く焼き付ける。
  5. 後のフライパンで玉ねぎを透き通るまで炒める。
  6. ボールに オリーブオイル、白ワインビネガー(または酢)、塩・胡椒、お好みで甜菜糖少々を 入れ、よく混ぜ、ドレッシングを作る。
  7. (6)に炒めた玉ねぎ、レーズン、松の実、メカジキを加え、和える。
  8. 温かいままでも、冷たくても。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

はらこめし

007ad

先日作ったいくらのしょうゆ漬け、

それからまだ間が空かないのに、また作ってしまいました。

 

今度は Lee様お勧めの はらこめし。
生鮭を一緒に炊き込んで いくらのしょうゆ漬けを上にのせて頂きます。

 

う~ん、 ほっかほかの白いごはんに のせて頂くのも、こちらも それぞれ美味しくて、どちらも捨てがたいお味。

 

009ad 「いくら は少し食べればいい」と言う娘は なんと、
いくら 無し の 鮭の炊き込みご飯を お茶漬け で食べたいと言います。
ふーむ、それもありですかねぇ。

 

今回 鮭の処理はこちら
生の鮭をそのまま炊く方法もありますが、少しでも生臭くなるのが怖いので、

  1. 生鮭を薄くスライス。
  2. 塩を振って30分。
  3. 水気をキッチンペーパーなどで拭いて、焼く。
  4. 醤油、みりん、酒、だし汁を入れて、沸騰させた汁の中に漬けて、一煮立ちさせる。
  5. 煮汁はご飯を炊く時の水に加え、上に切り身をのせて炊く。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

アップルクランブル

013a

秋・・・・というと、
私の中では紅玉~。

いつもの事で、買ってしまってから、何にしよ~??

 

一番簡単で だーい好きな 「アップルクランブル」

キャラメリゼした紅玉とアーモンドプードル入りのサクカリッのクランブル、
熱々に生クリームをかけていただきま~す。

う~ん、美味し。heart04

今度もまたこれかなぁ。

 

アップルクランブルの作り方は → こちら

| | コメント (15) | トラックバック (1)

スモークサーモンでベーグル

Img_7717ad

すっかり秋めいてきて、

やっとオーブンで「何か作ろうという気」がでてきました。

それに、味覚の秋ですからねheart04

食欲の方も・・・・・・。

 

今回は ずーっと 「またいつかね。」 と

保留にしておいた、スモークサーモンのベーグル。

 

Img_7703ad スモークサーモンは もちろんフライパンで作る簡単スモーク。

でも、今回は脱水シートを使って、しっかり脱水した後スモークしたので、フライパンの下に水分が垂れることなく、しっかりスモーク出来ました。

表面は焦げているのではなく、スモークのお色です。

 

朝用のベーグルなので、もう 写真を撮る間もなく 2/3は無くなってしまいました。

 

2009_10_01_005ad ベーグルの方は、

ライ麦を加えようと思いましたが、在庫なし。代わりに、コーングリッツ(50g)を入れました。

以前から 表面が凸凹で悲しいものになってしまっているので、今回はMadameK様から随分前にアドバイスいただいたように、

茹でる時、お湯をボコボコさせないように

気を付けたのですが、

私の場合、もう成形する時点からボコボコ。 うーんcatface

でも お味は大好き!!

・・・なので、よしとしよう!!(自分に甘過ぎ???)

| | コメント (20) | トラックバック (0)

超簡単 じゃがいものグラタン

Img_7627ad

アツアツ焼きたてではないのが分かってしまいますねぇ。

 

実は、急いで食べて、残りを撮ったもので、ごめんなさい。

 

娘のリクエストで 急遽 残り物で作った 「じゃがいものグラタン」 です。

ホワイトソースを作らないで出来る簡単なグラタン。

 

Img_7620a 材料(分量はお好みで)

  • じゃがいもの薄切り 
  • ベーコンやハムなど 
  • 玉ねぎのみじん切り 
  • 生クリーム
  • マヨネーズ
  • 塩・胡椒
  • ナツメグ

作り方

  1. じゃがいもは薄くスライスし水にさらし、ひたひたの水からさっと固めに茹でる。(極薄く切ると茹でなくても良い) 
  2. ボールに玉ねぎのみじん切り、生クリーム、マヨネーズ、塩・胡椒・ナツメグを入れ、よく混ぜ、更にじゃがいもを入れ、混ぜる。
  3. 耐熱容器に(2)を入れ、ベーコンなどをのせ、上からお好みのチーズをのせオーブンでチーズが溶けるまで焼く。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

栗のミルク煮

Img_7632ad

数日前に 何を作ろうという当てもなく、

栗のクリームを作っておかないと、栗の季節が終わってしまうと思い、

栗を購入しました。

 

さっと茹で、ボールに一杯 皮を剥いたまではいいのですが、

来客だったり、お出かけだったり、お仕事だったりで

クリームが作れない(いや、作るのが面倒なだけです、はいsweat01)。

 

お夕飯の箸休めにと、

牛乳と甜菜糖で煮て、バターを少し入れて出したら、

あらら、にいちゃんの分よー と言う前に気付いたら、欠けらが2つ。catface

それじゃあしょうがないから、どうぞお食べ!

・・・で 第2弾。 

それも 息子が食べた後、きれいサッパリなくなりました。

 

今回は、いいや、ちょうど面倒だなぁと思っていたので また残りもこれにしよう。coldsweats01

またお買い物にいった時に まだ栗があるようなら、今度こそクリームをたくさん作ってお菓子に、そして残ったのは冷凍しておこうっと。

どうか、栗がまだありますように! 八(^□^*)

 

作り方を簡単に

  1. 栗を茹で、皮を剥く。
  2. 厚手のお鍋に栗を入れ、かぶるくらいの牛乳と甜菜糖(お好みの量)を入れ、栗が柔らかくなり、水分が少し残るくらいまで、で弱火で蓋を少しずらして、煮る。
  3. 最後にバターを適宜入れ、全体に絡ませる。 ここでお味をみて、甘味が足りないようなら足して、糖分が溶けるまでさっと煮る。

☆ ちなみに こちら、丸のままより、形の崩れた 栗の方がお味がからみ美味しいです。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

行って来ました Mlabo's のイタリアン(新橋 ma-ru にて)

今日は、ブログのお友達 「Mlabo's ケーキ大好き★イタリアン大好き」の

marumi様、ダー様 ご夫妻が 1日だけのイタリアンのお店 を開店という事で

新橋 「ma-ru」 に行って来ました。

初めてお目にかかる方、なんだかドキドキ。

marumi様も1日だけの開店で緊張されていらっしゃるのだろうなぁと思ったら、

それもドキドキ。

夫の希望で車で伺いました。

「せっかくのイタリアンなのに、飲めないよ~、いいの?」 と言ったのですが、

「昨日、飲み過ぎちゃったので、今日はいいや」

・・・という事で 私だけがワインを頂く事に決定!!!

出足が遅くなってしまい、お店に着いたら、お店はもう満員。

わー、にぎわっている。さすがお顔の広いmarumi様。

私達の後から、後から、お客様がお見えになって・・・・・。

入口のガラス張りのコーナーでシェフが腕を揮っていらっしゃるのが見えます。(さすがパフォーマンスキッチン)

きっと あの方がダー様だろうなぁ???

marumi様は 奥のシェフハットをかぶった 色白の美人さんがそうかしら???

・・・・なんて 考えていたら、その女性がお声をかけてくださいました。

ああー、きっとmarumi様だわ。

で、 恐る恐る(?)、自己紹介。 (/////∇/////;)

Pageadj

お席が空くまで、素敵に出来ているメニューを見せていただいたり、

ダー様の 初めてとは思えないほどの落ち着いた、満員のお客様に 手品じゃないと出来ないのではないかと思えるほどの無駄のない動き、でお料理を作られる、りりしい働きぶりを見せていただいたり・・・・。

さて、お席について、

もちろん コースメニューは2人で違うものをお願いしまして、

(詳しくは marumi様のブログをごらん下さい)

まずは、共通の前菜2種とサラダ。

サラダの後ろに写っているのが、marumi様特製のパン。 ヨーグルトの香りと ええと、なんの酵母を使っているって仰っていらしたかしら、レーズンと・・・・。 伺ったら、 いちじくでした。 いい香りがしました。

Pageade

Img_7660a 写真右は marumi 様のブログで時々拝見していて、頂いてみたかったオリーブのマリネ。

思わず「頂いてみたかったんです。」と言ってしまいました。  

そして、こちらを頂いた後、オリーブオイルが残っているのをご覧になって、さりげなくパンを追加してくださいました。

 

パスタです。

ズッキーニやトマトが入るとまた、素敵に美味しいです。

ボロネーゼは丁寧に作られている、誠実なお味でした。

Pageadh

メインディッシュ

チキン(写真左)に添えてあるバジルソースがお味に変化をもたらし、さすがです。

鯛(写真右)の皮もパリット焼けていて美味しいです。

Pageadf

 

ドルチェです

トマトゼリーのきらきら、気になっていたんです。やっぱり、こちらがあることで一層爽やかなトマトゼリーになっていました。

スイートポテトのモンブランも甘さは私好みで添えられていたチョコのチュイール(?)も美味しかったです。

Pageadi

そうそう、残念な事に、栗の渋皮煮、懐かしくて、夫と昔話をしていたら、写真を撮るのを忘れてしまいました。 marumi様が丁寧にお時間かけて作られたお品でした。

Img_7649a お料理一つ一つに marumi様とダー様の誠実さが伝わってきました。 

お席が空くのを待っている間にお声をかけて下さったり、さりげなくカード(写真1番上)を渡して下さったり、気配りが素敵に出来るmarumi様の対応に尊敬いたしました。 さすが、本番に強いmarumi様 落ち着いていらっしゃいましたよー。

くじ引きで 当たったら、クッキーを頂けたようですが、残念。でも可愛いキャンディーを頂きました。

昨日はお仕事が遅くまであったようで、

今日は朝早くから、お休み無しで夜は10時まで???

明日はお二人ともお仕事だそうです。

聞いただけで ひっくり返りそうになってしまいましたが、どうぞ、お身体に気を付けてお疲れが少しでも早く取れますように。

 

marumi様、

今日は ほんとうに ご馳走様でした。 

なんだか、ブログだけでのお付き合いですのに、marumi様だけじゃなく、お客さんもお友達というような気がして、marumi様の初々しい笑顔を拝見しながら、和やかな雰囲気でおいしいお食事を頂く事が出来ました。有り難うございました。

そして、私、marumi様のお店を ブログでmarumi様をご存知で、今回 いらっしゃれなかった方達にも お知らせしたい一心で写真を撮らせて頂いてしまったのですが、お気に触ったらどうぞお許しください。

ダー様にも宜しくお伝えください。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

米粉入り フォカッチャ

Img_7610ad

1年ぶりかなぁ、イーストを使ったお品を作るのは・・・。

しばらく作らないでいると、どうも面倒で。

暑いだの、寒いだのと何か理由を付けては作らないでいましたが、

 

Img_7587a モニター大当たりで、先日、米粉のモニター募集が目に止まり、

米粉はロールケーキに使いますので、

早速応募した所、なんとまた商品が。happy01

 

ちょうど、翌日食べるパンがなかったので、

ベットラの落合氏の本に

フォカッチャは

強力粉2 に対して 薄力粉1 の割合で作るとあったのを思い出して、

薄力粉の代わりに、米粉で作ってみる事にしました。

 

材料(29×29cmのロールケーキ用天板1枚分)

  • 強力粉 ・・・ 300g
  • 米粉 ・・・ 150g(頂いた純米シュークリームの粉120gと残り30gは家の米粉)
  • ぬるま湯 ・・・ 300ml
  • グラニュー糖 ・・・ 17g
  • 塩 ・・・ 10g
  • 無塩バター ・・・ 25g
  • ドライイースト ・・・ 15g
  • EXバージンオリーブオイル ・・・ 25ml(中に入れる)
  • EXバージンオリーブオイル ・・・ 40ml(上からかける)
  • ピラミッドソルト ・・・ 少々
  • キャラウェイシード ・・・ 少々

作り方

  1. フードプロセッサーに、強力粉・ドライイースト・砂糖・塩を入れ、ぬるまゆを入れて混ぜる。さらにオリーブオイルも加え混ぜ、カッ、カッ、カッと小刻みにまわし、まとまったら、丸めてボウルに入れる。濡れ布巾をかけて2倍位になるまで約30~40分発酵。
  2. クッキングシートを敷いた天板に、こぶしで生地を広げていき、15分おく。
  3. オリーブオイルをぬり、粗めの塩と好みのハーブをのせ、20分おく。
  4. 240度のオーブンで20~22分焼く。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

しし唐の味噌炒め

2009_09_09_054ad

つくづく年を取りました。

昔は、こんなの見向きもしなかったのに。

 

スーパーで1袋に たーくさん 入っていて、

素揚げでも美味しいけれど、実家でなんだか作っていたなぁ~、

と、急に作りたくなったのがこちら。

 

あったかい ご飯にのせて、はふはふ 頂きます。

そして、お酒のおつまみとしても。

 

我が娘に、「これ、将来のお酒飲みには好きな味じゃない?」

・・・と言ったら、案の定。 うふふ。

 

材料と作り方

  1. しし唐を洗って、ヘタを取り、薄い輪切りにする。
  2. 小フライパンにごま油を入れ、炒め、酒、みりん少々と、お好みの味噌をからめて、香ばしく炒める。

 

久し振りのお花の写真です。 もうお終いでしょうか? コスモス。

2009_09_09_036a

| | コメント (29) | トラックバック (1)

今年もやって来ました! いくら丼

2009_09_09_058ad_2

ん?????

なにか 足りない・・・

あー、そうだった! お庭から大葉を採って来るの

わ・す・れ・た。

 

今年もいくらのシーズンが来ました~。

美味しそうな 姿の良い、生筋子が見つかりましたので、

2009_09_09_061ad 即、お醤油漬けに。

まずは はふはふ 白い炊き立てご飯で

いただきまーす。

 

さて、今度は Lee様の「はらこめし」 か 

ようちゃん様の「オイル漬け」 か?

食欲の秋ですねぇ。weep

| | コメント (14) | トラックバック (0)

カルピス・ヨーグルトゼリー

Img_7579ad

昨夜は職場の飲み会で

我が家のお夕飯は 娘のリクエスト 「じゃがいもが入ったただのカレー」。

 

サラダとカレーだけではなんだかねぇ。

ヨーグルトドリンク・ラッシーの代わりに ヨーグルトのデザートを置いて行くことにしました。

 

以前、ヨーグルトアイスを作った時、スキムミルクを入れると美味しかったので、今回はゼリーにも入れてみました。

初めての事なので、お味見をしながら作りました。

もう少しさらっとしても良かったかなぁ~。(カルピスと水を多く)

例によって、ボールでどーんと作って、器に盛り付けるという大雑把な私です。

 

材料

  • カルピス ・・・ 200ml
  • 水 ・・・ 150ml
  • プレーンヨーグルト ・・・ 500ml
  • スキムミルク ・・・ 大匙3
  • ぬるま湯 ・・・ 大匙3
  • ゼラチン ・・・ 15g
  • 水 ・・・ 60ml

作り方

  1. ゼラチンは60mlの水で15分以上ふやかしておく。
  2. スキムミルクはぬるま湯で溶いておく。
  3. ボールにカルピス、水(150ml)、ヨーグルト、溶いたスキムミルクを入れ、よくかき混ぜる。
  4. ふやかしたゼラチンを電子レンジに約30秒かけ(沸騰させない事)、完全に溶かし、(3)の中に一度に入れる。
  5. ゴムベラでよく混ぜ、冷蔵庫で冷やし固める。 急ぐ場合は氷水を当て、固める。(お好みの型に入れても)

| | コメント (20) | トラックバック (0)

ヤーコンの梅マヨネーズ

2009_09_09_047ad

「ヤーコン」 ってご存知でしょうか?

 

私は、名前だけは聞いた事があるような・・・・。

我が家の前は環境緑地です。

最近そこに背丈の高い植物がたくさん植えられていて、

ご近所さんと「何かしらねぇ?」と話していたところ、

お隣さんが 「それね、ヤーコンというのよ。待ってて、親戚からもらったのがあるから、お味見」 と言って くださったのが、形はまるでサツマイモのような球根。

しまった!!  写真を撮り忘れてしまいましたので、

ご興味のある方は こちら → ヤーコンに付いての説明

 

生をスライスしてサラダに入れるとか、

炒め物にするらしい。

 

とりあえず、スライスして生で食べてみると、

甘~い。 シャリシャリの食感。

でも、ちょっとエグミがあるかなぁ???

 

2009_09_09_049ad 材料

  • ヤーコン ・・・ 1本
  • 削り節 ・・・ 小匙2
  • 練梅
  • マヨネーズ

作り方

  1. ヤーコンを4~5cmの長さにして、薄くスライスする。 塩を入れた熱湯にさっとくぐらせる。
  2. ボールに 削り節、練り梅、マヨネーズを入れ(量はお好みで)混ぜ、湯がいたヤーコンを和える。
  3. あれば、大葉の千切りを加えるとなお良い。

 

初めて食べる味と食感でした。

ヤーコンの甘さと梅マヨネーズが合っていて、どこかで見つけたら、また作りたいなぁと思いました。

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

神楽坂 ラリアンス

Pagead

先日 同窓会で 神楽坂ラリアンス に行ってきました。

 

メンバーの一人がちょうどお誕生日だった為、写真右の真ん中、プチケーキのプレゼントが。 (花束と熊ちゃんはお飾りです。)

結婚式にも使われるというこちらのレストラン、とっても感じのいいレストランで、

ホイップしたバターを、パン(ライ麦入りのロールパン生地?)とともに 無くなりそうになると、何気なく持ってきてくださったり、気配りがされていて、コストパフォーマンスもよかったです。

レストランで こんな事言うのも変ですが、化粧室がとっても綺麗で、フィッティングルームまであり、さすがと思いました。

 

テーブルに置いてあった、お塩と胡椒。

お塩は大きい粒で、固いだろうなぁと思いながら、お肉にパラっとかけて頂きましたら、なんと軽い口当たり。

そのままで、一粒頂いてみると、甘味?が感じられるほどのまろやかな風味で、ガリッではないカリカリ(シャリシャリ?)。初めての歯応え。

後で、なんというお塩なのか伺おうと思って忘れてしまいました。

 

帰宅して、お店に電話をした所、(ここが私のずうずうしい所なんですよね!)

調べてくださるとの事で、少し待った後、

「インドネシア産のピラミッドソルト」との事でした。

お礼を言って、電話を切ろうとしたら、

お探しでしたら・・・と 注文先まで教えて下さる、なんとご親切な。

 

そこで、めでたく 我が家に。

Pagead_2

ひと粒が、写真中央(まさにピラミッド)で、真ん中が空洞なんです。

いつもの事ながら、何に使おうか、未だ思い付きません。(^ ^;Δ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »