旅行

新里猛さんの初個展に福岡へ

A

      「真夜中のピアノ」 山閑人ママ様のブログより

 

 

先日個展を観に ちょっと福岡まで・・・・。

 

なーんて、言うと、身軽で、リッチに聞こえます(?)が、なかなかどうして。

子供がおり、義母がいて、ちょっとだけ仕事もし、そんなに自由な身ではないのですよ~。

 

ただ、今回は夫から 「福岡、行ってくれば」 

という強~いお言葉があったから実現したのです。(夫よ、ありがとう)

私の単独福岡行きのつもりが、日頃仕事のストレスでヘロヘロの夫も一緒に行くと言い出し、結局2人で行く事になりました。

帰宅した翌日は娘が4泊5日の修学旅行へ旅立つ日。前もって必要な物は揃っているかと口を酸っぱく注意して。いざとなったらまだ買い物へ行ける時間に帰宅出来るように計画。

娘は 福岡行きを聞いて

「なんで 今のタイミングで福岡なのよ~。

 ホークスグッズをなんとしても よろしく!」

 

福岡到着後、福岡大丸の個展会場に直行。

まあ、大勢の方が来場されていて、会場は大賑わい。

猛画伯にご挨拶をと思っても

次から次へと、一緒に記念写真だの、サインだのでとてもお声など掛けられないくらいの盛況ぶりでした。

5月に伺った時より、ずいぶん作品が増えていて、色調など違うものがありました。

ただ、どれも 喜び、悲しみ、恐れ、不安 を慈愛で全体を包んでいるような、温かみのあふれた作品で、 どんなに辛くても 明かりが灯っているような、そんな光と影が私たちの心を捉えます。

 

翌日、開店とともに再訪しました。ほんのつかの間ですが、猛画伯ともお話でき、ママさんとの再会も叶いました。

猛画伯と彼をがっちり支えていらっしゃるファミリーやお友達、改めてすばらしい方々にお会いできたこと、感謝いたします。

猛画伯、ママさんファミリー、お疲れ様でした。まだまだお疲れのことと思いますが、どうぞお体ご自愛ください。

 

 

そして、ホークスグッズはというと、

優勝ムードは福岡では殆ど見られず、

ホテルの方にグッズを買えるお店を聞いてもわからず、

とうとうバスに乗って、

夕闇の中、

こんな時間まで開いているのかと思いながら

ホークスタウンへ行く羽目に。

トホホ、我ながらなんと親ばかなことか!

 

 

Pa021415ab その後、せっかく福岡に来たからと、

ネットで調べて予約した お店 博多・中州の「六三亭」 さんへ

オコゼの薄造り、から揚げ、美味しかったですぅ。

お店もアットホームで

気さくにお席まで大将が挨拶に来て下ったり

いい雰囲気でした。

003a

007a

 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

九州旅行 Ⅰ

山閑人 cafe sankanjin のママ様 トラックバック有難うございました。

猛画伯からのコメントも頂き感激です。lovely

連休の初めに夫と福岡から長崎へと旅行に行って来ました。

目的は
夫は のんびり鉄道の旅と写真、
私は、念願だった、佐賀県 武雄市にある ブログのお知り合い

 「山閑人 cafe sankanjin」 のママ様にお目にかかりに行く事でした。

 

博多で まずはラーメン。
・・・といっても 東京でも食べられるお店でしたshock

それから いざ 武雄温泉駅へ traindash

 

20100429_025a_5 はやる心を抑えて、
まずは カフェ山閑人 を通り過ぎ、
川古(かわご)の大楠参り。
樹齢3000年という大楠、
人の悲喜こもごもの営みを見守られたと思うと感慨深いものがありました。
まだまだ頑張って生きてくださーい。

 
 
 

さてさて、
ようやく カフェ山閑人 の入り口(写真左上)に到着。

Pageax_6

ドキドキheart02 してしまって しばらく 階段を上がることができませんでした。

意を決して、

扉を開けると、

思っていたとおりの

人を大きな心で包み込んでくれる

優しい笑顔のママ様が迎えてくださいました。

店内も 柔らかい光に照らされて、温もりのある素敵な雰囲気です。

そして、なんと 私の 大好きな絵 「カプッチョおじさん」 の作者で、ママ様の息子さん 新里 猛 画伯 (陶芸家でもいらっしゃいます)がカウンターにいらっしゃいました。lovelyheart04

うれしい事ずくめで 一人で舞い上がってしまい、それからの言動をよく思い出せない(まさか、単なる健忘症でない事を祈りますが・・・)のです。 

20100429_036a ママ様のお友達の はるさん にもお目にかかることが出来ました。

手作りの まるで絵本を見ているような 楽しいメニュー。

素敵なカップに入った、お茶や季節限定の「桜のアイスクリーム」

なんだか 夢見心地でした。

(写真右はママさんが見せてくださった 珍しい「白いアザミ」 です。)

なんだかお名残り惜しくて

一度 お暇したのですが、お夕食後、

夫の 「夜の山閑人カフェにも行きたいのでは?」

の一言で、再度 伺う事に決定 dash

お心遣いにより、猛画伯のアトリエにもお邪魔させていただき、大好きなカプッチョおじさんの原画などたくさんの作品を見せていただく事が出来ました。

猛画伯の絵には 温かさや 光の当たり具合など  カフェ山閑人の素敵なところが随所に見られる気がしました~。

うれしくて、涙が出そうになりました。 happy02

カフェ山閑人には神様がお住まいなのでは?

ママ様作の 「おじいさん」(写真左下)や

カウンターの 猛様作 カプッチョおじさんの原型 の 中にも・・・・

clover山閑人ママ様

心温かい、楽しいお時間を、

そして 

ご主人様、猛さん、リサさん、はるさん、キミちゃん、との出会いを有難うございました。

数々のご無礼、お手を煩わせてしまった事など どうぞ お許しください。

clovershin様

この出会いを作ってくださったのが、 shin様ですよ~。

saorina様がご紹介されていたのです。 有難うございます。

ご縁というのは有難く、不思議なものですね。

ご縁よ どこまでも繋がって~!!!!

 

* 山閑人ママ様より デザイナーのお嬢様2人が東京ビッグサイトで6月に行われる展示会に参加されるそうです。 残念ながら個人では行けなそうですが、サイトのアドレスを教えてくださいましたので、よろしかったらご覧ください。

■Interior Lifestyle Tokyo <インテリア ライフスタイル>
2010年6月2日(水)・3日(木)・4日(金)出展
http://www.interior-lifestyle.com/

出展社名 (有)マルヒロ  West Hall 2、 22-22

長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷255

Tel0955-42-2777
Fax0955-42-2737
E-mail<script language="Javascript" class="wysiwyg-script"></script>info@syaretow.com
WEBhttp://syaretow.com

■(株)中川政七商店 内見会、合同展示会

開催日時 : 2010年6月1日(火)・2日(水)・3日(木)
        AM9:00~PM19:00 ※1日のみPM13:00~PM19:00
開催場所 : 有明フロンティアA棟4F・会議室A 03-5500-1028

| | コメント (20) | トラックバック (1)

京都旅行

Page

私達夫婦と義母と京都に行きました。

 

ここの所の涼しさに慣れた身体には 日中の暑さは応えました。

今回は なかなかガイドブックには大きく載っていないスポット。

妙心寺退蔵院 と 伏見桃山の十石舟で運河見物 がメインでした。

実は 退蔵院 は

ブログのお友達 のんちゃん様が 紹介していらした場所 で、お庭がちんまりと綺麗でした。

妙心寺の法堂(はっとう)の天井には大きな龍の絵が、それまた見事。

 

Pagea

十石舟は 白壁の街並みが綺麗で、いつだったかテレビで放映されていたのをチェックしておいたのです。

さすがに連休で予約が一杯。 

私達は 当日行ったら、1時間後にやっと乗船。

 

Img_7400ad_2 今回、お料理の写真・・・・・もちろん撮りましたとも。

・・・・・電池も コンパクトフラッシュも 充分。

でも 残念ながら お見せできるのが無いのです。

。゜゜(´O`)°゜。

お店の中があんまり暗すぎて、みーんな ぶれぶれ。

 

何とか撮れたのは カクテルラウンジのカウンターでのみ。

可愛い 瓶のウォッカ(ヴェルベデール)  と グラスです。

クランベリーとレモン、グレープフルーツが入っていたかな? もう最後の1杯でしたので 怪しいです。(^ ^;Δ

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

京都1泊旅行 Ⅱ

さて、 2日目の行程は

高台寺→ランチ→東福寺→伏見稲荷 (冬の特別公開があります)

高台寺とねね様終焉の地・圓徳院はなかなか素敵でしたが、お写真は没

 

京都旅行の楽しみの一つはもちろん美味しいお料理。

Img_4901c ブログのお友達が 行かれた 「菊の井」 や ガイドブックに載っていた 「京大和」 という老舗料亭に行ってみたい気もしました。

お夕食はちょっと無理なので、お昼ご飯を考えました。 うーんどっちにしよう?と ネットで口コミを覗いていたのですが、ひょんなことから 一昨年出来たお店がなかなかの評判。 きっと老舗は ネームバリュー代というのも入っているのかなぁと 今回はこちら 

「閼伽井 あかい」 というお店です。(店名の「閼伽井」とは神仏に捧げる清水の湧く井戸とのことだそうです)

 

Img_4914c 肝心の写真ですが、みんな赤っぽくなってしまったり、ピンボケだったりで、せっかくのお料理と盛り付け、また素敵な器を覚えておきたかったのに、とっても残念でした。

最初は 先付けの 白魚、車海老、帆立、菜の花、黄身酢と土佐酢ジュレがけ(写真は没 。゜゜(´O`)°゜。)

ここで、午後からもしっかり歩くので、お酒は止めにしようと言っていたのに、やっぱりちょっとだけ・・・と〆張り鶴を注文。 グラスがまた素敵。

Img_4906 Img_4907  

 

 

 

 

 

 

 

左 穴子をかんぴょうで巻いた養老巻き、美味しかった~。節分が近いという事で、太巻きも。

 

Img_4908 Img_4912c  

 

 

 

 

 

 

 

これこれ、「のれそれ」という 穴子の稚魚です。 夫にお顔が見えるようにお箸で挟んでと頼みました。(こちら、ブログのお友達が何度か召し上がっていらしてどんなものなのかと思っていたのです。平たくて、きしめんを透明にしたような・・・・)

 

Img_4918c Img_4920b  

 

 

 

 

 

 

 

右は初めて食べた甘草と 平目、烏賊のお刺身 

 

Img_4924c Img_4929c  

 

 

 

 

 

 

 

左は 下仁田葱と大根とクワイ?(レンコン?)餅の煮物 ここで、原了郭の黒七味登場

右  お吸い物の目葱が良い感じ

 

Img_4931_2 この後、このわた(ナマコの腸を塩辛にしたもの)入りの茶碗蒸し、お豆ご飯に香の物、デザートはこのほかレンコン餅とお抹茶でもうおなか一杯です。

 

どのお料理も美味しいですが、器もとても素敵で いちいち うっとり眺めてしまいました。

 

 

 

そして、パンパンのおなかを抱えて お寺と神社へ

伏見稲荷の 千本鳥居を撮りたかったのと、やっぱり気になる合格祈願のお守り。

Img_4946c

Img_4950c

 

おまけ 

Img_4879c 前日の夜、錦市場を通ってホテルに戻るとちゅう、ふと 「アンドリューのエッグタルト」が目に入り、 あれ???聞いた事ある! 食べてみなければと 買ったものです。

これは 非常に美味しかったです。 今まで食べたエッグタルトの中で一番私好みだったかったかもしれません。 ホテルのお部屋でドリップ珈琲を飲みながら頂きました。

ただ、香港で買うエッグタルトのお値段の倍以上で、w(゚0゚)wびっくり。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

京都1泊旅行

Img_4796c

受験の真っ只中、夫の休暇帰国に付き合って、京都1泊の旅に行ってきました。

あいにく、1日目は小雨が降っていましたが、覚悟していた程の寒さではなかったです。

 

近くて 遠い京都、新幹線とホテルのパックを使いました。 先日香港で、夫が取ってくれたホテルがビジネスホテルで せっかくの旅行なのにと文句を言ったせいで、今回は少し良いホテルを取って良いと言ってくれました。

1日目は午後京都着の為 ↓のような行程でした。

天龍寺→嵐電嵐山→錦市場近くでお夕食→ホテル(ウエスティン都ホテル京都)

Img_4739c

Img_4802c

 

 

 

 

 

 

Img_4828 

 

嵐山の駅のホームには 足湯があり、のんびりと浸かって帰りました。 大勢入っていましたので、撮れた写真は夫の きれいじゃない足でしたので、没です。

Img_4847

お夕飯は 「玄玄」という 錦市場近くの 京野菜の置いてある居酒屋さん。 アルバイトの方達なのか、お酒もお料理もよくご存知なかったのが残念でした。

Img_4874c Img_4877  

 

 

 

 

 

 

 

さて、ホテルは 私達夫婦にしてはとっても豪華なホテルでした。

バスルームにはシャワーが三つ、トイレも別になっているなんて、今まで泊まった事ありません。 もう今後ないかもしれませんので、記念の写真です。でも、考えてみると、チックインはほとんど夜中。チェックアウトは朝9時前。 ちょっともったいないかなぁと、いつもの貧乏人の考えが頭をもたげました。

 

つづく

| | コメント (16) | トラックバック (0)