« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

ホワイトアスパラガス・オランデーズソース

010a  

今年はホワイトアスパラガスがお手ごろに多く出回ったように感じます。

何にするのが美味しいのでしょう?
考えてはみるものの、

・・・・、やっぱり 茹でて、オランデーズソースを添えていただく事になってしまいます。
今回は 火が入りすぎたのか、少し固めのマヨネーズくらいになりました。

オランデーズソースに使う卵は 卵黄のみ。
残った卵白、使い道を考えるのが面倒なので、レンチンして、トッピング。

材料

  • ホワイトアスパラガス ・・・ 1束(5本)
  • 塩・レモンの輪切り ・・・ 少々

 オランデーズソース

  • あれば白ワインビネガー(もしくは酢) ・・・ 小匙1.5
  • 白ワイン ・・・ 大匙1
  • 卵黄 ・・・ 1個分
  • 無塩バター ・・・ 50g
  • レモン汁 ・・・ 少々
  • 塩・胡椒 ・・・ 適宜(出来れば白胡椒)
  • ナツメッグ ・・・ お好みで少々

作り方

  1. アスパラガスは 根元の固い部分を切り取り、穂先より下の皮を剥く。
  2. フライパン(あるいはアスパラがそのまま入る大きさのお鍋)にアスパラが隠れるくらいの水を入れ、沸騰したら 塩、レモンの輪切りも入れ、アスパ ラを茹でる。 太さによるが5分くらい) 茹で汁ごと 冷ます。
  3. オランデーズソースを作る。 無塩バターを電子レンジで溶かす。 
  4. 小鍋に酢と白ワインを入れ、沸騰させる。
  5. 火からおろし、卵黄を加え、泡だて器でよ~く 混ぜる。 溶かしたバターを少しづつ、絶えずかき混ぜながら加える。
  6. ソースのとろみ具合をみて、足りないようなら ごく弱火にして、絶えずかき混ぜながら好みのとろみ加減にする。
  7. 塩・胡椒で味を調える。
 

先週末、都立の公園にお散歩がてら、行ってきました。
遅咲きの桜が咲いていました。

関山
20100424_048a_2

駿河台匂(とっても香ります)
20100424_030a

 

江戸(左) と 一葉(右) ・・・・可憐です。 
20100424_034a 20100424_027a

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

途中の別の公園にて
20100424_008a

20100424_007a 新緑の中でひときわ黄色い葉っぱがきれいで、
お散歩中の見知らぬ方と、「なんていう木かしら?」と話しました。
色々ネットや図鑑で調べたのですが、新葉が黄色なんて出てこないのです。
公園を管理する課にお尋ねしたら、
ニレケヤキとのこと。
でも、普通のニレケヤキ(アキニレ???)はこんなに葉は黄色じゃないはず。
私がよく行く、他の公園でも アキニレは目にしますが、黄色にはなっていません。
担当の方も、毎年黄色だったかなぁと・・・・。
こんなに綺麗な色ですが、病気でなければいいのですが。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

竹の子のフライ

028a

034a 昨日今日とぐっと気温が下がり、
真冬の格好です。
皆様、体調など崩されていらっしゃいませんように。

義母のお庭に咲いた「都忘れ」
この濃い紫色はなかなか増えないそうです。


 

スーパーに行くと、
「今日もまだある」
・・・と、なんとなくほっとする 
そんな大好きな食材
竹の子

去年、なんとなく思いつきで作ったこちらのフライ。
家族、とりわけ子供たちに人気。
以来、我が家の定番となりました。

中には、生ハム、チーズ、大葉が入っています。
大きい、柔らかそうな竹の子を選んでもらって、
下の方を 糠と鷹の爪を入れて茹で、
上の方は皮を剥いだら
そのまま薄く切って竹の子寿司に。

材料(4~5人分)

  • 茹でた竹の子の下の部分 ・・・ 6cmくらい
  • 生ハムの切り落とし ・・・ 1パック
  • 大葉 ・・・ 10枚
  • スライスチーズ ・・・ 10枚
  • パン粉・小麦粉・卵 

作り方

  1. 竹の子は3~4mmの厚さに輪切りにし、さらに半分の大きさ(半円)にする。
  2. 2枚の竹の子の間に生ハム、チーズ、大葉をはさむ。
  3. ボールに、小麦粉を入れ、卵を割りいれ、泡だて器でダマがないようによく混ぜる。水を少しづつ加え、とろりと落ちる状態にする。
  4. サンドした竹の子を(3) にくぐらせ、パン粉をつけて、こんがり揚げる。

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

BARABABAO(銀座)行ってきました

未だにパソコンが不調です。

もうブログを続ける気がないのでしょ!
・・・と、「パソコンや体調不良のせいにして」という声が聞こえてきています。

でもね、本当にパソコン、不調なんです。

今日も、この記事を書いている最中にクラッシュcrying

原因がわかるまで 新たなインストールをしないように言われているので、写真の加工も出来ないんです。

そんなわけで、こんな調子が何時まで続くのか・・・・・。はぁ~。

 

でも、今日はうふふ・・・なんです。Barababao_001a_5

歌舞伎を見に銀座に行ってきたんです。

銀座といえば、 そう、 私の好きだった吉祥寺のイタリアンレストランが、

移転して、昨日オープンだったんです。

ちょっとご報告。

 

夫と行くはずが、急な出張で。
ワイン好きな姉を誘い・・・・・・

ちょっと早く着いた私は、オープンと同時に中へ。

支配人さん、とっても温かい笑顔で迎えてくださいました。

それに、吉祥寺の時のスタッフさんも・・・・。 なんだか ただいま~ って感じ。

Barababao_004a 姉を待つ間、新しいチケッティー と ワインリストを眺めながら

いつもの大好きなワイン「Do♪」も頂いて。

 
 
 
 

あ、そう、そう、最初にここのお店の事、少し書いておかないと。

ここは ちゃんとした ベネチア料理を出す 「イタリアンレストラン」 なのです。

でも 他と違うところは 

カウンターで立ち飲みが出来て、

「チケッティー」(写真右上) という 常時10種類くらいある 一口おつまみをガラスケースから選んで食べる事ができます。

Barababao_008a 何しろ うれしいのは 
グラスで いろいろな種類のワインをびっくりするくらいのお値段で飲む事が出来たり(左のリストは1部分ですが)、
食べているお料理に合ったものや、
自分の好みの味を言うと
まさに どんぴしゃりのワインを選んでくれる事なんです。

Barababao_002a_3  

 

これ、お座りすると そうはいかないの。

 
 

 

立ち飲みに慣れていない姉は やっぱり 「お席がいい」と、
カウンターで 支配人さんから 数種類チョイスしていただいたワインを試してから
お席に着きました。

 

 

結局、何種類飲んだかしら。

白2種類。 赤5種類?6種類?

もちろん、こちらのお勧め、自家製生パスタやチーズを頂きながら。

お写真どころではなくなってしまいました。shock

 

また、銀座に行ける時があったら 必ず寄りたい大好きなお店です。

 

OSTERIA BARABABAO

中央区銀座2-6-5
銀座トレシャス9F(銀座通りに面しています)
℡03-3535-7722

 


 
 
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »