パン・スナック・他

お客様 Ⅱ ピザとサラダ そしてデザートはレアチーズケーキ

025a

バジル、ベーコン、トマト、チーズの捏ねないピザ。

ピザソースの代わりにフレッシュトマトを。

ちょっと 水分が多かったようです。

 

007a

キャラメリゼした紅玉入りのレアチーズケーキ。

グラハムクラッカーを敷いて、

生地のなかに、パイを大きく砕いたものが入っています。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

理想のピザ生地を求めて 発展途上 Ⅱ 失敗編

016a

昨日の続きです。

・・・と言っても、こちらは5月19日のイタリアンクラストにチャレンジして もっとチューウィーな生地にしたいと、

風邪をひいている最中、

ポンデケージョに使う 「タピオカ粉」 を少し混ぜて作ってみた生地です。

強力粉 5 に対して タピオカ粉 1

 

はい、見事に失敗しましたweep

 

因みに トッピングは 小エビ・ベーコン です。

実家がある 福生市の 横田基地そばに、

「ニコラス」 という アメリカンピザハウスがありました。(今もその場所にピザハウスはありますが、経営が代わり、味、特に生地の味が変わってしまいましたcrying)  

そこは 米軍の方たちもよく訪れる本場アメリカンピザ屋さんで、 トッピングも好きなものを注文できました。 

その中でも 小エビ・ベーコンの組み合わせが私の大のお気に入りでした。

よく 電話で注文をした後、テイクアウトして実家でわいわい。 

因みに そのお店 「東京アンダーグラウンド」 という 本に登場しました。

 

 

トマトソースについて 少し書きますね。

若かりし頃、渋谷で偶然食べたピザが印象強くのこっています。

トマトソースが すごくフレッシュだったのです。

今まで、ほんの数回ピザに挑戦したものの、

生地が上手に作れないので、めったに作ることがなかったのですが、

最近作り始めたら、やっぱりフレッシュなトマトのソースがいいなと思い、

この写真のピザは 生のトマトの種を除き、角切りにしてトマトソースの代わりにしました。

ちょっと水っぽかったようです。

 

そんな時、

借りてきた 「真のナポリピッツァ 技術教本」 という本に

「缶詰加工されたサンマルツァーノ種のトマトを 加熱せず、味付けは塩のみ」と

あるのを見て、 “ これだ!” 

と思ったのです。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

理想のピザ生地を求めて 発展途上  Ⅰ

043a

じゃーん  

今まで 作った中で 一番おいしいと思う生地かも。

追い求めている理想の生地とはちょっと感じは違うのですが。(私の腕と、作り方と焼く手段・・・が、もっと良ければ 違ったものになるのかもしれませんsweat01Z)

 

実は、こちら ブログのお友達

いそいそと」 の 山女様が 教えてくださった

こねない生地

やわらか~い 生地で 伸ばす作業も 楽チン。

但し、発酵に12時間かかります。(ほっておくだけですが)

 

うす~く 伸ばしても ソースを塗っていない部分はプワーっと膨れて まるで「ナポリピザ」のよう。

 

今回は

「ベーコン、バジル、チーズ」 と

「照り焼きチキンとマヨネーズ、チーズ」 を焼きました。

 

トマトソースは

火を加えない、

サンマルツァーノ トマトの缶詰に塩少々を加えただけのものです。

(「真のナポリピッツァ技術教本」に出ていました)

つづく

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ふわんふわんな ご飯入り食パン

021ad

何年ぶりでしょう! 食パンを焼くなんて。

どうも 性格が大雑把な私にはパン作りは苦手。

 

それが、どうして??

先日 初めて こちらのブログにコメント下さった kirara様 。

ブログに遊びに行かせて頂いたら、ライス食パンというのを焼いていらっしゃいました。

え?? ご飯を入れちゃうの?

最近、食パンで好きなのが、○戸屋の 「国産小麦と米粉の食パン」
米粉ではなくご飯はどんなお味なのかしら?
・・と思ったら、面倒くささも何処へやら。

早速 レシピを検索すると、
クックパッドに ゆきらいんさんの「しっとり絹どけライスパン」がありました。
あらら~、なんだかいい感じ。材料もちょうど我が家にあります。

 

024ad ご飯を柔らかくしてお粉に混ぜるのですが、
水分量がいまいち分からない私は、
もう少し、もう少しと水分(牛乳)を入れすぎでしまったようです。
出来上がった生地は今までに無いゆる~い生地。
大丈夫かしら??と思いながらも、型に入れて、焼くこと35分。
ふわんふわんなパンの出来上がり~。 ご飯の粒が残っているはずなのに、食べていて、ぜんぜん分かりません。

いやぁ~、これまでにない 柔らかさ。
米粉で作ったのと比べて、もちもち感はありませんが、私にしては上出来の食パンでした。

昨日焼いたのに、今日はもう1切れしかありません。
早速、今もまた 焼いています。

| | コメント (19) | トラックバック (1)

スモークサーモンでベーグル

Img_7717ad

すっかり秋めいてきて、

やっとオーブンで「何か作ろうという気」がでてきました。

それに、味覚の秋ですからねheart04

食欲の方も・・・・・・。

 

今回は ずーっと 「またいつかね。」 と

保留にしておいた、スモークサーモンのベーグル。

 

Img_7703ad スモークサーモンは もちろんフライパンで作る簡単スモーク。

でも、今回は脱水シートを使って、しっかり脱水した後スモークしたので、フライパンの下に水分が垂れることなく、しっかりスモーク出来ました。

表面は焦げているのではなく、スモークのお色です。

 

朝用のベーグルなので、もう 写真を撮る間もなく 2/3は無くなってしまいました。

 

2009_10_01_005ad ベーグルの方は、

ライ麦を加えようと思いましたが、在庫なし。代わりに、コーングリッツ(50g)を入れました。

以前から 表面が凸凹で悲しいものになってしまっているので、今回はMadameK様から随分前にアドバイスいただいたように、

茹でる時、お湯をボコボコさせないように

気を付けたのですが、

私の場合、もう成形する時点からボコボコ。 うーんcatface

でも お味は大好き!!

・・・なので、よしとしよう!!(自分に甘過ぎ???)

| | コメント (20) | トラックバック (0)

米粉入り フォカッチャ

Img_7610ad

1年ぶりかなぁ、イーストを使ったお品を作るのは・・・。

しばらく作らないでいると、どうも面倒で。

暑いだの、寒いだのと何か理由を付けては作らないでいましたが、

 

Img_7587a モニター大当たりで、先日、米粉のモニター募集が目に止まり、

米粉はロールケーキに使いますので、

早速応募した所、なんとまた商品が。happy01

 

ちょうど、翌日食べるパンがなかったので、

ベットラの落合氏の本に

フォカッチャは

強力粉2 に対して 薄力粉1 の割合で作るとあったのを思い出して、

薄力粉の代わりに、米粉で作ってみる事にしました。

 

材料(29×29cmのロールケーキ用天板1枚分)

  • 強力粉 ・・・ 300g
  • 米粉 ・・・ 150g(頂いた純米シュークリームの粉120gと残り30gは家の米粉)
  • ぬるま湯 ・・・ 300ml
  • グラニュー糖 ・・・ 17g
  • 塩 ・・・ 10g
  • 無塩バター ・・・ 25g
  • ドライイースト ・・・ 15g
  • EXバージンオリーブオイル ・・・ 25ml(中に入れる)
  • EXバージンオリーブオイル ・・・ 40ml(上からかける)
  • ピラミッドソルト ・・・ 少々
  • キャラウェイシード ・・・ 少々

作り方

  1. フードプロセッサーに、強力粉・ドライイースト・砂糖・塩を入れ、ぬるまゆを入れて混ぜる。さらにオリーブオイルも加え混ぜ、カッ、カッ、カッと小刻みにまわし、まとまったら、丸めてボウルに入れる。濡れ布巾をかけて2倍位になるまで約30~40分発酵。
  2. クッキングシートを敷いた天板に、こぶしで生地を広げていき、15分おく。
  3. オリーブオイルをぬり、粗めの塩と好みのハーブをのせ、20分おく。
  4. 240度のオーブンで20~22分焼く。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

新生姜で 炊き込みご飯 残りは ジンジャーエールに

2009_08_21_027c

今晩は さっぱり献立がいいと思い、「新生姜の炊き込みご飯」 にしました。

その時のおかずによって、油あげの味の濃さを調整してください。

今回は 品数少ない おかず でしたので、油揚げを濃い目にお醤油多めの味付けです。

 

この 1パックになっている新生姜、炊き込みご飯1回分では多すぎる。

余った新生姜はどうしよう?

2009_08_21_028c 新生姜1本でも出来るジンジャーシロップを作る事にしました。

 

色が濃いのは、甜菜糖を使ったからです。

 

良く絞ってシロップを作った後のスライス生姜は 

そのまま消毒した瓶に入れて、お好みの酢をかぶるくらい入れて、お塩を足して、ガリにします。

 

2009_08_21_014c_2☆  ジンジャーシロップ

材料

  • 新生姜 ・・・ 2欠け
  • 甜菜糖 ・・・ 120g
  • シナモンスティック ・・・ 1/2本
  • クローブ(粒) ・・・ 2個
  • レモン汁 ・・・ 1個分
  • 水 ・・・ 200ml

作り方

  1. 新生姜を薄切りにして、甜菜糖・水とともに10分くらいアクを取りながら煮る。
  2. 火を止めたら、シナモン・クローブ・レモン汁を加え、自然に冷やす。
  3. 冷めたら、消毒した瓶に入れ冷蔵庫で保存。

☆ ジンジャーエール

  • ジンジャーシロップを炭酸水で割る。(量はお好みで)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

久し振りの スクランブルエッグとツナの豆板醤ソース

2009_07_11_048c

先日、前の職場のお友達がランチに来てくださいました。

 

なんだか、暑くて、湿気が多くて、何時までもメニューが決まらない。 思い付いたままに作っていたら、なんだかお魚尽くしになってしまいました。

ご飯物で行こうか、パスタで行こうか、オープンサンドで行こうか、とうとう決まらず。

 

とりあえずの1品でツナの豆板醤ソースを たくさん作って、翌日の朝食にも回したのがこちらです。

夫が 嬉しそうに 「久し振りだなぁ~」 と言って食べていました。

今も、「これ美味しんだよなぁ」 と 画面を見て言っていました。

オリジナルは平野レミさんレシピ から拝借です。 

我が家の定番。 少しだけ基本のレシピに調味料を足して作っています。

材料

  • ツナのオイル漬けの缶 ・・・ 2缶
  • 干し椎茸 ・・・ 2枚
  • 長ネギ ・・・ 20cm
  • ごま油 ・・・ 大匙2
  • ウエイパー ・・・ 小匙1/2
  • 塩・胡椒 ・・・ 少々
  • 醤油 ・・・ 小匙1
  • 豆板醤 ・・・ 小匙2
  • スクランブルエッグ
  • フランスパンなどお好みのパン
  • パセリ ・・・ 少々

作り方

  1. ごま油で長ネギのみじん切りを炒め香りが出たら干し椎茸のみじん切り、ツナをオイルごと入れ、調味料も加え、よく混ぜる。
  2. フランスパンをトーストして、スクランブルエッグ、ツナソースをのせて、パセリを飾る。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

そば粉のガレット

2009_07_16_015c

知り合いの方が 

以前私が、蕎麦湯が美味しかったと言っていました為に、

わざわざ挽き立てのそば粉をくださいました。

:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

食い意地が張っているというのは 時には良い事もあります。

 

早速蕎麦湯・・・・なのですが、たくさん頂いたので、まずは  「そば粉のガレット」

 

と、いいもしても、私、まだ、そば粉のガレットと言う物を頂いた事がありません。

いつもの事ですので(笑)、気にせず、

材料(5枚分)

  • そば粉 ・・・ 125g
  • 塩 ・・・ 小匙1/4
  • 水 ・・・ 250~260ml
  • 卵(生地用) ・・・ 小1個
  • ベーコン・生ハム・舞茸・ピザ用チーズ など 
  • 卵(トッピング用) ・・・ 小5個

作り方

  1. ボールにそば粉と塩を入れ、水を加え、泡だて器で充分に混ぜ、卵を溶いて加え、更に混ぜる。 ラップをして冷蔵庫で1時間寝かせる。
  2. フライパンに オリーブオイルを入れ、ベーコン、生ハムなどの細切り、裂いた舞茸を入れ、炒め、塩・胡椒する。 一旦取り出しておく。
  3. あとのフライパンに オリーブオイルを足し、寝かした生地をお玉軽く一杯分すくい、フライパンに薄く広げる。
  4. 周りがパリパリしてきたら弱火にし、ベーコンとチーズを置き、真ん中を開けて卵を割り入れる。
  5. 生地を黄身が見えるように、中心に向かって4方向を折る。蓋をしてチーズが溶けるまで焼く。

   

追加です。(2009.07.21)

こんなレシピを載せてから ナンですが、 ブログ「甘くて優しい日々のこと」 の ようちゃん 様(若山曜子さん) が 出された本 「フライパンカフェ」(主婦と生活社) に そば粉のガレットが載っています。 そちらのレシピでは なるほど 加えた方が美味しくなる材料とか 作り方で私が表現が上手く伝えられなくて はしょった方法とかが 痒い所に手が届くように 書かれております。 そちらをご覧頂くようにお勧め致します。

 

 

今日のお花は 「ヤブミョウガ」 です。

ミョウガ といっても 食べられるミョウガはショウガ科ですが、

こちらはツユクサ科です。 葉の形が似ているそうです。

Dscn4566c

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

おかずマフィン

2009_06_05_002c

うーん、どなた だったか 思い出せません。
 
森岡梨さんの本 「A.R.Iのお菓子の提案-dailyマフィンとビスケット」(文化出版局)でマフィンを作られて、ブログに載せられた方。 いつもコメント下さる方なのですが、随分前で、それらしい方のブログ検索をしても探せませんでした~。weep  ゴメンナサイ。

一度作ろうを 頭の片隅にあって、図書館から本を借りてきて、やっと作る事が出来ました。

 

マフィン=イングリッシュマフィン だった 私は
昔、マフィンを焼いたと言って、くださった方がいらしたのですが、甘いマフィンでビックリした事がありました。

2009_06_05_001c さて、 こちら、おかずマフィン。
本の生地に ベーコン と クリームチーズをプラスして作ってみましたが、基本の生地は忠実(?)に。

食べた食感は 「ふわふわ」「しっとり」 そして、コーングリッツが入っているのでなかなか香ばしいです。 私は とっても 美味しいと思いました。 
型は シリコンマフィン型と、足りなかったので。プリンカップを足しました。


私 「マフィン作ったから、朝はそれでいい?」

夫 「 いいよ。 ・・・・・・ん?? 甘くないんだ!・・・・・・」

夫は 私とは反対に マフィン=甘い という固定観念があるようでした。

 

今回のおかずマフィンは オリジナルではありませんので、ご興味のある方は 上記のご本をご覧ください。

 
 

今日のお花は 「ドクダミ」 ・・・・・でも 普通のではありません。 「八重のドクダミ」です。って、知らなかったのは私だけかしら?
ひょんな事から、東大農場の 植物観察会に参加させていただいて、参加者の方が持っていらしたものでした。 せっかくなので写させていただいたのです。 手のモデルさんは知らない方です。happy02

2009_06_16_009a

 

| | コメント (25) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧